晴れ 埼玉県春季高校バレー大会 西部予選


4月19日(土)20日(日)
 埼玉県春季高校バレーボール大会西部支部予選が行われました。
この大会では、新人戦での結果から3校が県シード校となり、そのまま県大会へ行きます。
それに続く8校がこの大会でのシードとなり、過日抽選が行われました。
トーナメントの8つの山から7校が県大会へ出場できます。2勝して、二日目の大会に進み、さらに1勝以上すれば県大会への切符がもらえるのです。

 さて川総チームの結果です。
 
1回戦 聖望学園高校
 昨年は、学総兼高校総体予選(5月)で対戦し、セットカウント0-2で敗れた経験があります。
今回の川総チームの生徒たちは、昨年のことは全く意識していないようでした。自分たちのプレーが出せるようにウォーミングアップから気持ちが乗っていました。
 第1セット 25-22
 第2セット 25-17   セットカウント 2-0 で勝利しました。
よく動き、実力を十分に発揮できたと思います。

2回戦 所沢北高校
 所沢北高校は、目標としてきた高校の一つです。常にお互いが指示を出し合いながらムードを高め、ミスがほとんどなく、ラリーになっても根負けしないお手本のようなチームです。うちのチームが目指す方向性としては、所沢北高校みたいなチームになりたいと思ってました。
さて対戦結果は、
 
 第1セット 12-25
 第2セット 18-25  セットカウント 0-2
日頃の練習や練習試合での良い部分がたくさん出ていましたが敗れました。
生徒は、満足そうな表情をしていましたが気持ちの中では悔しさもいっぱいあったことでしょう。また大会で2勝するためには、今のレベルからもう一段上がらなければならないことを実感したことと思います。
 いつもの練習をこれからも頑張ることで、さらに自分たちのレベルを上げられるという自信も持てたので、次は2勝を目標にしたいです。

 今回の大会にも多くの保護者の方が応援に来て、声援を送って下さいました。
「日頃から応援いただきありがとうございます。これからもよろしくお願いします。」