曇り 関東高校バレー大会県予選へ 

5月7日(土) 関東高校バレー大会 県予選

 1回戦 埼玉栄高校と対戦 セットカウント0-2で敗れました。


 昨年度に続き、この県大会に出場できました。会場も同じ蓮田市総合市民体育館(パルシー)です。昨年度はこの会場で1勝できたので、今年のチームも頑張ってくれるだろうと期待していました。また支部予選後の2週間でチームの状態は良くなっていたので楽しみにしていました。対戦すると・・・。

 埼玉栄高校 第1セット  13-25
       第2セット  21-25  セットカウント0-2で敗れました。

 埼玉栄高校とは3月中旬に練習試合をしていました。そのときは1セットもとれなかったものの、お互いチームのコンディションは万全ではなかったし、あれから1ヶ月半くらい経過しています。それだけに格上の相手であっても、自分たちの試合運びができれば良いゲームになるだろうと思っていました。

 第1セットは、序盤の立ち上がりで相手のミスもあり、リードしました。しかし相手のタイムアウト後、すぐに逆転されると自分たちのミスが重なってセットを落としました。弱気のスパイク、不安そうなプレーが目につき、自分たちの力を発揮できる状態ではありませんでした。

 県大会でのレフリーの笛は、支部予選の時よりやや厳しく両チームとも幾度か吹かれました。ベンチから見ていて、このくらいの厳しさを予想していたので心配するほどではありません。生徒もなぜ吹かれたのかを理解できているのが分かりました。日頃の練習から基本的なプレー技術をしっかり身に付けることの大切さを、改めて感じたことと思います。

  
試合開始の整列。 
 エースがレフトから打つ。
 第2セットは、開始早々にややリードしましたがすぐ追い越され、ほとんど差がない状態でスコアーが進みました。・・・そのまま挽回することなくゲームセットとなりました。ピンチになったとき挽回するだけの精神力はまだ育っていないと思いました。

集合写真には、1年生も加わりました。

 日頃の練習や練習試合の内容からもう少し強い気持ちでプレーできるかと思っていましたが、自分たちに自信がないのでしょうか。試合を意識した練習をしっかり行いたいと思いました。6月には全国高校総体の県予選が待っています。気持ちをリセットしてまた頑張りたいと思います。

 遠い会場に応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。