日誌

2021年7月の記事一覧

オリンピック・パラリンピックにおける飾花事業2

東京五輪6日目。

連日、日本選手の活躍が続いています。

川越市内の「霞ヶ関カンツリー倶楽部」で明日開幕するゴルフ競技に先駆け、

「総合的な探求の時間」でフラワーデザインを学ぶ3年次生有志6人がウエスタ川越前の広場の一角を草花装飾しました。

 

県内で行われる競技が全て無観客開催となったため、

当初予定されていたシャトルバス発着場からウエスタ川越へ設置場所が変更されました。

場所の変更に伴い、デザインと植栽に使う花材の一部を変更しました。

 

ウエスタ川越では、9月2日に本校の創立百周年を祝う式典を行います。

飾花を通じて、本校のことを少しでも多くの方々に知っていただく機会になればと思います。 

炎天下の中で作業を行った関係の皆様、ご指導をいただきありがとうございました。 

屋上庭園3

夏休みに入ってから一週間経過しました。

屋上庭園の作物は暑さに負けず成長を続けています。

今週に入って、バケツ稲の穂が出て花をつけました。

イネの花は通常午前10時頃までしか見ることができません。

水田と比べて、屋上庭園の方が生育スピードが速く感じられます。

すぐ脇で栽培しているオクラも開花しました。

オクラは観賞用として江戸時代に栽培が始まったと言われています。

紫と緑の丸オクラが実をつけ始めました。

中玉トマトのイエローオーレとレッドオーレがたわわに実っています。

カラスのいたずらが気になる今日この頃です。

さんだる相談会 in 所沢

中学生・小学生と保護者のための地域密着型 学校&教育相談会

「さんだる相談会 in 所沢」に広報部の教職員が参加しました。

 

主催者の呼びかけにより

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策が徹底されています。 

 

自分に合った学校選びの一助となるよう

ブースにおいでいただいた方々には総合学科と本校の特色についてお話しするとともに

学校説明会への参加を呼びかけました。

 

8月15日(日)にウエスタ川越で行われる「さんだる相談会 in 川越」にもブース参加する予定です。

 

コロナ禍の影響で学校の様子を見ていただく機会が制限されていますが、

より多くの人たちに「リアル川総」を少しでも知っていただけるよう、

学校を挙げて情報発信に努めて参ります。

東京五輪が開幕します

東京五輪が今日開幕します。

開幕に先駆け

「草花基礎」を履修する2年次生有志11人が、授業で栽培したマリーゴールド650株を使って

草花装飾をしました。

 

射撃競技の会場に最も近い東武東上線朝霞駅に特設花壇を設置して

大会を盛り上げるという大役を埼玉県から委嘱され、1学期間準備を進めてきました。 

ゴルフ競技の会場となる川越市では、ウエスタ川越正面玄付近を今月28日に、

パラリンピック開幕時には、和光市駅と朝霞駅を8月29日に飾る予定です。

植栽した花がより多くの人たちの心を豊かにするとともに、

コロナ禍の厳しい状況下で、世界一を目指して戦う選手にエールが届くようにと願っています。

 

屋上庭園2

屋上庭園にバケツ田んぼを設置して50日経過しました。

イネは順調に生育し、分げつが進んでいます。

7月上旬の試験期間中にあったゲリラ豪雨の時にはバケツの水が溢れてしまうほどでした。

その後作目が増え

トマトやオクラ、イチゴなどを鉢やプランターで栽培しています。

 

別の花壇では

バジル、シソ、モロヘイヤ、レモンバームなど香りのある野菜を育てています。

「栽培基礎」の授業では

エダマメの苗を学期末に準備し、夏休みに入るタイミングで花壇に定植しました。

 

生徒の皆さん

夏休み中に登校する際には、ぜひ花壇の様子を見てください。

もし、作物が水を欲しがっているようなら、近くにあるジョーロで散水してあげてください。

 ご協力をお願いします!!