日誌

2018年7月の記事一覧

性教育講演会を行いました

7月17日(火)、全校生徒および保護者を対象に、「妊娠・出産・不妊に関する特別講演会」を実施しました。

第一部は、埼玉県助産師会から桜井裕子様より、妊娠と出産の仕組み、避妊の方法を中心に、ユーモアを交えながら講演していただきました。

第二部は、埼玉県こうのとり大使も務めるダイアモンド✡ユカイ氏より、不妊についてお話をいただきました。芸能界のことや、不妊に関する実体験などと共に、わかりやすくお話ししてくださいました。

体育館の講演会は、暑さとの戦いでもありましたが、生徒たちは真剣に話を聞いていました。

講演会終了後に、生徒たちが書いた感想の一部を紹介します。

・子どもができることは“奇跡”って本当にその通りだと思うから、私たちの軽率な行動で、命を無駄にすることがないようにしたいです。(1年女子)

・自分は彼女がいるので、とてもためになる話を聞けたと思います。(1年男子)

・夫婦で妊娠について前向きに考えていけるのはとても幸せなことだと、今日のお話を聞いて思いました。(2年女子)

・ユカイさんがそんなに大変な思いをして子供を授かっていたなんて知らなかったし、他人事ではないなと強く感じた。(2年男子)

・男性不妊にもっと理解のある世になってほしい。子供ができない=女性のせい、なんて決めつけられるのはとても嫌です。(3年女子)

・世の中には妊娠したくてもできない人がいるし、そのためにも、もしその人とお付き合いしたとしたらちゃんと支援をしていかなくちゃいけないなと思いました。(3年男子)

猛暑の中、私たちのために講演してくださった桜井様、ダイアモンド✡ユカイさん、埼玉県健康長寿課の皆さん、大変お世話になり、ありがとうございました。