2019年2月の記事一覧

高校野球

こんにちは。

 

最近、高校野球に限らず、スポーツ指導者の在り方やスポーツに対する向き合い方を考えることが増えました。

 

時代の流れや環境も変わり、指導者として、教員としても伝えたいことがあります。野球人として教えたいこともあります。しかし、その中で時流にのる、一歩先をゆくことが必要な気がします。

 

私自身も、歳を重ね、たくさんの人に出会い、文化に触れ、新しいことに挑戦したりと経験も増えてきました。

 

その中で、高校野球=坊主はどうなのかなぁと考えるようになりました。本校野球部は、坊主が決まりではないのですが、ここ数年全員坊主でした。

 

「坊主はやめよう」と思い、

中田部長に相談したところ、

「せっかくだから、選手や保護者がどう思っているか聞きましょう」

と言われ、選手・マネジャー・保護者に

「野球部の坊主について」でレポートを書いてもらいました。

 

涙がでました。胸が熱くなりました。

「高校野球坊主」で生徒たちが、真剣に考えて、自分の想いや意見を書けるとは思いませんでした。保護者からも貴重な意見をいただけました。

 

(生徒のレポート一部抜粋)

・坊主が嫌で野球をやめてしまう子を一人でも減らしたい。

・バリカンしている姿とバリカンの音が好き

・坊主だと知らない人や周りの人が声を掛けてくれる。

・坊主が楽

・野球人口が増えるのであれば、高校野球=坊主でなくて良いと思う。

・町を歩いていても坊主を見ると親近感がわく。

 

生徒の小中学の仲間でも、高校野球は坊主だから嫌だということがあったそうです。ただ、今高校野球に携わっている多くの者は、坊主のほうがいいということもわかりました。

 

正直、私は生徒たちが髪を伸ばしたいのかと思っていました。今回、1つのテーマを生徒、保護者、指導者で考え、意見を出し合い、共有できたことは良かったと思います。

 

ミーティングでは、今回のことについて感謝を伝えました。そして、高校生では難しいかもしれませんが、当たり前のことを疑うことも必要ということを伝えました。

 

今回、曖昧だったことが再確認できました。

本校野球部は、校則の範囲内での髪型

で活動を続けていきます。

 

やっぱり高校野球っていいなぁ~。