川越市中高野球フェスティバル

1月12日(日)13日(月)に、

川越市中高野球フェスティバルを開催しました。

 

12日は、本校にて指導者講習会を行いました。

午前中は、市内の高校指導者の方が中学指導者の方に、

「打撃」「投手」「捕手」「守備」「走塁」「トレーニング」

の部門で講義をしていただきました。

午後は、本校生徒をモデルに実践編を行いました。

 

13日は、市内高校6会場に参加中学校21校279名を

振り分け、野球教室を開催しました。

本校は、川越第一中、野田中、南古谷中を招いて、川越工業

と協力して実施しました。

 

初めて開催した野球フェスティバルでしたが、中学指導者、

中学生もとても喜んでいただけました。

特に、12日の講義は普段聞くことのできないことまで、

高校の先生方が話してくれて、とても勉強になりました。

本校生徒も、多くの先生から指導を受けていました。

 

本校は、野球を通じて人と触れ合う機会が多いです。

学年が上がるにつれ、自分の考えを伝えたり、積極的に

話を聞きにいくということが出来るようになっていきます。

12日も、終了してから1時間近く先生方に指導を受けていました。

 

 

また、12日は嬉しいことがありました。

私が川総に着任しときに、一緒に入学した代が成人式を迎えました。

41年ぶりの4回戦進出した選手たちです。

選手10名、マネージャー2名の全員が挨拶しに来てくれました。

(1名は当日都合がつかず、3日前に顔を出してくれました。)

 

野球で勝つことも大切なことです。

でも、たくさんの人と野球をして、野球を通じてつながりを持てて、

教え子といえる子どもたちに出会うことができ、成長していく姿を

見ることができる、それだけで本当に幸せを感じてしまいます。

 

私のテーマである「地産地活」の一歩を踏み出せた気がします。

 

川越市内の中学指導者の方、高校指導者の方本当にありがとうございました。