日誌

校内授業公開ウィーク2

今日も授業の様子をお伝えします。

総合学科棟3階の第1情報処理室では、1年4組が必履修科目「社会と情報」の授業を受けていました。「情報モラルと社会のルール」という単元の「著作権」について学んでいます。知的創造活動を行う上で押さえていなければいけないことを、生徒全員が学習します。  

 

管理棟1階の第1調理室では、「調理(3年次生)」の授業でタコライスを作っていました。修学旅行が中止となり、訪問する予定だった沖縄の現地食を教材にして実習を行っています。栄養士や調理師を目指す生徒が受講しているため、栄養計算に基づきヘルシーな料理に仕上げました。

 

 

HR棟3階の教室では、2年次生の必履修科目「化学基礎(化学基礎または生物基礎のいずれかを選択)」の授業で、高分子化合物について学習していました。分子の結びつきを分子モデルで再現することでミクロの世界を体感することができ、「なるほどぉ~」、「そうだったのか!」といった声が受講生から挙がっていました。

 

 

同じフロアの別教室では、2年次生の必履修科目「保健2」の授業で、ユニバーサルデザインについて学習していました。身近なものの中には、この考え方に基づき誰もがわかりやすく使いやすいよう工夫されている商品がたくさんあることを学びました。

 

 

HR棟2階の教室では、「ビジネス実務(3年次生)」の授業で、オフィス実務や会計の基礎を学んでいます。珠算電卓実務検定3級(公益財団法人全国商業高等学校協会主催)を受講生全員が受検する予定で、電卓を片手に集中して演習問題に取り組んでいました。

 

 

期末考査まであと2週間。高校総体の県予選やFFJの県大会と重なり、公欠生徒が多い一日でした。