農場 日記

晴れ 水管理②

 中干し後は、再び水を入れます絵文字:重要絵文字:重要
 この時期から生殖成長期に入ります。
 この時期は穂の発育(幼穂発育期)のために、水を入れて深水状態にして、
水がなくなったら再び入れる水管理を行います。この方法を、間断かんがい
いいます絵文字:笑顔
 本校も行っていますといいたいのですが絵文字:重要今年は例年以上の猛暑日が続き、
間断かんがいを行うと水温が一定にならずその結果、米の品質が下がってし
まう恐れがあるので、協議した結果、かけ流しかん水を行うことにしました。
 水田があふれないように水を出す量を常に一定にし、余分な水をかけ流す
方法です絵文字:笑顔
 何故、水温を一定にしておかなくてはならないのかですが、水田の水は地温を
一定にする役割をしています。ちなみに冷夏のときは地温を上げるために水を
溜めて地温を上げます絵文字:笑顔
 今年の猛暑の場合、地温が高くなるので水温は低く一定にして地温の上昇を
抑えないと良質な米になりません絵文字:絶望よって、かけ流しを行います。
 基本的な栽培マニュアルは必要ですが、栽培には植物と会話するつもりで観察し、
その場に対する臨機応変さも必要です絵文字:良くできました OK
 もっと詳しいことが知りたくなった中学生の君絵文字:重要本校に入学して共に学びましょう。
 
              
                       暑さに負けず元気に育ってね絵文字:笑顔