2018年4月の記事一覧

雨 春季西部支部大会2回戦進出【女子バレー部】

4月21日(土)・22日(日) 埼玉県高校バレー春季大会 西部支部予選
 今年度最初の大会が行われました。
本校チームは2回戦へ進みましたが、残念ながら敗退し県大会出場は叶いませんでした。


21日(土)
 春季大会西部支部予選の初日、会場は志木高校体育館です。
この大会は、3回戦進出のベスト8以上のチームが県大会へ出場できます。

1回戦 豊岡高校
 第1セット 25-16
 第2セット 25-16 セットカウント 2-0で勝利しました。
センターから打つ。長身同士の戦い。
終了後の握手、練習試合でも対戦したことがあります。

 本校は、小さい選手が多くスパイカーも少ないです。一人ひとりが自分の役割をしっかり果たすことでなんとかゲームになります。
この試合も苦しいながら自分たちのリズムで試合を作ることができました。

2回戦 入間向陽高校
 第1セット 18-25
 第2セット 23-25 セットカウント 0-2で敗れました。 
リベロとして入った1年生 頑張れ。
 プレーを確認して。自分たちの戦い方を。
 相手のブロックとレシーブのポジショニング・・・。

 開始早々から両チームとも浮き足立っており、落ち着いたプレーができないまま進行。その雰囲気のままセットを落としました。
次のセットは落ち着いて、自分たちの戦い方をしたいところです。
・・・ それでも始まると、熱くなっている相手に対し強打してブロックされるなど、ますます相手のペースになっていました。

 タイムアウトを取って、戦い方を確認し仕切り直し。
徐々に得点差が縮まったもの相手のマッチポイント、22-24で2度目のタイムアウト。
次のラリーは気持ちがこもっていました。23-24。
 しかし次のラリーでミスが出てゲームセットとなりました。
セットが始まった時の1点、中盤での1点、そしてマッチポイントからの1点、どれも同じ1点であることに気付いて欲しいと思いました。

22日(日)
 大会2日目に進めなかったので学校で練習です。今日から全員で次の大会に向けた練習を始めました。

晴れのち曇り 春休みを終えていよいよ新学期スタート【女子バレー部】

 3月中は、基本練習とチーム練習をしっかり行い練習試合も行いました。

3月21日(水)春分の日 雪が舞う寒い日でした。
 昌平高校へ伺い、他県のチームと3校で練習試合を行いました。
25日(日) 飯能南高校へ伺い練習試合。昼食は学校の裏の河原でみんなでバーベキューをしました。
27日(火) 所沢北高校へ伺い練習試合。
29日(木) 本校にて6校合同でリーグ戦。埼玉栄高校、所沢西高校、飯能高校、飯能南高校、他県からも1校、そして本校の6校です。
31日(土) 川越第一中学校が来校し練習試合。

 そして4月1日(日) 岩槻高校が来校し練習試合。
体育館がワックスがけのため使えなかったので、相手校に伺って練習試合の連続。
まず3日(火)に川越西高校、4日(水)に坂戸高校、6日(金)に所沢高校。

 ワックスが乾いて練習再開が7日(土)、この日は川越第一中学校と毛呂山中学校が来校し練習試合。
春休み最後の練習試合が、8日(日)の小川高校でした。

 いつも感じることですが、長期の休み中は部活動に集中できるので、誰もプレーが上達します。上達のスピードは日常の練習以上だと思います。ところが次の学期が始まると急にペースダウンしプレーの内容まで元に戻ってしまうように感じます。
 春休みにつかんだプレーのポイントを、しっかり身につけるためにも、今の練習がとても大切だと思います。

 9日に始業式、そして入学式が行われました。すでに数名の新入生が春休み中から練習に参加したり見学に来ており、これからが楽しみです。

 15日(日)は、埼玉栄高校に伺い練習試合。これが大会前最後の練習試合です。

 バレー部の1年間のなかで、最も充実する時期はこれからの2ヶ月間ではないかと思います。
最後の大会が見えてきた3年生の真剣な表情、頼もしくなった2年生。フレッシュでこれからの川総バレー部を背負っていく1年生。この部員達全員が一緒に活動できるこの期間を大切にして欲しいと思います。

 今日は、埼玉県春季高校バレー大会西部支部予選の代表者会議(抽選会)。そして21日(土)・22日(日)が大会です。