講話 ・ 式辞

2020年6月の記事一覧

令和2年度第1学期始業式 校長式辞

 皆さん、はじめまして。熊谷農業高校に転出された 梅澤 仁 前校長先生の後任として、4月1日付けで着任した 服部 修 と申します。よろしくお願いします。

 前校長先生を含め17名の先生方が転・退職され、新たに18名の教職員が着任しております。本来なら、お一人ずつ紹介させていただくところですが、このような状況に免じてお許しください。詳しくは、事前に配布されているプリントを確認してください。

 さて、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3カ月にわたって学校を休業することになってしまいました。この間、学校で勉強することはもちろん、友達に会うことや部活動をすることもできず、皆さんには本当につらい思いをさせてしまいました。

 皆さんは、この休業期間中にどんなことを考えていましたか。

 これまでは、毎日、朝起きて学校に行き、授業を受けたり部活をしたり、友達とおしゃべりしたりといった学校生活を当たり前のように考えていませんでしたか。でも、皆さんが当たり前だと考えていたことは、実は奇跡のような瞬間の連続だったということがわかったのではないかと思います。

 再開にあたり、学校で勉強できることに感謝の気持ちを持ち、しっかりと学校生活に取り組んでほしいと思います。

 ここで私から皆さんにお願いがあります。それは、新型コロナウイルスの感染リスクをできる限り下げることを意識して生活して欲しいということです。埼玉県教育委員会では、「彩の国新しい学校生活5つの安心宣言」を作成しました。皆さんの健康を守る上で、とても大切なルールです。

 1つ目、「家庭と学校が連携した健康管理の徹底」です。

 毎日、朝と夕方、必ず自分の体温を測ってください。咳などの症状や体のだるさを感じたら、すぐに学校の先生や保護者の方に相談してください。

 2つ目、「マスク着用の徹底」です。

 登下校中を含めた学校生活の中ではマスクを着けることを徹底しましょう。特に、近距離での会話や発声を行う場面では、マスク着用を徹底しましょう。

 3つ目、「「3つの密」の回避の徹底」です。

 普段の学校生活の中で、握手やハイタッチ、近距離での会話など、密集・密接場面をつくらないよう意識しましょう。

 4つ目、「手洗い等の徹底」です。

 昼食前や休み時間、トイレに行ったときなど、石鹸を使って、こまめな手洗いを徹底しましょう。

 5つ目、「衛生管理の徹底」です。

 食事をする時以外は、しっかりとマスクを着けましょう。また、繰り返しになりますが、登校・帰宅後にも30秒以上時間をかけて石鹸でしっかりと手洗いをしましょう。

 この他、SNS等による誤った情報の拡散や、コロナ禍に係る誹謗・中傷・差別等の行動をとらないよう、人権感覚をこれまで以上に研ぎ澄まして行動するようにお願いします。

 次にお詫びです。去る5月22日に、埼玉県教育委員会より学校の再開についての指針として学校再開に向けたガイドランが示されました。その中で文化祭について、「生徒が密集して長時間活動することとなるため、感染拡大防止の観点から原則として中止とすること」と示されました。特に3年次生にとっては、高校活最後の文化祭なので、これまでの経験を生かして、「より良い文化祭を創り上げたい」「全員で目標達成する喜び感じたい」など、今年の文化祭に期する思いが強いのではないかと推察します。

 しかしながら、安心して学校生活が送れるよう万全を期すためには、生徒及び教職員の感染リスクを低減させることが不可欠です。感染リスクはゼロにすることができないという事実、再び感染拡大を招く恐れがある以上、リスクを最小限に留めなければなりません。

 誠に残念でありますが、第25回川総祭については中止とさせていただきます。今後、文化祭に代わる行事など、感染拡大の状況等を見極めながら考えていきたいと思います。

 最後に、90歳を超えてもなお精力的に活動を続ける、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんの言葉を紹介します。「心の聡明な人、考え深い人は、怠けずよく励みます。努力も才能です。」努力を積み重ねることの大切さと偉大さを説く言葉で、今年二月に他界したプロ野球の名勝、野村克也氏も同様の言葉を残しています。

 着任して2か月の間、皆さんに向けて毎週メッセージを発信してきました。すでにご覧になった人もいると思いますが、本校ホームページの「校長室から」で見ることができますので、一度覗いてもらえると嬉しいです。

 最後に、「川総」はみなさんの学校です。学校をさらに発展させるためには、皆さんの主体性と自助努力が必要です。困ったり悩んだりするようなことがあったら、担任の先生、部活動顧問の先生、授業を担当する先生に相談してみてください。私が学校にいる時は常に校長室の扉を開けるようにしますので、遠慮なく訪ねてください。

 一緒に考え、知恵を出し合い、課題を解決していきましょう。

 以上で、式辞を終わります。