晴れ 新人大会西部予選 県大会への切符

1月23日(土)・24日(日) 県民総体兼高校バレー新人大会西部支部予選
 
 新人大会の予選が行われ、県大会への切符、最後の1枚を手にすることができました。
この大会は、どの高校も1・2年生のみで編成した新チームでの出場となります。

 第1日 会場 坂戸西高校

1回戦 山村学園高校
 第1セット 25-17
 第2セット 25-15  セットカウント2-0で勝利しました。

 ややスローな立ち上がりで始まりました。相手が乱れたりして変則的になったとき、少し慌てるシーンがありました。
それでも徐々に調子が上がって、ゲームを取りました。

2回戦 坂戸西高校
 第1セット 21-25
 第2セット 19-25  セットカウント0-2で敗れました。

 2回戦は、冬休みに練習試合をした相手とです。お互いが相手の状況を分かっていたわけですが、相手チームへの対策を練って臨むほど本校に力はありません。日頃から練習してきたプレーで勝負する気持ちで臨みました。
 第1セットは相手のサーブミスに助けられたものの、自分たちのプレーが単調になってしまいセットを落としました。そして第2セットは、中盤までリードしていました。しかし相手がタイムアウトをとってから、サーブで崩されストレートでの負けとなりました。今までの大会は、初対決みたいな対戦が多かったので、お互いを知っているチームと戦う難しさを実感しました。

 2回戦で敗れたため、ベスト8を逃し県大会出場の切符はもらえませんでした。しかしあと1チームだけ出場できる枠があります。2日目は、ベスト16の8チームのうち勝ち残った1チームだけが県大会に出場できるという可能性にかける試合となりました。

  第2日 会場 坂戸高校

代表決定1回戦 所沢商業高校
 第1セット 25-14
 第2セット 25-17  セットカウント2-0で勝利しました。

 立ち上がりはやや緊張気味だったのか、動きが悪く心配でした。余裕を持ってやれば良いシーンでも自分たちで難しくしているように思いました。それでも何とかゲームを取ることができました。このゲームは第4試合であり、午後1時を回ってからの開始だったので気持ちを高めて臨むことが課題だと思いました。

代表決定2回戦 星野高校
 第1セット 19-25
 第2セット 25-18
 第3セット 25-19  セットカウント2-1で勝利しました。

 星野高校も冬休みに練習試合をした相手です。練習試合での課題などを意識して臨みました。
練習試合の時と同じように接戦でしたが、2セット目の途中あたりから本校チームの動きが良くなった感じがしました。
 ブロックに付かれてもエースが粘り強くスパイクを打ってみんなを引っ張り、ゲームを取りました。

代表決戦3回戦 川越女子高校
 第1セット 25-12
 第2セット 25-23  セットカウント2-0で勝利しました。

 いよいよ最後の試合を迎えました。このゲームを取ると県大会です。
立ち上がりはとてもよく、互角の戦いができていたと思います。本校にとっては日頃の練習を再現するようなゲームとなり戦いやすく見えました。1セット目は、相手のミスなどを誘い優位に進めて取りました。
 2セット目は、リードしていたものの中盤で追いつかれ逆転・・・。シーソーゲームで進行し22-23でタイムアウトをとりました。
ここから一気に得点して勝利することができました。

 しばらく前であれば、一日に3試合戦ったら、きっと3試合目は実力が発揮できなかったと思います。ぎりぎり県大会出場を決めたわけですが、とても意味のある内容となりました。
坂戸西高校との2回戦 
星野高校 代表決定戦の2回戦
 
最終戦で各チームが見ている中で試合を  川越女子高校との対戦 これに勝てば県大会
    小柄なセッターが力強いトス
センターからも重いスパイクを
  試合が終わって優秀選手表彰 2名が受賞しました。
右が3年生 前チームのキャプテンです。おめでとう。 

 試合が終わってから、西部支部の優秀選手の表彰が行われました。本校からは2名の選手が表彰を受けることができました。
3年生の前チームキャプテンと現チームのキャプテンを真ん中にして記念撮影をしました。
 いろいろあった新人大会の予選でしたが、終わってみればとても意義のある大会であり、部員みんなが思い出に残る大会だったと思います。

 今回も多くの保護者の皆様に応援いただきありがとうございました。寒い体育館での連日の応援はとてもありがたかったです。2週間後の県大会までにさらにレベルアップを図って臨みたいと思いますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。