講話 ・ 式辞

生徒総会校長挨拶

令和2年度 生徒総会挨拶 

令和2年7月6日(放送室)

生徒総会校長挨拶

 

 はじめに、熊本県南部を中心とした豪雨災害のために亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災され、避難所やご自宅で今なお厳しい状況下に置かれている方々に対して、お見舞いを申し上げます。

 臨時休業が明けてひと月経過しました。3週間続いた分散・時差登校にはじまり、通常登校が3週目に入りようやく学校生活に慣れてきたのではないかと思います。マスクをつけたり、こまめに手洗いをしたり、三密を回避するために友達との距離の取り方に気を使ったりと、不自由でストレスがたまる場面も多々あると思います。Withコロナ という言葉に代表されるように、こうしたことを受け入れ、新たな生活を作り上げていかなければならないという現実があります。どうか皆さんの知恵と力で、少しでも居心地の良い学校にしていってもらいたいと思います。

 せっかくの機会ですので、少々時間をいただき、皆さんにお伝えしたい二つの話しをさせていただきます。

 はじめに周年行事についてです。

 本校は、大正9年(1920年)4月、「県立蚕業学校」として創立され、「県立農蚕学校」、「県立川越農蚕学校」、と校名を変えながら、当時の輸出産業の花形であった生糸を生産する養蚕技術の振興・発展のため、重要な役割を担うとともに、その責任を果たしてきました。1920年は、アメリカでは禁酒法が制定された年、日本では株価が大暴落して戦後恐慌が起こるきっかけになった年です。3年後の大正12年(1923年)9月に関東大震災が発生しています。

 第二次世界大戦後の昭和23年(1948年)には「県立川越農業高等学校」に改組し、以降50年近くにわたって広く農業教育を推進し、農業とその関連産業の育成・振興に貢献してきました。平成8年(1995年)には、時代の進展に対応した総合学科を設置し、校名を現在の「県立川越総合高等学校」に改め、「農業科目を主とした総合学科」として新たな道を歩みだし、今年で25年目、創立100 周年の節目を迎えます。卒業生も1万9千人を超え、まさに校訓に掲げる「真理と正義を愛し、勤労と責任を重んじる」教育を実践し、社会に有為な人材を多方面に多数輩出してきました。

 当初予定された創立100周年を祝う式典を、10月31日(土)から来年1月26日(火)に変更し、コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底した上で、ウエスタ川越を会場に実施する予定です。これまでの歴史と伝統を「継承」するとともに、新たな100年に向けて学校を「発展」させる決意を内外に示す機会にしたいと考えています。そのためには、我々教職員や卒業生だけではなく、学校の主役である皆さんの力が不可欠です。式典の他にステージ発表などを予定していますが、コロナの関係で止まってしまった時間を取り戻すために、これから急ピッチで準備を進めていきます。川総に学ぶ誇りと心意気を示す機会になるので、どうか皆さんの力を貸してください。

 次に、本日の総会の意義についてです。

 先週、川越農業高校最後の生徒会長が私を訪ねてきて、当時の思い出話をたくさんして帰りました。今年41歳になるといっていましたので、皆さんのご両親と同じか少し若いくらいの農業青年です。当時私は安藤先生と同じような立場で生徒会顧問をしていました。川農には生徒の自治組織として、生徒会の他に現在のFFJ前身にあたる農業クラブ、土木クラブ、家庭クラブという3つの独立した組織があり、各専門学科のリーダーたちが生徒会本部のわきを固める形で学校行事をリードしていました。川農祭はクラスや部活単位の企画の他に、各クラブ主催のイベントや学習成果の発表などがあり、今と変わらないくらい盛りだくさんの行事でした。リーダーたちのアイデアの豊富さや調整力の高さは目を見張るものがあり、生徒会役員は各クラブと共同で開催する川農祭こそが他校に負けないパフォーマスの場ととらえていたそうです。苦労も多かったけど、たくさんの仲間と信頼関係を築くことができ、20年以上たった今でも、この時の仲間や経験が人生の拠り所になっていると言っていました。

 本日の生徒総会は、今年度の生徒会活動の内容を審議・決定するために行われます。言うまでもなく生徒会は、生徒のためにある組織です。皆さんは学校生活を送る中で、生徒会があってよかったと思ったことはありますか?もし無いのならば、生徒会活動は必要ないのかもしれません。活動しているのかどうかが分からないような生徒会ではなく、生徒が力を合わせて取り組まなければならない時に、存在感を発揮できる生徒会に是非してください。

 さて、皆さん一人一人は生徒会の一員であり、主役であります。生徒会は、先生から与えられた仕事をこなすためにあるのではありません。皆さん一人一人が、川越総合高校での学校生活を、自分たちの手でもっと充実させるために、生徒会活動をどのように改善したらよいかを考え、行動に移すことが必要です。

 第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディは、次のように述べています。「国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために何を成すことができるのかを問うて欲しい。」

 ケネディの言葉を借りれば、「学校があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが学校のために何を成すことができるのかを問うて欲しい。」「生徒会があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが生徒会のために何を成すことができるのかを問うて欲しい。」ということです。

 皆さん。どうか生徒会活動を通して、ケネディの言葉にあるような「自分には何ができるのか」という“志の種”を見つけてください。また、生徒会活動を通して、AI(人工知能)には身に付けることのできない主体性・協働性・創造性を高めてください。

 結びに、川総の生徒会活動が、皆さんの未来を創り出すことに貢献できることを期待して、私の挨拶といたします。

 

 

 

令和2年7月6日

校長 服部 修