講話 ・ 式辞

2021年5月の記事一覧

令和3年度生徒総会・FFJ総会 校長挨拶

なぜ「あいさつ」が必要なのか

 

 先週土曜日に「九州北部と中国・四国で梅雨入りがしたとみられる」との発表が気象庁からありました。平年より20日以上早く、四国では1951年の統計開始以来、最も早いそうです。活発な梅雨前線に起因する局地的豪雨によって起こる土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水などへの警戒が必要な季節になりました。自宅周辺のハザードマプを確認して緊急時の約束事を家族と確認するなど、万が一の時の備えを怠らないようにしてください。

 せっかくの機会ですので少し時間をいただいて、「あいさつ」の話しをしたいと思います。生徒会長の浅賀さんと「皆が自然にあいさつを交わす学校にしたいね」と話したことを、2・3年次生には以前お伝えしました。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、緊急事態宣言対象地域の拡大であったり、まん延防止等重点措置の期間延長であったり、辛くて厳しい状況が続き、先を見通すことができない中で、生徒の皆さん一人一人が今やるべきことをしっかりと理解して行動し、毎日笑顔であいさつをしてくれることに感謝しています。正門前で自主的に声掛けをしてくれている有志生徒の皆さんや先生方、時には、校長室前を通過する際に、中にいる私にわざわざ声をかけてくれる人もいます。

「あいさつが大切なのはわかるけど、なぜなのか理由を考えるといまひとつわからない・・・」という人もこの中にいのるではないでしょうか。あいさつはなぜ大切なのか?あらためて言葉の意味や歴史から考えてみたいと思います。

 そもそも、あいさつという言葉は、中世に日本に輸入された漢語で、元来、禅宗において僧が問答を繰返し合う意味だったそうです。現在は、「他人に対して尊敬や親愛の気持を表わす動作、言葉、文面などを意味する」そうです。ポイントは「尊敬や親愛の気持を表わす動作、言葉、文面などを意味する」という部分。つまり、あいさつは尊敬や親愛の気持を表わす人間の所作なのです。皆さんは小さい頃から、あいさつは大事だと教えられてきたと思います。あいさつはコミュニケーションとして肝心な、そして最初の一歩なのです。その一歩を踏み出すコツが掴めれば、家庭や学校、会社などでの人間関係(コミュニケーション)を良くしていくきっかけにできるのです。ビジネスマナーの一つとしても、「あいさつができない人」はコミュニケーションができないと思われがちです。コミュニケーションができないのですから、仕事もできないとみなされ、低い評価を受けてしまうという悪循環に陥りやすくなります。

 世界各国には必ずあいさつの言葉があります。「おはよう」だけでも色々あります。英語は「グッド モーニング」、フランス語は「ボンジュール」、スペイン語は「ブエノス ディアス」、韓国語は「アニョン ハセヨ」、中国語は「ザオ  シャン ハオ」。日本社会の常識プラス万国共通のルールということは、世界の常識でありルールであるといえるでしょう。

ちょっとしたコツを掴み、あいさつをする習慣が定着すればその効果を倍増することができるので、少しでも取り入れ工夫していきましょう。

・ポイントとして

① 笑顔で明るくあいさつをする

② ハッキリとあいさつをする

③ 相手の方向に体を向け、相手の目を見てあいさつをする

 このようなあいさつを毎日続けていきましょう。繰り返しになりますが、あいさつはコミュニケーションの第一歩なので、続けることが大切です。万里の道も一歩から。忘れがちですが、ファーストステップの重要性を認識しながらあいさつを励行しましょう。社会の仕組みの根本は人と人の関係性で成り立っています。友達や先生、家族でも同じです。人とのコミュニケーションは避けられず、必然的にあいさつも避けられません。あいさつはコミュニケーションの基本中の基本でありながら、「必須のスキル」であり「最重要アイテム」だと理解してください。特に新入生や社会人一年生の人は、ぜひともこのスキル&アイテムを獲得してください。そうでない人も、原点に帰る意味で再確認してみてください。

 最後に、本日の総会の意義につい確認します。

 生徒総会は、今年度の生徒会活動の内容を審議・決定するために行われます。言うまでもなく生徒会は、生徒のためにある組織です。皆さんはこれまで学校生活を送る中で、生徒会があって良かったと思ったことはありましたか?もし無いのなら、生徒会活動は必要ないのかもしれません。活動しているのかどうかがわからないような生徒会ではなく、生徒が力を合わせて取り組まなければならない時に、存在感を発揮できる生徒会を皆さんの手で作り上げてください。

 皆さん一人一人が生徒会の一員であり、主役です。生徒会は、先生から与えられた仕事をこなすためにあるのではありません。皆さん一人一人が、川越総合高校での学校生活を、自分たちの手でもっと充実したものにしていくために、活動をどのように改善したらよいかを考え、行動に移すことが必要です。生徒会があなたのために何をしてくれるのかを求めるのではなく、あなたが生徒会や学校のために何ができるのかを自問自答して欲しいと思います。生徒会活動を通して、主体性・協働性・創造性を高めてください。

 結びに、川総の生徒会活動が、皆さんの未来を創り出すことに貢献することを期待し、私の挨拶とします。

 

挨拶の重要性が理解できるおすすめの一冊 「挨拶のバカ力」 出版社: 三五館

概要

 月曜から日曜までの7日間に7つのことを日ごとに実践していけば、1週間で伝説になれるという本。著者は金原亭世之介という真打ちの落語家の方で、大正大学の客員教授をされています。

 

挨拶の方法や意味を具体的に学べる動画 NHK for School 「挨拶の魔法」

概要

 あいさつの方法を具体的に学ぶ10分間の学習動画です。

https://www2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi?das_id=D0005190061_00000