2021年5月の記事一覧

晴れのち曇り 関東高校バレー県予選に出場

5月7日(金)関東高校バレーボール大会の埼玉県予選に出場しました。

 初戦 埼玉平成高校と対戦。セットカウント0-2で敗れました。


 この大会は、関東高校バレーボール大会への出場をかけた県予選です。ここでも無観客であり、顧問から部員達まで健康観察記録の提出と入口での検温が課されています。集合から試合時間までが時間差で設定され、本校は第5試合。13時50分会場への入場、14時50分試合開始の予定でした。

 本庄総合公園体育館へは、最寄り駅から徒歩かタクシーとなるため移動を心配しましたが、保護者の皆様に車を出していただきスムーズに集合できました。無観客試合で保護者の皆様は入場できないため、送迎をしていただくだけでたいへん申し訳なく思います。

 登録メンバーをはじめ1年生まで全員が会場入りしました。大会の進行状況を見ながらウオーミングアップをし、コートの使用許可が出たらすぐに合同練習開始です。

 県大会の開催は、昨年度の選手権大会以来です。新人大会が中止になっていることを考えるとどのチームにとってもこの大会は事実上の新人大会です。本校の選手達はいつもどおり練習しているようですが、少し緊張しているようです。

合同練習の開始は午後3時過ぎ。 アップを済ませてからコートに入り、パス・対人・・・そしてスパイクです。

 予定より30分くらい遅れて試合が始まりました。

いよいよ試合が始まる。

 

  開始早々は、両チームとも落ち着いた立ち上がりでした。・・・ 序盤あたりからサーブのカットが乱れ、セッターのトスも少し短めになったことで、スパイクが決まりません。ブロックに捕まるようになってみんな浮き足立ってきました。

控えの選手が見守る。 2階席では1年生が揃いの部活Tシャツで応援する。

 後半からセッターが交代しました。セッターが変わることで攻撃のリズムを変えたいところですが、ホールディングをとられてからいつもの元気なプレーができなくなっていました。

こうして第1セットは、16-25で落としました。ゲーム内容で見れば自分たちのプレーが普段どおりできればもっと接戦になっていたと思います。  

 得意な攻撃も高いブロックにマークされる。

 

第2セット

 メンバーは第1セットと同じです。セット間にサーブカットとアウトジャッジをしっかりすることを確認して臨みました。このセットは立ち上がりから相手に走られ、リードされたところでセッター交代。経験の浅いセッターが今度はドリブルを取られてしまいました。 

 第2セット サーブカットとアウトジャッジを意識して臨む。  マークされてもしっかり打ち、しっかり守る。

  なんとか相手の流れを断ち切りたいところですが、サーブのカットがセッターに返らず思うような攻撃ができません。また二段トスからの攻撃も相手に返すようなスパイクになっていました。・・・ 終盤で3年生セッターが戻りましたが、追加点をあげられずにこのセットも落としました。

 3年生のレシーバーがナイスカットでセッターをバックアップ。 交代したセッターがトスを上げる。気持ちを切り替えてプレーしたい。 

 第2セット 10-25 セットカウント0-2で敗れました。

 実力を発揮することの難しさを痛感した試合となった。ゲームセットの挨拶。

 

 この大会に向けて限られた条件の下、部員達は学校練習・練習試合・地区予選とよく頑張ってきたと思います。実力を発揮して格上の埼玉平成高校と対戦したいと考えていましたが、実力を発揮する難しさをこの県大会の会場で みんなが感じたことと思います。この経験を忘れず、しっかり受け止めることから次へのステップにしたいと思います。

 保護者の皆様には、会場への移動などでご協力いただきありがとうございました。