晴れ 夏季大会西部予選 2勝して県大会へ

8月3日(月) 埼玉県学校総合体育大会(高校の部 夏季大会 バレーボール競技大会)西部地区予選

 7つのブロックにおける各1校のシード校として出場した本校バレー部は、2勝して県大会出場を決めました。


 この大会は、4月から6月にかけて行われる公式大会が新型コロナウイルスの感染により中止となったことから、今年度に限り実施されることになったものです。私たちの地区では、昨年度の大会実績から県シード校が4校、さらに各ブロックを勝ち抜いた7校の計11校が県大会へ出場します。

 新学期になって公式大会が中止となったため、新3年生は目標を失いかけていましたが、この大会によって気持ちを高めて練習してきました。また新入生と3年生が、夏休みに入るまで一緒に練習できたことはとても意義がありました。

 1回戦 所沢西高校 

  第1セット 25-6

  第2セット 25-7 セットカウント 2-0で勝利しました。

 私たちのチームは、日頃の練習では全員がほぼ同じメニューを練習します。その上でチームを作りゲームをします。この大会に向け、ベストメンバーは1年生も加えたチームを作りました。また今まで頑張ってきた3年生中心のチームも作り同じように練習してきました。3年生チームは思い出づくりの試合ではなく、県大会出場を狙って取り組んできました。

 第1セットのスタートは、日頃のプレーをしっかり行うよう意識して臨みました。立ち上がりアンラッキーな失点があっても落ち着いてプレーできていました。決定力のある攻撃はほとんど出ませんが、ラリーを続けながら徐々に差が開いていき、第1セットをとりました。

 続く第2セットも、同じメンバーで臨みました。15-4 とリードしたところで、3人の3年生がメンバーチェンジ、さらにリベロも3年生が入り、セッター以外はみんな3年生になりました。2年生・1年生は大きな声で応援したいところですが、感染対策で声を出した応援などはできません。それでも拍手をしながら黙って応援です。

3年生チームは練習してきたことをコートで表現し、勝利することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回戦が終わったところで、両チームとも記念撮影がありました。

 

 次は1試合あいて、2回戦です。相手は川越西高校です。

第1セット 25-13

第2セット 25- 4  セットカウント 2-0で勝利しました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2試合目が始まる。ユニホームを替えて今度はピンクのユニフォームで。

キャプテンのサーブから第2セットの攻撃が始まった。

日頃の練習が生きている・・・。

2回戦のスタートはややスローでした。レシーブなどが乱れてもラリーで立て直すようにみんなの気持ちがまとまっています。 ・・・セットの終盤になったところで、3年生がメンバーチェンジで入り、このままセットをとりました。

 

第2セット。

 本校キャプテンのサーブから始まり、連続で得点を挙げました。ラリーになっても落ち着いてプレーし得点を重ねます。そして大きくリードしたところで3年生にメンバーチェンジしました。

試合慣れに心配だった3年生プレーヤーも落ち着いてプレーできリードを保ったままゲームセットとなりました。3年生の中には、大会のコートに立つ経験が少ない生徒もおり、この大会で活躍できたことはとても良かったと思います。

さらに3年生中心のチームが、県大会出場を決めた瞬間にコートにいたことがとても良かったです。

 所沢市民体育館は、バレーコートが4面とれる広い体育館で観客のイスもたくさんあります。でも今大会は無観客試合でした。

今日の試合内容を、日頃から応援していただいている保護者の皆さまやお世話になっている方々に早く届けたいと思いました。


 日頃からご理解、ご協力いただいている保護者の皆さま、いつもありがとうございます。今年度最初の大会で県大会出場を決めることができて良かったと思います。県大会は今月14日(金)15日(土)いずれも深谷市民体育館です。この会場でも無観客試合ですが、多くの方に応援されていることを感じながら、頑張ってきます。