2016年11月の記事一覧

晴れのち曇り 選手権大会県予選 第1シードとの対戦

11月13日(日) 全日本バレーボール高校選手権大会埼玉県予選

 さいたま市記念総合体育館 Dコートの第1試合で、第1シード校である川越市立川越高校と対戦しました。

 第1セット 7-25
 第2セット 5-25 セットカウント 0-2で敗れました。

 県大会の抽選会で市立川越との対戦が決まってから、生徒たちは気後れすることなく練習に取り組み、この日を迎えました。
本校チームにとってはどのチームと対戦しても格上の相手ですが、今回のように第1シードとの対戦は経験ありません。
 ネットをはさんだ相手がどのようなプレーをするのか、自分たちはどれだけ普段のプレーができるか、またそれが通用するのか ・・・・・ 生徒はいろいろな気持ちを持ってコートに立ったと思います。 
第1試合チームの合同練習。
試合後の記念撮影。
第1セット
 立ち上がりは失点するものの自分たちのプレーをしようとしているのが分かりました。でもそこからどんどん得点差が開き、自分たちのプレーをさせてもらえませんでした。やっと返したボールがぎりぎりライン際に落ちるといったラッキーなポイントもあり7点取りました。
 相手のサーブはしっかりコントロールされ、レシーバーの間や前を狙っています。サーブでこんなに崩されたことはなかったと思いました。

そして第2セット
 気持ちを切り替えて臨みました。しかし相手のサーブは今まで経験したことがないくらいの威力のあるものでした。
コースや回転など素晴らしく、何本も連続で決まりました。このまま第2セットがとられてしまうのではないかと思うくらいのサーブでした。
 一本だったらすごいサーブが打てるかもしれませんが、それをミスなく何本も打ち続けられることに驚きました。
このセット、5点を取るのが精一杯でした。

 本校チームとして、また1人のプレーヤーとして、高校バレーの最高レベルのプレーに触れることができ、きっと衝撃を受けたことでしょう。こういう機会を経験できたことはきっとこれからの部活動・高校生活、さらには将来に生きてくるものと思います。

 周りから見れば、私たちはシード校に当たった弱いチームだったと思います。しかし私たちにとっては、貴重な経験をさせてもらえた県大会でした。

 保護者の皆様には、会場移動へのご協力や応援をいただきありがとうございました。
部員数が少ないながらみんな頑張っていますので、これからもご理解とご協力をお願いいたします。

晴れ 新チームでの公式戦 県大会の出場権を得ました。

10月29日(土)・30日(日)
 全日本バレーボール高校選手権大会西部支部予選が行われました。
第8シードとして出場した本校チームは、県大会への出場権を得ることができました。


 10月29日(土) 川越西高校を会場に選手権大会西部支部予選(第1日)が行われました。

 本校は、3年生が残してくれた第8シードという位置で大会に臨みました。

1回戦 坂戸高校
第1セット 27-25
第2セット 25-11   2-0で勝利しました。

 第1セットは、リードしたりされたりしながらゲームが進み、デュースに。
ここからの頑張りで、ぎりぎりセットを取りました。このセットを落としていたら結果はどうなっていたか分からなかったと思います。
 第2セットは、中盤でサーブによる連続のポイントがあり、10点くらいのリードを保ったままゲームを取ることができました。
1セット目を競り勝ったことがポイントでした。

2回戦 川越西高校
第1セット 25-11
第2セット 25-20   2-0で勝利しました。

 第1セットは、両チームともラリーが続き、ラリーの末に本校チームがポイントを取ることが多かったです。
1回戦とは違うプレーヤーがサーブで相手を崩すなど、良いプレーができていました。
細かい点では、いろいろ気になる部分はありましたが、日頃のプレーができていたと思います。

 2回戦を突破したことでベスト8が決定です。

 10月30日(日)

 
西部支部予選の第2日 川越南高校が会場です。

 3回戦 聖望学園高校
第1シードの聖望学園高校との対戦でした。
第1セット 16-25
第2セット  7-25   0-2で敗れました。

 サーブで崩され、高いブロック・・・。正確なレシーブから、高く力強いスパイク。
強い相手に対して、思い切ってぶつかっていければ良いと思っていました。
弱気になりそうなところでも気持ちを入れて試合に臨むことができました。

 この試合に敗れたことで、代表決定戦へ進みます。
ベスト4に敗れた4チームのうちから3チームが、勝ち抜けで県大会の出場権を得ることになります。

 代表決定戦 入間向陽高校
第1セット 25-20
第2セット 12-25
第3セット 25-22  フルセットの末、2-1で勝利しました。県大会出場です

 入間向陽高校とは、公式戦でフルセットの戦いをしたり、練習試合に行ったり来てもらったりしているだけに、とても気合いの入るカードとなりました。
第1セットは点差が開かないままゲームが進み、わずかなリードを保ったままセットを取りました。
第2セットは、相手ペースの時間が長く、簡単にセットを失いました。
 そして迎えた第3セット。なんとなくフルセットのゲームになる予感がしていました。
両チームとも譲らずに得点が進み、20点を過ぎたあたりから一進一退の攻防でした。
 ゲームセットの瞬間、部員たちは大きな歓声を上げて喜んでいました。
整列したところで、役員の先生から5位の賞状をいただきました。

  
少ない部員でよく頑張りました。

 3年生引退直後のチーム事情を振り返ると信じられないくらいです。
少ない部員で練習してきた生徒たちは、いろいろ悩んだりみんなで相談してこの日を迎えました。
今回の結果がきっと大きな自信となることと思います。
 県大会まで2週間。さらに笑顔で頑張りましょう。

 お忙しい中、応援して下さった保護者の皆様、ありがとうございました。
また県大会に向けて練習していきますので、ご協力お願いいたします。