講話 ・ 式辞

2020年4月の記事一覧

穀雨(こくう)について

生徒の皆さんへ④
令和2年4月28日


穀雨(こくう)について


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 今年の春は、いつもとは大きく違う季節になりました。日々溢れる情報の取捨選択に疲れて気持ちが沈んでしまいそうになる中で、上を向く機会を唯一与えてくれたのがサクラやハナミズキの花でした。
 さて、唐突な質問ですが、皆さんは「穀雨」をご存じですか?
 川総で学ぶ生徒には、ぜひとも知っておいていただきたいキーワードです。
 4月19日から5月4日の期間は、二十四節気 (にじゅうしせっき)の一つで立春から数えて5番目にあたる穀雨と呼ばれています。 二十四節気は古代中国で作られた暦で、日本では平安時代から使われています。日本の1年を24等分して、約15日ごとに移ろう細やかな季節それぞれに名前を付けたものです。穀雨は、穀物をうるおす春の雨が降る頃。昔から、種まきの好機とされてきました。穀物だけではなく、色々な草花(雑草も)も春の雨を浴びて、ぐんぐん育っていきます。 穀雨は、田畑を潤して穀物の成長を促す雨もあり、昔はこの時期から田植えの準備をする等、農作業を行う目安だったそうです。春の雨の後には 、安定した晴れの日が続きやすいと昔から言われてきました。
 そしてこの時期が終わると、童謡・唱歌でお馴染みの八十八夜( 今年は5月1日です)が訪れます。これは立春から88日目の夜のことで、「八十八」を組み合わせると「米」という字になることや末広がりを表す字が重なることから、この日に摘んだお茶は縁起物であり、栄養価も高く、口にすると1年元気に長生き出来ると言われています。 農業に携わる人にとっては大変重要な日とされてきました。
 恵みをもたらす雨は、穀物に対してだけではなく、この雨が長い冬の間大地に眠っていた沢山の生命を目覚めさせ、様々な生物が活発に動き始めることも意味しています。
 昨今、私たちに降りかかっている先の見えないこの状況にも、やがて安定した穏やかな晴れの日が必ず訪れます。その時に、あの頃降りかかった雨は転機であり必然だったのだと思えるよう、今は大変ですが、生徒の皆さんにはそれぞれの場所で、来るべき日のために戦略と戦術を練り、そしてその為の勉強や知識を補てんする等、本当の意味での春を迎える準備の時間にしていただきたいと思います 。

「ハナミズキのみち」

生徒の皆さんへ ③
令和2年4月22日


「ハナミズキのみち」について


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 川越市内では、例年より一週間ほど早くハナミズキの花が見ごろを迎えました。ハナミズキの原産地はアメリカです。アメリカ北部の地域では、日本の桜前線のようにハナミズキの開花状況を地域の情報として届けているそうです。
 さて、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、余儀なく自宅でお過ごしの皆さんに、今日は、「ハナミズキのみち」についてお話しします。
 岩手県陸前高田市に、海側から山側に延びる避難路の目印としてハナミズキの木が植栽されています。ハナミズキの避難経路を提案したのは、陸前高田市にお住いの淺沼(あさぬま)ミキ子さんという方です。淺沼さんは、人一倍責任感が強く、自分の生まれ育ったまちを愛していた息子さん(当時25 歳)を、東日本大震災の津波で失いました。ある晩、息子さんが夢の中に現れ、「津波から逃れる避難経路に沿ってハナミズキを植えてほしい。このまちが大好きだからずっと守っていきたい。」と告げられたのだそうです。その思いを受け止めた淺沼さんは、震災を風化させまいという願いを込めて1万人以上の署名を集め ました。そして、ハナミズキの花が咲く避難路を提案したのだそうです。
 本校では、平成24年(2011年)の10月以降、ボランティア活動を継続して行い、のべ579名の 生徒・教職員が宮城県気仙沼市を中心とした被災地に足を運び、「微力だけど無力ではない」を合言葉に、震災復興のお手伝いをさせていただいており ます。
 私たちのこれからの学びで大切なことは、人を思い、人と積極的に関わり、人と行動をともにすることです。時には日本語だけでなく、外国語を交え、海外の歴史や文化、思いや考えをしっかりと理解し、逆に、日本人としての思いや考え、文化や歴史をしっかりと伝える力が求められる時代が、東京 2020オリンピックを契機にまもなく到来します。
 休業が明けたら、新たな学校生活がスタートします。どうぞ学校や家庭の中で、友達同士の関係の中で、ハナミズキの花言葉「私の想いを受けてください」にあるように、様々な体験や学びの中で、「思いや気持ちをしっかりと受け止めること、そして、しっかりと伝えること」を大切にして欲しいと思います。
 保護者の皆様におかれましても、引き続き感染拡大防止の取組を徹底していただき、できるだけ早く学校が再開できますよう、ご理解とご協力をお願い致します。


参考ホームページ
陸前高田「ハナミズキのみち」の会 http://hanamizukinomichi.com/

学校代表挨拶

学校代表挨拶


 本日晴れて川越総合高校に入学された新入生保護者の皆様 、ご入学おめでとうございます。すべての教職員とともに、お子様の入学を心から歓迎します。
 入学式は、新入生を歓迎する式典であるとともに、「この高校で学ぶ」意識を確認していただく機会でもあります。新型コロナウイルス拡散防止対策の一環として、式を縮小して実施せざるを得なくなったことをお許しください。
 学校長として、本来お伝えしたかったメッセージを書面にしたためましたので、自宅に戻ってから お子様と一読していただければ幸いです。
 保護者の皆様におかれましても、これからの3年間の高校生活について、ぜひお子様と語りあっていただきたいと思います。そして、本校の教育方針や指導について、ご理解とご協力を賜り、新入生のみなさんの高校生活が、より楽しく、充実したものとなりますよう、私たち教職員とともに支えていただくことをお願い申し上げ、学校代表挨拶とさせていただきます。


令和 2 年 4 月 8 日
埼玉県立川越総合高等学校 校長 服部 修

入学式式辞

式  辞


 本日晴れて「県立川越総合高等学校」に入学された新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。すべての教職員とともに、皆さんの入学を心から歓迎いたします。そして、皆さんを今日まで育て、勉強を支えてこられたご家族をはじめ関係の方々にも、心よりお慶びを申し上げます。
 入学式は、新入生の皆さんを歓迎する式典であるとともに、「この高校で学ぶ」意識を確認していただく機会でもあります。新型コロナウイルス(COVIDー19)拡散防止対策の一環として、式を縮小して実施せざるを得なくなったことは、誠に残念です。しかし、このような状況であるからこそ、この4月8日を「今日この日から始まる、川越総合高校での高校生活を実りあるものにするぞ ! 」という宣言の日にしてもらいたいと思います。
 さて、本校は、大正9年4月、「県立蚕業学校」として創立され、「県立農蚕学校」、「県立川越農蚕学校」、と校名を変えながらも、当時の輸出産業の花形であった、生糸を生産する養蚕技術の振興・
発展のため、大きな期待を受け重要な役割を担うとともに、その責任を果たしてまいりました。 戦後
の学制改革により、昭和23年には「県立川越農業高等学校」として、広く農業教育を推進し、農業とその関連産業の育成・振興に大きく貢献してきました。そして、平成8年には、時代の進展に対応した総合学科を設置し、校名を現在の「県立川越総合高等学校」に改め、「農業科目を主とした総合学科」として新たな道を歩みだし、今年で25年目、創立100 周年の節目を迎えます。卒業生も1万9千有余人となり、まさに校訓に掲げられている「心理と正義を愛し、勤労と責任を重んじる」教育を実践し、社会に有為な人材を多方面に多数輩出してまいりました 。
 ただ今、入学を許可しました新入生の皆さん。皆さんは、9年間の義務教育を終え、自分の意思で本校への進学を決意し、合格されました。川越総合高校は皆さんの入学を心から歓迎いたします。皆さんは、伝統ある本校で、そして、地元から深く愛されている本校で学べることに誇りを持ってください。今まさに、大きな希望と幾ばくかの不安を胸に、新たな学校生活を始める皆さんに、あらためて、学校とはどういうものか、お話ししたいと思います。
 学校は、学びあうところです。教科の勉強はもちろんですが、それ以外にも様々なことを、教職員から、また生徒どうしで学ぶことができます。本校には、いろいろな種類の、そして数多くの、学びの仕掛けがあります。皆さんは、それらの仕掛けに気付く人になっていただきたい。どうすれば仕掛けに気付く人になれるか。まずは、好奇心旺盛であること、そして、謙虚であること。世の中は学ぶべきものであふれていることを知っている人、そして、自分には足りないものがあることを自覚している人は、学びのチャンスをつかむことができます。学びのチャンスをつかむことができる人は、大きく成長する はずです。
 次に、学校は、小さな失敗や挫折を経験するところです。大人になってから初めて失敗をしたのでは、立ち直り方がわからず、前へ進めなくなってしまうかもしれません。学校の中で経験する小さな失敗や挫折を大切にしましょう。それらの経験は、きっと皆さんを、強くたくましい人にしてくれるはずです。ただ、皆さんは、失敗したとき、「ごめんなさい」ときちんと言うことができる人であって欲しい。学校は、皆さんの小さな失敗や挫折を見守り、支える存在でありたいと思っています。
 そして、学校は、互を認めあうところです。認めあうとは、決して、ぬるま湯のような関係であるということではありません。本校には、生徒・教職員あわせて800人以上の人たちがいます。それぞれ個性を持った人たちが、互いに切磋琢磨し、高め合う関係を築き上げていきます。まずは、皆さんが他者から尊重されるために、皆さん自身が他者を尊重するというところから始めましょう。互いに認めつつ、みんながレベルの高い居心地の良さを感じられる集団になりましょう。
 最後になりましたが、新入生のみなさんが、この川越総合高校で過ごす限られた時間を大切にしてください。そして、みなさんのその大切な時間を、私たち教職員も一緒に共有できることに深く感謝して、入学式の式辞といたします。

令和 2 年 4 月 8 日
埼玉県立川越総合高等学校 校長 服部 修

2・3年次生向け

始業式に代わって
令和2年4月8日


2・3年次生向けた メッセージ


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修

 

 新2・3年次生の皆さん、はじめまして。熊谷農業高等学校に転出された 梅澤 仁 前校長先生の後任として、4月1日付で川越総合高等学校に着任した 服部 修 と申します。どうぞよろしくお願いします。
 令和2年度が始まりました。今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令されたため、学年末の終業式同様に、始業式も取りやめになりました 。みなさんの元気な姿が見られないのは本当に残念です。
 皆さんは進級して一つ年次があがりました。おそらく、何か新しい決意をして、新年度を迎えた人も多いのではないかと推察します。私自身も、新しい学校で新年度を迎えることになり、皆さんと、お会いできるのを心待ちにしていました。春は出会いの季節です。まだ、直接お会いすることはできていませんが、この川総で皆さんに出会えたことを大変嬉しく思っています。そして、この出会いを大切にしたいと強く思います。年度の初めに一つだけお願いをさせてください。
 「凡事徹底」という言葉を覚えて欲しいということです。「凡事徹底」とはたり前のことを普通の顔をして徹底してやりきるということです。
 皆さんにとってあたり前のこととはなんでしょうか?
 私がお願いしたいあたり前とは 、体育館ステージに向かって右側のボードにある、「時を守り、場を清め、礼を正す」(森 信三さんの言葉)という言葉です。このことを凡事徹底してほしいのです。
 「時を守り」とは、「5分前行動」を徹底するということです。5分前行動するということは 、 他人の時間を大切にするということでもあります。総合学科の授業の性質上、教室移動が多い中、待たされるのは誰もがいやですから ・・・ 。ぜひ5分前行動ができる人になってほしいと思います。
 「場を清め」とは、掃除を徹底して行うということです。本気で掃除ができる人は他人の気持ちがわかる人です。きれいな場所は誰もが気持ち良く感じます。本気で心を込め、身の回りの掃除ができる人になってほしいと思います。
 「礼を正す」とは、自分も相手も気持ち良くなるような「挨拶」「言葉づかい」「服装」に気遣うということです。このことができている人は、良好な人間関係が築ける人です。その人がいるだけで、その場が温かくなります。就職や進学に際して行われる試験において、ぜひ挨拶だけで合格がもらえる人、「すごい挨拶」ができる人になってほしいと思います。
 2年次生は学校の中心学年として、3年次生は卒業後の進路に向けた準備にシフトしながら、 川総で充実した生活を気持ちよく送ってください。
 最後に、臨時休業がしばらく 続きますが、このあと指示がある学習課題に真摯に取り組みながら、感染予防に努めてください。

校長あいさつ

                校 長 挨 拶

 

                                             埼玉県立川越総合高等学校

                                                       校長 服部 修

 

 実りと暮らしを学ぶ総合学科、川越総合高等学校のホームページを御覧いただき、ありがとうございます。

本校は、大正9年(1920年)4月に「県立蚕業学校」として創立され、「県立農蚕学校」、「県立川越農蚕学校」、と校名を変えながらも、当時の輸出産業の花形であった、生糸を生産する養蚕技術の振興・発展のため、大きな期待を受け重要な役割を担うとともに、その責任を果たしてまいりました。戦後の学制改革により、昭和23年(1948年)には「県立川越農業高等学校」として、広く農業教育を推進し、農業とその関連産業の育成・振興に大きく貢献してきました。そして、平成8年(1996年)には、時代の進展に対応した総合学科を設置し、校名を現在の「県立川越総合高等学校」に改め、「農業科目を主とした総合学科」として新たな道を歩みだし、今年で25年目、創立100周年の節目を迎えます。卒業生も1万9千有余人となり、まさに校訓に掲げられている「心理と正義を愛し、勤労と責任を重んじる」教育を実践し、社会に有為な人材を多方面に多数輩出してまいりました。

 本校の特長は、総合学科の特徴である、自分の興味・関心や将来の職業を考えて科目を選ぶという事を最大限に活かし、多くの選択科目を用意していることです。とりわけ、施設・設備を活かして農業科や家庭科、商業科の科目が多く用意され、命の大切さ、食の安全、環境の大切さなどを学ぶことができます。また、部活動やボランティア活動、地域での活動も活発に行われています。

 中学生の皆さん、かけがえのない高校生活を川越総合高等学校で送ってみませんか。

 地域の皆様、卒業生の皆様には、今後も本校への変わらぬご理解とご支援をお願い申し上げます。

 

     令和2年4月1日