講話 ・ 式辞

皆さんでいっしょに考えていきましょう

生徒の皆さんへ⑨

令和2年6月12日

皆さんでいっしょに考えていきましょう

 

埼玉県立川越総合高等学校

校長 服部 修

 

 今週から分散・時差登校の第2ステージが始まりました。19日(金)まで2週間かけて1週間分の授業を行い、少しずつ学校生活に慣れていってもらうことを狙いとしています。連日30℃を超える暑さの中で、マスクを着けて登校するのは、正直しんどかったのではないかと思います。昨日、関東甲信地方が梅雨入りしたらしいとの発表がありました。蒸し暑い状況がしばらく続きます。マスクを着用すると、息が持つ熱を上手く外に発散できず体内にため込んでしまい、体温が上がってしまいます。また、口内の湿度が保てる分、喉の渇きを感じづらいので水分補給を意識しにくく、脱水が進んで熱中症になる可能性が高まる恐れがあります。普段より意識してこまめに水分補給をしてください。

 さて、正門で登校指導をしていて気になったことを3つお伝えします。皆さん一人一人に考えていただきたいことです。

 一つ目、マスクをしないで登校したり集団でおしゃべりをしながら密になって下校したりする人が、ごく少数ではありますが散見されます。社会総がかりで新型ウイルスの封じ込めに取り組んでいる中で、社会の一員としての自覚が足りないとい責められても仕方がないなと感じました。

 二つ目、歩きスマホをしながら下校したり、食べ歩き、飲み歩きをしながら登校したりする人たちを見かけることもありました。こちらはコロナ以前の問題で、明らかなマナー違反です。新学期早々に登下校中の交通事故が多発する傾向が毎年続いている中で、即刻行動を改めていただきたいです。

 三つ目、校門で整容指導を受ける生徒が多いことです。本来であれば、新たな年度が始まってすぐに生徒指導主任の先生が整容指導の趣旨や身だしなみを整えることの意味をお話ししているのですが、今年はまだ実施しておらず、皆さんの理解と協力が十分でないなと感じました。

 先日ご協力いただいた学校自己評価に関するアンケートでは、「安心・安全な学校生活」、「社会で通用する力の育成」、「主体性、自律性を持つ人材の育成」に対する保護者の期待が大きいことがわかりました。今後の日本社会にコロナ禍が及ぼす影響を予測することが十分にできてない中で、一人一人がよく考えて行動することで、自分自身及び身近にいる大切な人たちが痛みを負うリスクを少しでも下げられるよう、「凡事徹底」を心掛けていきましょう。

 この2週間、生徒の皆さんが頑張って登校している様子を見て大変心強く感じるとともに、さらに「川総」を良くしたいと強く感じました。皆さんには、他校生にない「光り輝く個性と豊かな感性」があります。直面する様々な課題について一緒に考え、知恵を出し合い、1つ1つ乗り越えていきましょう。