川総スマイル&原点

こんにちは。

4月7日に緊急事態宣言が発令され、

4月14日から教員も在宅勤務や時差出勤となりました。

 

4月8日にキャプテンにメッセージを送り選手、マネージャー

全員に送信してもらいました。

保護者の方にも、メッセージを送信しました。

 

選手、マネージャーからは全員返信をもらいました。

子どもの力は、凄いなぁとつくづく感心します。

彼らは、前を向いて進んでいます。

 

本校の英語教員が、

「うちらは、子どもたちに救われ、生かされている」

と話してくれました。本当にその通りだと思います。

 

じゃあ、今この状況で子どもたちに何ができる?

 

15、16日は三密を避け、2日間グラウンドにいました。

土も生き物ですから、子どもたちが走り回っていないと

変化していきます。一人ぼっちのグラウンドで、土と

会話しながら、子どもたちがプレイしているのをイメージ

していました。

 

ここは、子どもたちの大切な場所です。

たくさんの思い出、思い入れがある場所です。

ここで汗を流した、OBにとっても原点です。

 

いつ戻ってきてもいいように、整える。

それが私のできることの一つです。

 

私は、選手権の試合に向かうとき

大好きなアーティストのケツメイシの曲を聴いています。

一番最後に聴く曲が「子供たちの未来へ」です。

こんな歌詞があります。

 

~子どもたちの未来が 想像よりも幸せで 

またその子供たちの未来も

君よりもっと幸せで

ありますよう 共に願おう なりますよう 永遠に語ろう

励ますよう 共に歌おう 笑顔だらけの未来へ~

 

今は毎日聴いています。

 

前へ。