晴れ 埼玉県高校バレー春季西部支部大会 あと一歩

4月20日(土) 埼玉県高校バレーボール春季西部支部大会 第1日 朝霞高校体育館

 今年度最初の公式大会です。大会名は春季大会ですが、関東高校バレー大会県予選と高校総体県予選への出場がかかった大会となります。
本校チームは、2回戦にまで進出しましたが、フルセットで敗れ県大会出場は叶いませんでした。
 1回戦 朝霞高校
   第1セット 25-13
   第2セット 25-18 セットカウント 2-0で勝利しました。
  
 公式練習 フォーメーションの確認 いよいよ第1セットが始まる。笑顔のスタート
 本校チームにとって朝霞高校は、今年1月の新人大会で対戦し、25-27 22-25のストレートで敗れたチームです。
それだけに対戦が決まってから、気持ちの入った練習をしてきました。
  
 センターからエースがスパイク。ピンチサーバー登場。 
 試合にあたっては、立ち上がりを大切に、自分たちのミスをなくすように意識して臨みました。
立ち上がりは落ち着いてプレーできていたと思います。自分たちの試合運びで第1セットを取りました。
 第2セット、相手はローテーションを変えてきているようでしたが、大きく乱れることなくプレーできました。
本校が得意としているパターンで戦った時間が長かったので、生徒は勢いに乗れたのでしょう。

 この大会に合わせ、新しいユニホームを用意しました。
今までのユニホームのカラーを意識しながら、青と水色を基本としたものと、逆の色として黒とピンクを合わせたものの4種類になりました。
新しいユニホームでの初戦で勝利できてよかったです。
  1回戦 新しいユニフォームでの勝利。
 15分間あけて、2回戦が始まります。
相手は、練習試合でたびたび対戦している坂戸高校です。

2回戦 坂戸高校
 第1セット 28-26
 第2セット 24-26
 第3セット 16-25  セットカウント 1-2で敗れました。

 第1セットは両チーム互角であり、落ち着いてプレーしていました。
中盤でややリードされたところでタイムアウト、そのまま中盤へ進みタイムアウト。
ここから追いついて24-24、相手がタイムアウト。さらに24-25でタイムアウト。
 どちらもこの第1セットを取ろうと必死でした。 ・・・ このセットは、28-26で本校がとりました。
 2回戦 戦い方を確認してコートへ。 センターからの攻撃が決まった。

 第2セット 立ち上がりミスが出てリードされ、その差がなかなかつまらない…。
21-24で相手がタイムアウト、勝負に来ているのがわかります。
本校も踏ん張って24-24。ここで2ポイント取れれば勝利でしたが…。
 本校のブロックがわずかにサイドラインを割って、セットを落としました。

第3セット しばらく前のチーム状態からは見違えるように頑張っていました。
 しかしこのセットは、エースの3年生も、スターティングに入った1年生も、急にパフォーマンスが落ちてきたのが分かりました。
メンバーチェンジをしながら、みんなで戦いましたが、力及ばず 16-25 でゲームセットとなりました。

 試合後、保護者をはじめ応援して下さった皆さんに挨拶に行きました。さらに対戦相手の応援席にも挨拶に行き拍手をいただきました。
 試合結果はあと一歩でしたが、生徒の表情は明るく、次につながる大会になったと思います。
 
 2回戦終了後の記念撮影。笑顔でした。

 日ごろからバレー部の活動にご理解とご協力をいただいている保護者の皆様、本当にありがとうございます。
このチームもここまで頑張れるチームに育ってきました。
1か月後の高校総体予選で、みんなが納得できるように、これからの時間を大切にしていきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。