覚悟と絆

こんにちは。

5月20日に第102回全国高等学校野球選手権大会ならびに

埼玉県大会の中止が決定しました。

 

無念です。

 

代替大会も検討中のようですが、状況はどうなるかわかりません。

生徒たちはショックと不安でいっぱいです。

その中で、今後をどうするかという苦しい選択を考えてもらいました。

 

結論から言うと、選手9名マネージャー1名の合計10名はどういう形になるか

わからないけど、全員で区切りをつけることになりました。

 

先も見えず、進路を考えると、迷う生徒もいたようですが、

キャプテンを中心に、すぐオンラインミーティングを行ったようです。

この学年の凄いところです。

 

絆の強さを感じます。

そして、3年生の覚悟を感じました。

 

また、カワソウ野球部が高校球児の代表として、

大会運営の立場に立って、代替大会を行うにはというレポートを課しました。

2.3年生とも自分のことで辛いのに、色々なチームのことを考え、

運営側の立場で問題点を洗い出し、考えられたレポートでした。

 

なぜ、このようなレポートを課したか、理由は大きく2つあります。

一つ目は、「やりたい」や「無理」だけで物事を考えてほしくなかったからです。

「やるためにはどうするか」「やる工夫」「やる準備」を考えてほしかったからです。

今後をどうするかという選択をしてもらったのも、ここを考えてほしかったからです。

二つ目は、将来コロナのせいや、○○のせいにしてほしくなかったからです。

今は難しいかもしれないけど、将来この経験があったからって思える人生にしてほしいです。

 

今回、この数日間でカワソウ野球部はたくさんのことを考え、悩み、深めました。

彼らは、間違いなく、どこへいっても、どんな苦境があろうとも必ず乗り越えられます。

 

3年生との残りの時間「覚悟と絆」をテーマに、

いつものカワソウらしく前へ進みます。

 

3年生、ありがとう。