2014年4月の記事一覧

お知らせ 新入部員を迎えて


 今年も、部活動公開などを行い、部活動一斉ミーティングの日(18日)を迎えました。このミーティングまでに入る部を決めて入部届を提出するというものです。
 放課後の練習を見に来たり練習に参加した新入生が8名、そのうち6名が入部をしました。
このミーティングの翌日が大会だったので、バレー部のミーティングは翌週にしました。

 翌週のミーティングは、新入生と2・3年生が挨拶を交わしすぐに練習が始まりました。全員が中学校でもバレーボール部に所属していたので、挨拶などのマナーもきちんと身についていて心強いです。
 1年生がコートに入ることで、2・3年生が急に成長したように感じました。こうして後輩ができることで、一層自覚と責任感を持って部活動に励んでくれることを期待します。1年生も早く部活の生活に慣れて頑張ってください。

 次の大会までに1ヶ月と少しの期間がありますが、中間考査が入ったり体育館の工事で使えない日があったりと、十分な練習ができない心配があります。それでも意欲的に取り組んでいきましょう。

 5月10日(土)は、春季大会西部予選で勝ち進んだチームが県大会に出場します。私たちのチームは県大会の雰囲気すら知らないので、この日は県大会の見学を予定しています。この見学によりさらに頑張ろうという機会になればうれしいです。

1年生もコートへ
     1年生が相手コートへ入って、サーブカットからの攻撃の練習をしました。

晴れ 埼玉県春季高校バレー大会 西部予選


4月19日(土)20日(日)
 埼玉県春季高校バレーボール大会西部支部予選が行われました。
この大会では、新人戦での結果から3校が県シード校となり、そのまま県大会へ行きます。
それに続く8校がこの大会でのシードとなり、過日抽選が行われました。
トーナメントの8つの山から7校が県大会へ出場できます。2勝して、二日目の大会に進み、さらに1勝以上すれば県大会への切符がもらえるのです。

 さて川総チームの結果です。
 
1回戦 聖望学園高校
 昨年は、学総兼高校総体予選(5月)で対戦し、セットカウント0-2で敗れた経験があります。
今回の川総チームの生徒たちは、昨年のことは全く意識していないようでした。自分たちのプレーが出せるようにウォーミングアップから気持ちが乗っていました。
 第1セット 25-22
 第2セット 25-17   セットカウント 2-0 で勝利しました。
よく動き、実力を十分に発揮できたと思います。

2回戦 所沢北高校
 所沢北高校は、目標としてきた高校の一つです。常にお互いが指示を出し合いながらムードを高め、ミスがほとんどなく、ラリーになっても根負けしないお手本のようなチームです。うちのチームが目指す方向性としては、所沢北高校みたいなチームになりたいと思ってました。
さて対戦結果は、
 
 第1セット 12-25
 第2セット 18-25  セットカウント 0-2
日頃の練習や練習試合での良い部分がたくさん出ていましたが敗れました。
生徒は、満足そうな表情をしていましたが気持ちの中では悔しさもいっぱいあったことでしょう。また大会で2勝するためには、今のレベルからもう一段上がらなければならないことを実感したことと思います。
 いつもの練習をこれからも頑張ることで、さらに自分たちのレベルを上げられるという自信も持てたので、次は2勝を目標にしたいです。

 今回の大会にも多くの保護者の方が応援に来て、声援を送って下さいました。
「日頃から応援いただきありがとうございます。これからもよろしくお願いします。」

晴れのち曇り 新入生歓迎会 部活動説明


部活動説明でのパス

 4月11日 新入生歓迎会のなかで部活動紹介のコーナーがありました。
それぞれの部が日頃の活動内容や大会の実績などを紹介し、入部を呼びかけます。私たち女子バレー部は、部長がマイクを持って説明し、入部希望者にメッセージを送りました。
 他の部員は、ユニホーム姿で対人でのレシーブをしたり部活トレーナーの紹介をしました。
一緒にバレーボールを頑張れる新入生の入部を待ってます。

晴れ 春休み 後半の練習

4月4日(金) 新座柳瀬高校との練習試合

 昨年度も春休みに練習試合をお願いしている新座柳瀬高校。
さらに12月に練習試合をし、2月の新人戦では順位決定戦で対戦するくらい縁がある高校です。
 試合経験があるだけに、相手チームの選手がどれだけ上達しチーム力が上がったか。またうちのチーム全体として、個々のプレーヤーとして上達した点や課題を確認する機会となりました。
生徒もゲーム前の合同練習の中で、いろいろなことを感じたと思います。
 さてゲームのほうは、1セット目の最初、立ち上がりはとても良かったと思います。立ち上がりが課題だったので良かったです。その後もラリーが続き、競り合うシーンが多かったです。
 チーム全体としては、この春休み中の練習試合で課題を確認しては、練習で修正し、また練習試合というパターンで進めてきたので、だいぶ成長したと思います。
 春休みが終了すると、あっという間に春季大会(4月19日 20日)です。
この間に新入生を迎えたり、新学期で落ち着かない日々が続くと思いますが、持てる力を十分に発揮できるよう気持ちを高めていきましょう。

晴れ 春休み 前半の練習


 春休みに向けて練習試合を行いました。

 最初は、3月21日(春分の日) 川越初雁高校を会場に行いました。
川越初雁高校・川越西高校・本校の3校です。それぞれの高校間で4セットずつ行いました。
 川越初雁高校は今年度県大会出場の実績があり、格上のチームです。
一人ひとりの技術や運動量、戦術の理解がうちのチームより勝っており、歯が立ちませんでした。こういうチームとの練習試合を通して、日頃の練習を見直す機会としたいものです。
 川越西高校とは、たびたび練習試合をしているのでお互いに手の内が分かっているように思います。今回はスターティングメンバーを変えるなどチーム編成を考えるよい機会となりました。

 3月27日(木) 卒業した3年生5名全員が参加してくれて、練習の後半は紅白戦を行いました。明日の練習試合に向けてよい練習ができました。
練習後は、3年生一人ひとりからアドバイスをもらいました。

 3月28日(金) 本校を会場に3校合同の練習試合を行いました。
対戦した相手は、坂戸高校と朝霞高校です。それぞれの高校間で4セットずつ行いました。
両チームとも、県大会出場レベルのチームであり、本校としてはぜひ練習試合をお願いしたいと思っていたチームです。
 対戦の内容は、セットを重ねるごとに良くなったと思います。
どちらもしっかりとしたチームでありこういう練習試合を通して、プレイだけでなくいろいろなことを吸収してほしいです。
 
 3月30日(日) 飯能南高校を会場に3校合同の練習試合を行いました。
会場校の都合もあり、飯能南高校と3セット、川越西高校と2セット対戦しました。
飯能南高校は、今まで対戦したチームとはスタイルが違うチームであり、勝負にならない感じすらしました。それでもレシーブできたりラリーが続くなど本校のチーム力もあがってきた感じがしました。課題はいろいろありましたが、明日につながる練習試合ができました。

 春休みの後半は、新座柳瀬高校との練習試合が待ってます。