講話 ・ 式辞

2022年4月の記事一覧

令和4年度離任式

 4月も残り3日となりました。日ごとに中院の木々が色鮮やかさを増してきています。

 まず始めに、4月以降の、部活動の活躍について報告します。現在、各種目で関東大会の地区予選が行われています。先週はバレーボール部が地区大会優勝、陸上個人3種目で県大会出場決定。今週に入ってからバドミントン女子団体が県大会出場、前回の大会で県大会が中止になってしまった卓球女子団体は再び県大会出場権獲得。野球部は初戦をコールド勝ちで突破し、地区代表決定戦まで進みました。 

 新規陽性者数が下げ止まりの状況にある中で、新型コロナウイルスに対する学校としての考え方はこれまでどおりです。2年間にわたる経験の中で、感染リスクの高い場面や行動などはわかっているはず。バレーボールやバスケットボール、弓道部など、連休期間中に大事な大会に参加する人たちもいます。どうか皆さんには、「感染再拡大を防ぐのは私たち一人ひとりの責任ある行動だ」ということを再認識して、大型連休を迎えて欲しいと思います。この後保護者宛通知が配られると思いますが、内容を確認してから保護者にお渡しください。 

 さて、今日は離任式です。離任式は、私たちから3月までお世話になっていた先生方に感謝の気持ちをお伝えするとともに、先生方からも、皆さんに対して離任の思いを伝えていただく最後の機会です。「一会一生(いちえいっしょう)」という言葉があります。「一度会ってできたご縁は一生の宝になる」という意味ですが、それだけ、人との出会いはかけがいのないものだと私は思っています。残念ながら、今年の離任式も主役であるはずの先生方をお招きすることができませんでした。メッセージを寄せていただいた先生方のお言葉、残念ながらお言葉をいただくことができなかったけれども、今までお世話になった先生方との出会いや思い出を大切にして、これからの学校生活に役立ててください。

 それでは、令和4年度当初の人事異動で転・退職された先生方を改めて紹介します。3月31日付けで16名の先生方がご転出、ご退職され、4月1日付けで14名の先生方が新たに着任しています。

 

中略

 

  むすびに、はじめにお話ししたように、「一会一生(いちえいっしょう)」の学びを、皆さんにはこの場であらためて感じて欲しいと思います。

 学校を離れた先生方の、今後のご活躍とご多幸をお祈りしています。

 

 1年次生に向けて

  ◇入学式以降、頑張りすぎていませんか?無理をしていませんか?

   ⇒ 心と身体に休養と栄養を!!

  ◇部活動のこと(選択肢は色々、今しかできないこと、新たな自分にチャレンジする機会)

   ⇒ 「百試千改」の精神で、積極的に参加を!!