2019年6月の記事一覧

晴れ 高校総体埼玉県予選会 1勝

6月18日(火)全国高校総合体育大会バレーボール競技埼玉県予選会 第1日
        本校は、1回戦 志木高校と対戦し勝利しました。

 高校総体県予選第1日は、行田市総合体育館を会場に行われました。
本校は、Gコートの第1試合で、志木高校との対戦となりました。
体育館が開場されてまもなく、第1試合のチームだけがコートを使った練習ができます。

 本校チームは、日頃の練習と同じように声を出してから準備体操、ストレッチ、ボールを使った練習を行いました。
この頃には2階の観客席はだいぶ埋まり、Gコートの正面には本校を応援する保護者の皆さんや日頃からお世話になっている方々が見えました。いつもの公式大会とは違った雰囲気でした。

10時 第1試合開始。

 1回戦で対戦する志木高校は、昨年度の選手権大会西部予選(昨年11月)で県大会出場をかけて戦い、本校チームが敗れた相手です。
そういうこともあり、第1セットの立ち上がりを意識して試合に臨みました。

第1セット 25-4
 このようなスコアになるとは思ってもいませんでした。
長いラリーになっても、根負けしないで戦えていました。本校の得意とする戦い方ができていたと思います。
この試合でもピンチサーバーが得意なサーブを決めました。
 
 第1試合のチームの練習 調子は良いようだ。 第1セット開始から自分たちのプレーができた。

第2セット 25-15
 前のセットが良かっただけに、このセットは接戦になる予感がしていました。
序盤にリードしたところで相手のサーブに崩されて追い上げられました。
ここで相手のサーブをアウトジャッジ、落ち着いてジャッジできたことは大きかったです。
 セッターのトスとスパイカーの息がやや合わず、練習の時みたいなスパイクが打てないこともありましたが、どうにかゲームを取りました。
 
 戦い方を確認してコートへ。ゲームセット。整列して挨拶をする。県大会での勝利

 Gコート第2試合 聖望学園高校 対 川越女子高校 この試合の勝者と2回戦で戦います。
私たちは観客席からこの試合をスカウティング、聖望学園高校と対戦することになりました。
 食事・休憩・ミーティング・そしてウォーミングアップをして第5試合を待ちました。

2回戦 聖望学園高校
 第1セット 15-25
 第2セット 23-25 セットカウント 0-2
 で敗れました。

 第1セットのはじめからスカウティングした情報を元に戦いました。
特に意識したのはレセプション(サーブのカット)でした。
意識はしたものの相手のサーブの勢いに押され思うようなカットが上がらず苦しい試合展開となりました。
それ以外はよくプレーしていましたが、得点差は埋まりませんでした。
 1年生リベロが粘り強くレシーブする。ベンチから声援を送る。 
 第2セット スタートのポジションを工夫して臨みました。
立ち上がりは本校ペースで進みリードしましたが、中盤に追いつかれそのまま2点差くらいで進行しました。

 終盤 20-22 になりました。
この点数は、普段の練習で取り組んでいる終盤の戦い方で設定しているスコアでした。
1本目のラリーでは、本校のエースがスパイクを決めて21-22、このままいけるかと思いました・・・。
 しかし相手の粘りに抑えられてゲームセットとなりました。よく頑張りましたが相手は強かったです。
 
 高いブロックにマークされても、日頃の練習どおりに対応したい。粘り強くあげてつなぐ。 
 私たちの試合が終わってすぐに、次の試合の審判をしました。
多くのチームでは3年生最後の試合となります。ラインズマン・スコアラー・記録員のそれぞれを3年生と2年生が担当しました。
そして他のチームと協力してコートの片付けまでしました。 
 最終ゲームが終わってコートの片付けまで行いました。

 県大会での1勝は本校チームにとって大きな勝利です。
チームのみんなで喜びを分かち合いました。

 多くの保護者の皆様、平日の大会にもかかわらず遠い会場にまで足を運び、応援をありがとうございました。
また生徒たちの会場への送迎までご協力いただき感謝申し上げます。
 日頃から本校バレー部の活動にご協力いただいている多くの皆様、いつもありがとうございます。大会でこういう結果をあげることができたことを一緒に喜びたいと思います。この大会が終わると、多くのチームは新チームとしての練習が始まります。本校チームも次を目指してスタートしたいと思います。これからも川総バレー部をよろしくお願いします。