講話 ・ 式辞

2020年5月の記事一覧

感染症の歴史に学ぼう

生徒の皆さんへ⑧

令和2年5月27日

 

感染症の歴史に学ぼう

 

埼玉県立川越総合高等学校

校長 服部 修

 

 新型コロナウイルスが私たちの暮らしを大きく揺るがしています。過去をふり返ると、人類はたびたび感染症に襲われ、多くの命が失われてきました。一方で、感染症の流行は人々の考え方や行動様式を大きく変えるきっかけになってきました。時には、世の中の大変革や進歩、社会インフラの改善につながることもありました。終息まで時間がかかると言われています。今日は過去の感染症に学び、「コロナ後(アフターコロナ、ポストコロナ)」について考えてみましょう。

 コレラは元々インドの風土病でしたが、植民地支配をしていた大英帝国の覇権拡大により世界中に広がり、各地で度々大流行しました。日本でも、明治維新前の開国前後に流行し、江戸だけで26万人が死亡したとの記録が残っています。汚れた飲み水に起因して流行したため、公衆衛生の重要性が認識され、上下水道の整備が進みました。このため、コレラは「衛生の母」とも呼ばれています。

 天然痘は人類が唯一根絶に成功した感染症です。1万年くらい前に人類の病気として定着したと考えられています。中米のアステカ帝国やインカ帝国が滅んだのは、攻撃を仕掛けたスペイン軍の武力よりも軍人が持ち込んだ天然痘のせいだったといわれます。日本では奈良時代に大流行し、当時政権を担っていた藤原四兄弟が死亡しました。戦国武将の伊達政宗が片目を失った原因も、幼少期に患った天然痘だったといわれています。明治時代にも、数万単位で人が亡くなる大流行が3回ありました。ちなみに、東大医学部は江戸時代の予防接種施設が起源です。20世紀中の死者は3億人にのぼりましたが、ワクチンを使った世界保健機関(WHO)の活動が功を奏し、1980年に根絶を宣言しました。

 新型コロナウイルス感染症が世界中で急速に広まったのは、グローバル化が進み、国境を超えた行き来が盛んになったことも大きな要因です。感染症の流行、拡大には、それぞれの時代背景が大きく影響していることがわかります。

 いずれ新型コロナの感染拡大が終息したとしても、これまでの社会と大きく変わる面が必ず出てきます。緊急事態宣言で一気に広まったのが、自宅で働くテレワーク(リモートワーク)と、学校のオンライン授業です。もちろん、会社や学校で顔を合わせて働いたり、学んだりすることの大切さは変わりませんが、働き方も学び方も、「コロナ以前」に戻ることはないと思います。通勤や通学の負担が減り、自宅で過ごす時間が増え、生活にゆとりが生まれるかもしれません。

 急激に収益が落ち込んでいる外食、宿泊、旅行、エンターテインメント、アパレル、化粧品といった業界は、コロナ後にどんな工夫をしたら生き残れるでしょうか?いま急激に伸びている通信、ネット通販、宅配・物流といった業態は、さらにどう発展していくのでしょうか?東京を中心とする首都圏への人口集中が続いてきましたが、「密」の回避やテレワークの普及で、地方への人口分散が始まる可能性があります。そして、新たなビジネスがいくつも生まれることでしょう。こうしたことを考えてみることが、皆さんの将来につながるはずです。 

「新しい生活様式」について

生徒の皆さんへ➆

令和2年5月20日

 

「新しい生活様式」について

埼玉県立川越総合高等学校 

校長 服部 修

 

 先週、緊急事態宣言が39県で解除されました。しかしながら、コロナウイルスは私たちの目には見えないところにいて、隙を見せれば再び感染が拡大する恐れがあります。こうしたことから、政府は新たな生活スタイル「新しい生活様式」を提案しました。公衆衛生学の観点から、人との接触を減らし、飛沫感染対策を徹底する実践例です。これらのことをこれから少しずつ日常生活に取り入れていかなければなりません。生徒の皆さんと教職員が一丸となって感染予防を徹底した上で、安心・安全に学校を再開させるために、「新しい生活様式」の考え方とその基本を理解し、習慣化していきましょう。

 

「新しい生活様式」の実践例 <厚生労働省>

 1 一人ひとりの基本的感染対策 感染防止の3つの基本

  ①身体的距離の確保 ②マスクの着用 ③手洗い

・ 人との距離は、できるだけ2m(最低1m)空ける。

・ 遊びに行くなら屋内より屋外を選ぶ。

・ 会話をする際は、可能な限り真正面を避ける。

・ 外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用

・ 家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替え、シャワーを浴びる。

・ 手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)

※ 高齢者や持病のあるような重症化リスクの高い人と会う際には、体調管理をより厳重にする。

 

2 日常生活を営む上での基本的生活様式

・ まめに手洗い

・手指消毒

・ 咳エチケットの徹底

・ こまめに換気

・ 身体的距離の確保

・ 「3密」の回避(密集、密接、密閉)

・ 毎朝で体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合はムリせず自宅で療養 

厚生労働省ホームページ「新しい生活様式」 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html 

キャリアプランを考えよう

生徒の皆さんへ⑥
令和2年5月13日



キャリアプランを考えよう


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 「あなたの 10 年後は 、どうなっていたいですか?」
 こう聞かれて、あなたはすぐに明確な答えを返せますか?
 2年前(2018 年)に約3000人の社会人を対象に行った調査によると、「将来に向けたキャリアプランを明確に描いている」と答えた人の割合は、わずか6%だったそうです。その一方で、自身のキャリアを考える理由については、「これまでの経験が将来に渡って通用するかわからないから」など、先行きの不透明さを不安視する声が、男性の7割にあったそうです。つまり、将来への不安から積極的にキャリアを形成していく必要性を感じながらも、日々の仕事に追われて、キャリアと向き合う機会がなかなか持てていないという現実が見えてきます。
 キャリアプランとは「自分の将来の理想像を明確にし、理想の実現を目指して構築された具体的な行動計画」のことで、現役大リーガーの大谷選手で有名になった目標達成シート「マンダラチャート」もこの一つといえるでしょう。キャリアという言葉は一般的には職歴や経歴を表わしますが、ここでのキャリアは広義的な意味として使用されており、個人がその人生を通じて持つ連続した経験を意味します。

大谷翔平選手が花巻東高校1年生の時に立てた達成目標

 マンダラチャートの基本ルールはとてもシンプルです。9つのマスの真ん中にテーマを入れ込み、周辺のマスに関連する項目を入れていくだけです。例えば、今年度の目標設定にも使うことができます。まず、真ん中に「自分の理想像」を一言で記入し、その理想を達成するために必要な要素を周囲のマスに入れていきます。全ての項目が記入できなければ、無理に埋める必要はありません。あくまで中央に配置した大目標を達成することが目的なので、それを達成するために必要な要素がぴったり9つになるとは限らないからです。マンダラチャートは目的を達成するための手段だということを前提に利用してください。
 書く内容のコツは グ・タ・イ・テ・キ・ニ 。以下のポイントを押さえてマスを埋めていきます。

グ:具体的に書く。抽象的な表現では行動が鈍るので、具体的に箇条書きします。
タ:達成可能なことを書く。高すぎる目標は、途中でくじける原因です。
イ:意欲がもてることを書く。他人から与えられた目標を書いても、自分が意欲を感じなければ、行動を起こす気が起きないものです。
テ:定量化する。単に「頑張る」でなく、日数や回数などなるべく数字に置き換えて。
キ:期日を決める。これを決めないと、いつまでたっても目標は達成できません。
ニ:日課にする。習慣化し、常に意識して行動できるような方法を考えます。

 マンダラチャートは1回書いたら終わりではありません。新しい気づきを得たら、その都度書き直してもよいのです。そして、常に見えるところに置いて、目標にどれだけ近づいているか、定期的に「ふりかえり」を行うのも重要です。
 マンダラチャートは勉強や部活動の目標だけでなく、ダイエットやマラソン大会出場、旅行や読書の記録など、スケジュール管理から、それこそ人生100年将来設計まで、さまざまなことに活用できます。さらに、マンダラチャートには、バランス思考が身につくというメリットもあるので、勉強や部活オンリーに陥ることなく、大事なことを両立させながら、有意義で幸福な人生を歩む道標にもなります。
 大谷選手も高校時代にマンダラチャートで目標を詳細に設定し、それを徹底して実行に移すことによって「メジャーリーガーになる」という目標を達成し、さらなる高みを目指して頑張っています。
マンダラチャートなどは、簡単にマスターできて効果も期待できることから、キャリアプランを考えるきっかけとして、関心を持った人は今日からさっそくチャレンジしてみてください。

緊急事態の期間延長にあたって

生徒の皆さんへ⑤
令和2年5月7日


緊急事態の期間延長にあたって


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 学校が臨時休業となってから2・3年次生は2か月以上、1年次生は入学式翌日から休業に入り1か月経過しました 。皆さんは今、どのような毎日を過ごしていますか?
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにはやむをえないことでしたが、年度末・年度当初の大切な時期に、心の準備もままならないうちに、急に先生や友達に会えなくなってしまいました。 国の非常事態宣言の期間が延長され、もうしばらく「おうち生活」が続くことに、学校教育に携わるものとして胸を痛めています。
 生徒の皆さんが、ウイルスという見えない敵、そして、いつ学校が始まるのかわからない状況に対して、不安を感じているのではないかと危惧しています。このようなときだからこそ心を強く持ち、一人 ひとりが何をするべきか冷静に考え、判断し、行動していくことが大切です。そして、ピンチの中からチャンスを見いだしていく前向きさを失ってはいけません。臨時休業という状況をプラス思考で受け止め、感染拡大の防止のみならず、学習や生活の面でも何とか有意義なものにしていかなければなりません。
 今はウイルス感染の拡大防止が最優先です。未知のウイルスであるが故に、ウェブ上には誤った情報が流れている場合もあります。繰り返しになりますが、何が正しい情報かを見極め、感染拡大防止に向けて何をすべきか、何をすべきではないのかを、冷静に判断してください。
 次に、皆さんの心身の健康についてです。不規則な生活になっていませんか?時々は体も動かしていますか?誰かとお話しできていますか?時々笑っていますか?もちろん人混みに出かけることは控える必要がありますが、ジョギングや縄跳びなど、限られたスペースで可能な運動も色々あります。それぞれに自分と向き合って考えてみてください。
 普段は授業や部活動等で忙しくしているので、時間を持て余してしまうと何をしたらよいかわからなくなりがちです。普段あたり前に思っていた日常的なものが、なくなってみて初めてその重要性に気づくことがあります。学校は、皆さんにとってそのような存在なのではないかと思います。
 2・3年次生には5月1日に宅配便で発送した教科書が、1年次生にはレターパックで発送したシラバスと生徒手帳が、お手元に届いている頃かと思います。もうひと月我慢していただくことになりますが、学習課題に前向きに取り組み、学生としての本分を果たしてください。我々教職員一同は、感染リスクを減らすための様々な対策を講じ、一日も早い学校再開に向けて準備を進めていきます。
 少しでも皆さんの不安が減り 、有意義に過ごせること 。そして、早期にウイルスの感染拡大が止まって学校が再開し、たくさんの笑顔が明星が丘の川総キャンパスに戻ってくることを祈っています。