農場 日記

晴れ 咲き始めました!

 10月4日以来、ご無沙汰していましたが、パンジーは、
急な温度変化や2度の台風襲来にも負けること無く、屋外で
順調に成長しています絵文字:笑顔
 今回はその姿をUPします絵文字:重要
 
 先週までは花芽(花の基)が成長して花が咲き始めてい
たのですが、10月中旬に咲いてしまうと茎や葉など植物体
を大きくする栄養成長が停滞してボリューム感のないパンジー
になってしまうので、かわいそうなのですが花はまだお預けで
蕾の状態で摘んでいました。
 小学校に配る頃には満開になっているので、乞うご期待絵文字:お知らせ
 
 
        
        立派に大きくなっているでしょ絵文字:笑顔         スカーレット、ブルー、イエローきれいでしょ絵文字:笑顔
 
 
 ちなみに花が咲いて実をつけ最終的に種を作る成長を
生殖成長といいます。種は次のシーズンで芽を出し成長
していく、この繰り返しです。川総ではこの植物のライフ
サイクルに対して適切な処置が出来る技術が学べます。
 この日記を読んでる中学生は即戦力間違いなしです絵文字:ひらめき
 
 待ってるよ絵文字:ちょっと濃い
 
 
 では、前回のパンジークイズの答えです。
 ビオラはパンジーの兄貴分にあたります絵文字:重要 
 野生種(原種)の花は基本的に小さい花を咲かせます。
 それを人間が改良して大きな花にしてきました。
 パンジーはビオラを改良して誕生した花なのです。この改良
作業を育種と言います。ちなみに改良した花は人間が管理し
ないとキレイに咲きません。これらの植物は園芸種と言います。
 
 野生種、園芸種どちらが好みか分かれますが、それは皆さんの
好み次第です。
 では、今回はこの辺で絵文字:重要