農場 日記

晴れ 水管理①

 水田は常に水を溜めておくイメージがありますが、時期によって入れる量が
異なります絵文字:笑顔
 田植え直後は活着を促進するために5㎝程度の深水で管理します。
 活着後は、分げつ(前回の日記を参照)を促進するために2~4㎝程度の
浅水で管理します。このとき、田面から土が見えるとそこから雑草が生えて
くるので要注意です絵文字:困った 冷汗
 分げつ数がある程度確保できたら、なんと一気に水を抜いてしまいます。
 この作業を中干しといいます絵文字:笑顔
 水田は常に水を溜めた状態にしておくとやがて、根の周りの用土が酸素不足と
化学反応などで有害物質(ガス)が発生します。このガスを抜かないと根が健全
に成長することができなくなり、倒れやすいイネになって後の収量に大きく影響
が出てきます絵文字:ちょっと濃い
 これを防ぐために水田の水を抜いてガスを放出させます絵文字:重要絵文字:重要
 ガスが抜けたか分かるように、田面がひび割れる状態になるまで行います。
 ちなみに中干し時期は裸足にならなくても普通に水田に入れます絵文字:笑顔


     
           中干し中です絵文字:笑顔                ひび割れるまで行います絵文字:ちょっと濃い
  
         
              このとおり靴で水田に入れます絵文字:笑顔