晴れのち曇り 練習試合をしました。

4月29日(土)・30日(日) 両日とも練習試合をしました。

 初日は県内の市民体育館のコート3面を使った練習試合に加えていただきました。
県内からは本校を含め3校、他は近隣の都県の学校5校です。関東大会レベルの学校が複数あり、私たちのチームがいままで対戦したことがないくらいのチームです。1セットずつ6校と対戦し1セットもとれませんでした。また得点が10点以下のセットが半分ありました。

 はるかに格上の相手との対戦なので、勝ち負けだけを考えていたら意味がありません。日頃練習してきたことを試すよう課題を持ちながら行いました。しっかり揃った高いブロックを逃げたり、簡単にサーブでポイントを取られたり・・・、それでも後半にはブロックを利用したスパイクが打てるなど貴重な経験ができました。
 緊張した場面になると気持ちが負けて実力を発揮できないプレーヤー・・・。こういう機会に気持ちを強く持つ経験をして欲しいと思いました。

  本校チームも加えていただき多くのチームと対戦しました。 みんな集まってプレーの確認をしました。 

 2日目は狭山経済高校に6校が集まり、そのうち2校は他県からの参加でした。対戦した5校のうち、初めての対戦は3校ありました。

 2日目の練習試合 この日も多くのチームと対戦しました。

 5校とそれぞれ2セット対戦します。体育館は2面のコートですから途中に昼食休憩をはさんで夕方まで行いました。
10セット対戦し、そのうち2セット取ることができました。
 前日の課題を確認してスタートしたのが良かったのか、1セット目の立ち上がりは良かったです。昨日の経験が生きていると思えるプレーがありました。

 後半には、ベンチスタートの3年生・2年生、さらには1年生までコートに立ちました。その様子を見ながら、これからのチームとしての戦い方をいろいろ考えることができました。また基本的なプレーができていない点などこれから行うべき練習についても考えることができました。
 2日間の練習試合はチームにとっても各プレーヤーにとっても有意義なものとなりました。