20kmマラソン

こんにちは。

今学期、2018も終わりです。

 

川総野球部は、冬休みは全てアルバイト

になります。地元のもちや、喜多院の団子屋、

喜多院の駐車場と年末年始は大忙しです。


約2週間、指導者としては野球をやらないことに

当初は不安がありましたが、色々なことを経験

することで、選手たちが逞しくなって戻ってきます。

また、アルバイト代でグラブやバットを購入している

みたいです。

 

ということで、今年もやりました!!!

2018を締めくくるラン。

2017は顧問も一緒に100m×100本。

2018は元富士見有料道路20kmを走りました。

もちろん、顧問3名も走りました。

 

この20kmランは、私が高校生の時にやっていました。

しかも、元旦。

さすがに、今の時代元旦にやるわけにはいかないので、

この時期にやりたいと考えていて、実施することができました。

 

ただ、これを実施するにもやらなければいけないことが

たくさんありました。

・管理職に実施計画を伝える

・顧問3名の参加

・生徒の体温、血圧、体調確認

・2人1組で走ること

・小銭、携帯電話の所持

・エリアを決めてマネジャー、ケガ人が自転車で巡回

・コースのAED設置場所

・考査明けから当日に向けてのトレーニング内容

・ラン後の生徒の状態確認とストレッチ

・おにぎりと味噌汁(顧問もいただきました)



昨今、部活動中や運動中の事故が増えています。

かなり気を遣います。生徒たちにも、今回実施

するにあたって、これだけのことを考えて行って

いることを伝えました。そして、社会に出ると
自己責任や責任問題ということが重要になって

くることも伝えました。


今の子は大変だなぁと思うときがあります。

昔は、「走っとけ!!」でした。隙を見て、

水飲んだり、本数をごまかしたりしていました。

(だからいい選手になれませんでした。)

今は、たくさんの大人の目があって、情報も

溢れ、失敗やズル(知恵?)が許されない時代です。

 

生徒にも言いました。

こんな時代だからこそ、たくさん失敗しよう。

 

そこから学び、どうするか?