講話 ・ 式辞

開校記念日について

 

開校記念日について

  明日の4月15日(木)は開校記念日です。本校は大正9(1920)年4月15日に開校し、今年で101年目を迎えます。「県立蚕業学校」として県立学校の中では10番目に設立され、「県立農蚕学校」「県立川越農蚕学校」と校名を変えながら、当時の輸出産業の花形であった生糸を生産する養蚕技術の振興・発展のために重要な役割を担ってきました。戦後の学制改革により、昭和23(1948)年には「県立川越農業高等学校」として広く農業教育を推進し、農業とその関連産業の育成・振興に大きく貢献してきました。平成8(1996)年に時代の進展に即応した総合学科を設置し、校名を現在の「県立川越総合高等学校」に改め、農業・家庭科目を主とした総合学科高校として新たな道を歩み出し、26年目を迎えます。卒業生は1万9千5百人を超え、皆さんのご家族にも卒業生や在校生がいるご家庭があると思います。まさに校訓に掲げる「真理と正義を愛し、勤労と責任を重んじる」教育を実践し、社会に有為な人材を多方面に多数輩出してきました。

 昨年(2020)創立100周年の節目を迎えましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、1月26日(火)に予定されていた記念式典を9月2日(木)に延期し、多くの方々が安心して参加できる式典を目指し仕切り直しすることとしました。本来なら、この3月に卒業していった総合学科第23期生を中心に、式典を盛大に挙行するはずでしたが、その機会を持つことができず、23期生は無念の思いを残しつつ卒業しました。在校生の皆さんには、その思い是非とも晴らしていただきたいと思います。生徒の皆さん一人ひとりが、開校記念日を機に気持ちを新たにし、今後とも、①豊かな感性を育み 、②謙虚さを持ちつつ自らを律し、③主体的に行動することに一層邁進し、 川総生としての誇りを抱きつつ、学業や部活動、学校行事を通して充実した高校生活を送ってもらえるよう期待しています。

 明日は休業日となります。母校の101年の歴史と伝統に感謝し、「広い視野を持ち、夢の実現に向けて学び続ける生徒」として、有意義にお過ごしください。