晴れのち曇り 春休みを終えていよいよ新学期スタート【女子バレー部】

 3月中は、基本練習とチーム練習をしっかり行い練習試合も行いました。

3月21日(水)春分の日 雪が舞う寒い日でした。
 昌平高校へ伺い、他県のチームと3校で練習試合を行いました。
25日(日) 飯能南高校へ伺い練習試合。昼食は学校の裏の河原でみんなでバーベキューをしました。
27日(火) 所沢北高校へ伺い練習試合。
29日(木) 本校にて6校合同でリーグ戦。埼玉栄高校、所沢西高校、飯能高校、飯能南高校、他県からも1校、そして本校の6校です。
31日(土) 川越第一中学校が来校し練習試合。

 そして4月1日(日) 岩槻高校が来校し練習試合。
体育館がワックスがけのため使えなかったので、相手校に伺って練習試合の連続。
まず3日(火)に川越西高校、4日(水)に坂戸高校、6日(金)に所沢高校。

 ワックスが乾いて練習再開が7日(土)、この日は川越第一中学校と毛呂山中学校が来校し練習試合。
春休み最後の練習試合が、8日(日)の小川高校でした。

 いつも感じることですが、長期の休み中は部活動に集中できるので、誰もプレーが上達します。上達のスピードは日常の練習以上だと思います。ところが次の学期が始まると急にペースダウンしプレーの内容まで元に戻ってしまうように感じます。
 春休みにつかんだプレーのポイントを、しっかり身につけるためにも、今の練習がとても大切だと思います。

 9日に始業式、そして入学式が行われました。すでに数名の新入生が春休み中から練習に参加したり見学に来ており、これからが楽しみです。

 15日(日)は、埼玉栄高校に伺い練習試合。これが大会前最後の練習試合です。

 バレー部の1年間のなかで、最も充実する時期はこれからの2ヶ月間ではないかと思います。
最後の大会が見えてきた3年生の真剣な表情、頼もしくなった2年生。フレッシュでこれからの川総バレー部を背負っていく1年生。この部員達全員が一緒に活動できるこの期間を大切にして欲しいと思います。

 今日は、埼玉県春季高校バレー大会西部支部予選の代表者会議(抽選会)。そして21日(土)・22日(日)が大会です。