2017年6月の記事一覧

晴れ インターハイ県予選 ベスト32

6月20日(火) 学総兼全国高校総体バレーボール大会 埼玉県予選

 本校は本庄総合公園体育館(シルクドーム)を会場に行われた県予選に出場、1回戦に勝利してベスト32となりました。

1回戦 山村学園高校

 1回戦は、本校と同じ川越市にある高校が対戦相手でした。
Lコートの第4試合ということで、ウォーミングアップやスカウティングをして準備をしていました。

 第1セット 25-7
 第2セット 25-19 セットカウント 2-0で勝利しました。
  
 1回戦 山村学園高校

 第1セットの立ち上がりは、日頃練習している連続ラリーをそのまま実行している感じでした。
自分たちのミスがほとんどない状態でゲームが進み、とても良いスタートでした。
 3年生中心のチームに2年生、さらに1年生がレギュラーとして入り、チームとしてしっかりまとまっていました。
 
 表のレフトがスパイク 裏のレフトがスパイク 頑張れ1年生
 
 第2セットは、徐々にリードを許し10-13のスコアーで給水のテクニカルタイムアウトを迎えました。
このタイムアウトでは、自分たちで声を掛け合い、そこから一気にペースが上がりゲームを決めました。
 タイムアウト中 また給水のテクニカルタイムアウト中

2回戦 小川高校

 同じコートの第3試合で小川高校が2回戦進出を決めたのを見て、ぜひ本校も初戦を突破したいと思いました。

 小川高校とは練習試合をしたことがありますが、支部が違うので支部の予選では対戦しません。いよいよ公式大会での初対戦となりました。
ユニフォームを替え、合同練習・公式練習とも気持ちの入った練習をし、いよいよ試合開始です。
 2回戦 小川高校 試合終盤にエースが打つ。

 第1セット 10-25
 第2セット  8-25 セットカウント 0-2で敗れました。

 第1セットから、本校チームの動きは良かったです。それでも相手のサーブに崩され思うような試合運びができませんでした。
長いラリーになっても、相手のミスが少なく隙がありません。少し前だったらうちのチームは根負けしていたと思いますが、強い気持ちでしっかりプレーできました。
 スコアだけ見るとワンサイドゲームですが、内容としては実力を発揮し力一杯戦うことができました。
最後は、レフトのエースが打ったスパイクを見事にブロックされ、床に飛んだボールが大きくバウンドしてゲームセットとなりました。
 試合を終えて
 ミーティング後にみんなで記念撮影をしました。
シルクドームのこの階段で、この黄色い旗を広げて写真を撮るのは二年振りでした。
当時1年生だった部員が3年生となり、同じポーズをしている姿を見て、この県予選に出場でき、しっかりプレーできたことを嬉しく思いました。

 保護者の皆様には、平日にもかかわらず大会会場への移動などご協力いただきありがとうございました。
また応援をありがとうございました。部員達は、日頃の練習の成果を発揮しとても良い試合になりました。
これからも川総女子バレー部として頑張っていきたいと思います。

晴れのち曇り 合同練習と練習試合

6月10日(土)
 本校に日高市立高萩中学校のバレー部のみなさんが来校し、合同練習と練習試合を行いました。本校チームには高萩中の卒業生がおり、後輩に頑張っている姿を見せる良い機会となりました。

6月11日(日)
 小川高校に伺い4校合同の練習試合を行いました。
しばらく前から小川高校とは練習試合を予定していましたが、先日の抽選会で20日のインターハイ県予選ではトーナメント表の同じ山に入ることになりました。そこで両チームは、1・2年生のチームでの対戦としました。
 また他の2校とは4セットずつ対戦しました。
メンバーと戦い方がだんだん固まってきた感じがします。

 先日のインターハイ西部予選のフォーメーションを、少し改善してこの練習試合に臨みました。
立ち上がりの1セット目は、お見合いしてボールを落とすシーンが見られましたが、その後はメンバーのコミュニケーションもとれるようになり、良くできたと思います。また相手チームの先生から、ワンポイントで技術面のアドバイスをいただいたり、実際にボールを出しながら指導をしていただきました。ありがとうございました。

晴れ 全国高校総体西部予選 県大会出場へ

6月1日(木) 学校総合体育大会兼全国高校総合体育大会西部支部予選 県大会への出場 を決めました。

 前回の関東高校バレー県予選の結果をもとに、西部支部からは県シード校7校・地区推薦校6校がこの予選を経ずに全国高校総体の県予選へ出場します。

 今日の予選では、29校が8校の出場枠をかけて対戦します。本校は第3シードとなりました。第1シードから第3シードまでのチームは、1回戦で勝ち上がってきたチームと対戦し、そこに勝てば県大会出場が決まります。

 本校は、坂戸ろう学校と対戦しました。

 第1セット 25-12
 第2セット 25-
 5  セットカウント 2-0で勝利しました。
 
合同練習から気持ちが入っていました。

 第1セットは、ややぎこちないプレーもありましたが徐々に調子が上がっていました。
この大会では、2・3年生に加え1年生もスターティングメンバーとしてコートに入りました。
4月から2ヶ月間、練習や練習試合をしてきた中で組んできたメンバーです。
 また練習試合どおりメンバーチェンジも行い、チームのみんなでしっかり役割を意識して臨むことができました。
  
いよいよ第1セット 笑顔でメンバーを送り出す。
 ポジションのチェックを受けて開始。

 第2セット スタートからミスが少なくプレーできているものの、リズムは今ひとつという感じでした。
  
第1セットも第2セットも、日頃から練習してきたプレーをしたい。
 この大会では熱中症予防として、各セット13ポイントとなったところで、30秒間水分補給の時間を取ります。
水分補給の時間は、タイムアウトではないので選手にアドバイスすることはできません。
スタッフはしっかり席について黙ってみんなを見守りました。
 
給水タイム中、スタッフは着席。みんな良い姿勢ですね。
  
 メンバーチェンジしてピンチサーバー登場。
 みんなの応援をもらってナイスサーブを打つ。

 2セット目の中盤、ピンチサーバーとしてメンバーチェンジ、このポジションで得点を重ねました。
メンバーチェンジで入ったプレーヤーがしっかりサーブを打つ・・・。ベンチの選手もみんな大きな声で応援しサーブを後押ししていました。

 この試合に勝利し県大会へ出場できることになりました。県大会までの期間は短いですが、さらにレベルアップして臨みたいです。
特に1年生・2年生は、3年生と一緒に練習できる時間を大切にして欲しいと思います。

 平日でお忙しいなか応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。
県大会に向けてさらに頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


 6月2日から4日まで

 関東高校バレー大会(埼玉大会)が行われました。
本校のバレー部は補助スタッフとして大会に関わることができました。開会式では、出場チームのプラカードを掲げる役を担当させていただきました。大きな大会に出場するチームを間近に見て、いろいろ感じたことがあったと思います。
   
        緊張しながらも良い経験ができました。