講話 ・ 式辞

2014年3月の記事一覧

会議・研修  第3学期 終業式 あいさつ   〔 平成26年 3月 24日 〕

 皆さんおはようございます。
 先日、3年次生を送り出したばかりですが、早いものでもう終業式を迎えました。 土曜日には、東日本大震災復興チャリティーとして、ドキュメンタリー映画 「うたごころ」 の上映会が川越市市民会館で行われました。 当日の運営では、本校の生徒会を中心にボランティア活動を行ってくれました。 活動に参加した生徒のみなさん、お疲れ様でした。
 一年は早いもので、今日で一年間の教育活動が終わります。 皆さんにとっては、どんな一年でしたか。 目標を達成できたこと、失敗したこと、楽しかったこと、辛かったことなどをそれぞれ、この機会にじっくりと振り返り、次にどうするかを考えることが大切です。
 1年次生は、この一年ですっかり高校生らしくなりました。 皆勤の生徒が約80名おり、規律ある学校生活を送った生徒が多いと思います。これからはキャリアプランをベースに、それを具体化したり実行していってほしいと思います。
 2年次生は、文化祭をはじめ校内行事のすべての面で中核としての役割を努めてくれました。 残念ながら、中だるみをしてしまった生徒もいましたが、その人達は軌道修正をしてほしいと思います。 これからは、自分の進路実現に向けて、悔いのない生活を送って下さい。
 さて、皆さんは京都の大徳寺というお寺を知っていますか。 大仙院の石庭としても有名ですが、修学旅行等で行った人もいると思います。 この大仙院の玄関前には、「今こそ出発点」 として次のような言葉が掲示されています。
     人生とは毎日が訓練である
     わたくし自身の訓練の場である
     失敗もできる訓練の場である
     生きているを喜ぶ訓練の場である
     今この幸せを喜ぶこともなく いつどこで幸せになれるか この喜びをもとに全力で進めよう
     わたくし自身の将来は 今この瞬間ここにある 今ここで頑張らずにいつ頑張る
この言葉は、大徳寺大仙院住職の尾関宗園氏が話しをして、自分自身に課していることだそうです。
 学校も人生の訓練の有効な場です。 勉強を自分から進んで行うこと、仲間との人間関係を豊かにすること、体を鍛え心を健康に保つことなど、いずれも自分の将来の礎となるものです。 私たちは 「学び」 をとおして向上しようとする意欲を失ってはならないのです。 この意欲をなくせば、現代社会において自分が進むべき方向を見失ってしまいます。
 時間は皆さんを待ってはくれません。 何となくこの春休みを過ごすのではなく、一人ひとりがしっかりと一年間を反省し、自分なりの評価を出してみてください。 特に、今年度、悔いを残した人は、自分の考えに甘さはありませんでしたか。 是非、自分を厳しく見つめ直してください。
 明日からいよいよ春休みとなります。 何といってもまず、健康に留意して過ごしてくだい。 そして、新しい年度を迎えるための心の準備も忘れないでください。 全員揃って素晴らしい新学期のスタートが切れることを期待しています。