講話 ・ 式辞

震災から10年 今私たちにできること

生徒の皆さんへ

令和3年3月1日

 

震災から10年 今私たちにできること

 

 令和3年度入試のため臨時休業中の生徒の皆さん、どのようにお過ごしでしょうか?

 これまで新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力いただき、本校では感染拡大により痛手を被ることなどなく教育活動を進めることができました。1・2年次生の学年末考査が終わり、3年次生の登校も卒業式の予行と本番を残すのみとなりました。この場をお借りして、あらためて感謝の気持ちをお伝えします。

 さて、2011年3月11日に起きた「東日本大震災」から10年がたとうとしています。関連死を含め2万2千人以上が犠牲になった被災地では、土地の造成や住宅建設などハード面の整備がほぼ完了しました。しかしながら、コミュニティーの再生や被災者の心のケアなど、課題は今なお山積しています。特に、東京電力福島第1原発事故で放射能に汚染された福島県では、住民の帰還が思うように進んでいません。約3万7千人がいまだに避難生活を続けています。そうした被災地への人々の関心は、かつてと比べ薄れてきているように感じられます。しかも、昨年からは新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、他の問題は陰に隠れがちです。本校でも、震災直後から9年間続けてきたボランティア活動を、今年は止む無く中断しています。このまま震災の記憶の風化が加速してしまうのではないか?そんな危機感を個人的に持っています。

 内閣府の「社会意識に関する世論調査」によると、震災後には「何か社会のために役立ちたい」と思っていた人の割合が上昇したそうです。とりわけ20代は、前年から10ポイント以上増えて70%に達しました。しかし、その後は全体的に減少傾向に転じ、昨年には20代も震災前の水準に戻ってしまいました。背景には、この10年間で格差社会が広がり、他人を思いやる余裕がなくなってしまったという深刻な状況があります。コロナ禍の今、私たちが直面している新たな問題に通じるものがあると感じます。感染者や医療従事者に対する差別や偏見がなくならないのも、日本社会が劣化している現れといえるのかもしれません。

 そうした中でも、被災地の多くのまちでは、震災の記憶を伝える活動を続けている人たちがいます。被災地の課題は、人口減少が進む日本の他の地域に共通するものでもあります。ともに知恵を巡らすことは、被災地への支援になるだけでなく、自分自身の問題解決にも結びつくはずです。我々はこの10年間を客観的に振り返るとともに、被災地の今に目を向け、新たなつながりを育むきっかけづくりをしていかなければなりません。

 そこで皆さんに情報提供です。

 日本科学未来館(東京都・お台場)では、3月6日(土)から28日(日)まで、特別企画「震災と未来」展 ~東日本大震災10年~ を開催します。また、震災を忘れず教訓を未来へ伝えるため、「震災の記憶」、「その後の人々が生んだ絆」、「未来への課題」の3つをテーマに掲げ、NHKが記録・蓄積してきた映像や資料をさまざまなプレゼンテーションで振り返るほか、震災・復興にまつわるストーリーをもった品々の展示を通じて復興への取組と課題、また今後の災害に対する備えなどを紹介します。

 本年度被災地に赴くことができなかった生徒の皆さんには、是非とも学びを拡げ、深める機会にしてほしいと思います。

 

展覧会公式サイト:https://www.nhk.or.jp/event/art2020/