日誌

ダイコン炊き出し会

 12月19日(水)2・3時限に第3年次学年行事としてダイコン炊き出し会を開催しました。

 本行事は、2年次生生徒会・FFJ本部役員の生徒が企画・立案・運営を行いました。

 代表の生徒(川越市立城南中)は昨年度、総合実習において食味試験と称して学校で採れたダイコン、お米を食べる経験を通して「食」について考えるようになりました。FFJの意見発表会の内容にも実践として行事を企画したいと意見を述べていました。

「9月の休日にダイコンの種を播きに名細農場に行ってから3カ月。うまく育たなければ企画自体ができなくなる状況でしたが、修学旅行前の時点で順調に育っていたので実施する運びとなりました。担当の先生も初めての試みだったので上手にできるか不安でしたが、3年次の先輩や先生方が温かく見守ってくださったので無事終えることができました。ありがとうございました。絶対来年も何か行事を私たちの手で企画・運営をしたいです。」と話していました。