講話 ・ 式辞

儀式等で お話しした内容を掲載いたします。

朋(とも)有(あ)り遠方(えんぽう)より来(きた)る

生徒の皆さんへ⑩

令和2年6月23日 

朋(とも)有(あ)り遠方(えんぽう)より来(きた)る 

 

埼玉県立川越総合高等学校

校長 服部 修

 

 通常登校が始まり二日目の朝を迎えました。3週間続いた分散・時差登校に引き続いて生徒の皆さんが休まず登校する姿を見て、大変嬉しく思っています。

 「朋有り遠方より来る、また楽しからずや」、4月に新たな仲間263名(生徒245名・教職員18名)を迎えて間もなく3か月になります。一年次生の皆さんは、想定外のスタートだったため、不慣れな中、今も緊張の毎日を過ごしているのではないかと推察します。本校の校訓である「心理と正義を愛し、勤労と責任を重んじる」の精神で、堅実に、一歩ずつ、学校生活に馴染んでいって欲しいとを願っています。

 目指す生徒像の「広い視野を持ち、夢の実現に向けて学び続ける生徒」を育てるため、先生方は生徒の皆さんの自主性を大切にするよう日頃から心掛けています。しかしながら、コロナ禍の中、決して放任にならないよう、まずは生徒諸君一人ひとりが自らを律して行動するようにしてください。また、同級生同士は勿論のこと、生徒会活動、部活動などを通して、年次を超えて交流の輪を広げるようにしてください。学校教育は、生徒たちが一生を生きていく上で役に立つ知識や技術を教えることが目的ですが、それとともに、社会の常識や人間関係の形成の仕方、つまり社会性、また、人としての在り方や生き方、つまり人格を形成することを助けることも、重要な役割です。特に一年次生は、再開した部活動で汗を流す先輩たちの姿を見て、心に期すものがあると思います。自分の個性と持ち味が発揮できる部活動を自身の目で見つけ出してください。上級生諸君はリーダーシップを発揮して、一年次生のよき相談相手になってもらえるようお願いします。

 梅雨入りしてから、ジメジメした天気が続いています。新型コロナウイルス感染症対策とともに、熱中症にも注意が必要です。朝夕決まった時間の体温計測、健康チェックは熱中症予防にも有効です。平熱を知っておくことで発熱に早く気づくこともできます。日頃から自分の身体を知り、健康管理を充実させ、体調が悪いと感じたら無理せず自宅で静養してください。

 

タイトルの出典 論語(ろんご)・学而(がくじ)

 意味 遠くにいる同じ目標を持った友達が、わざわざ訪ねて来てくれた喜びと、その友と語らえる喜びをいったことば。

 参考 URL  https://kotowaza.avaloky.com/pv_fre06_01.html