2015年6月の記事一覧

星 新川総バレー部スタート

 
3年生と一緒だったとき
 1・2年生の新バレー部
 県予選会が終わり、3年生が引退しました。そして今は、2年生を中心に1年生と14名での練習が始まりました。今年も、2年生が日替わりで一日部長をしながら練習に取り組んでいます。20名から14名に部員が減っても声の大きさはそれほど変わらず元気です。
 今までのチームは3年生が中心だったので、現在は基本的なプレーや身体の使い方の練習を行っており、チーム練習ができるようになるにはまだずいぶん時間がかかりそうです。
3年生が作ってくれた新しい伝統を引き継げるように頑張ってほしいです。

晴れ 学総兼全国高校総体バレー大会県予選 あと一歩

6月16日
 学総兼全国高校総体バレー大会県予選 会場は本庄総合公園体育館です。
1回戦 浦和南高校
 第1セット 25-20
 第2セット 25-13  セットカウント2-0で勝利しました。

 第1セットは、相手のサーブに振り回された感じでゲームが進み、終盤になってからは本校からのジャンプサーブで引き離しセットをとりました。第2セットはしっかりサーブが打てていたので、序盤から本校のペースでゲームが進行しました。相手のサーブで崩されても守る位置の工夫で対応できていました。
 このゲームはサーブをしっかり打ちサーブカットをしっかりあげられれば、もっと良いゲームができたと思います。

2回戦 越谷南高校 
 第1セット 14-25
 第2セット 25-23
 第3セット 17-25 残念ながらセットカウント1-2で敗れました。
この試合に勝てていればベスト16でした。

 このゲームも、サーブとサーブカットがポイントでした。
第1セットは、相手のサーブに翻弄され、うちのチームの持ち味が出せないままとられてしまいました。第2セットからは本校のいつもの攻撃が出るようになりリードしましたが、徐々に追い上げられ・・・接戦の末、セットをとりました。
 ここまでの試合の流れをみてみると互角の戦いだったと思いますが、第3セットになると相手のサーブの威力が戻り、じわりじわりと差が開き、最後は食い下がったものの届きませんでした。
 試合後、応援に来て下さった保護者のみなさんに挨拶しました。このときには悔し涙を流す三年生の姿がありました。

 この大会のために三年生の保護者の方々が手作りで横断幕を作って下さいました。本校チームにふさわしいメッセージの横断幕、ありがとうございました。
試合後、この横断幕を掲げてみんなで記念撮影をしました。

曇り 直前の練習試合 13日と14日

6月15日
 いよいよ明日、学総兼全国高校総体バレーボール大会の県予選会です。本校チームは本庄総合公園体育館で試合に臨みます。この大会に向けて最後の練習試合を行いました。

13日(土)
 聖望学園高校にて、ふじみ野高校とともに3校で行いました。聖望学園高校とはこの数年で3回ほど公式大会で対戦していますが練習試合をするのは初めてでした。昼食をはさんで一日行えたので各校で4セットずつ対戦しました。この3校はともに西部支部の高校で今度の県予選会に出場するチームなので、モチベーションはどこも高かったです。
14日(日)
 松山女子高校・深谷高校、そして本校の3校で練習試合を行いました。この日のチームも今度の県予選会に出場します。
 練習試合で松山女子高校に伺うのは昨年の選手権大会の前以来です。深谷高校は北部支部の高校で初めての対戦となりました。昨日と同様に2セットずつ行って昼食、その後さらに2セットずつ、計8セット対戦しました。

 全日の練習試合を二日連続で行い、それもやや遠い高校を会場としたので、まるで長期休業中・合宿中みたいな感じで練習できました。
 きっとどこの出場校も大会でのプレーをイメージしながら最後の練習をしていることでしょう。本校チームは、いつもの良いプレーが1セット目の立ち上がりからできるように調整して臨みたいと思います。 

晴れのち曇り 6月の朝礼にて

6月1日
 月初めの生徒朝礼で、校長先生のお話の中で女子バレー部の県大会での活躍を紹介していただきました。さらに先月の西部支部春季大会で5位となり賞状をいただいていたので、校長先生から渡していただきました。
 中央の部長が賞状をいただいてみんなで礼、さらに生徒の方を向いて礼をし拍手をもらいました。日頃このような場に上がったことがないものだから、みんな緊張気味です。・・・終わってステージを降りようとしたときはいつもの笑顔に戻ってました。
この写真は終わってステージを降りようとしたところです。

 クラスメイトの多くは、バレー部に所属している友達がどのような練習をしているのか、またどのくらい頑張っているのかは知らないでしょう。こういう機会に紹介してもらえるのは部員にとってもうれしかったと思います。