日誌

きょうの川総(*^-^*)

プロジェクト発表会・意見発表会県大会 学校農業クラブ連盟

6月18日(火) 深谷市民文化会館で「 学校農業クラブ連盟 プロジェクト発表・意見発表県大会 」が実施され、本校は意見発表会に3名が出場しました。
意見発表会とは、クラブ員の身近な問題や将来の問題について、抱負や意見を7分間で発表します。発表者は、いかに自分の気持ちと発表内容を聴衆に理解してもらうことができるかを考えて発表します。
生徒は3つの分野に分かれ、日頃の練習の成果を存分に発揮し、優秀な成果を収めました。

最優秀賞
 Ⅰ類 生産・流通・経営に関する意見
     「食品ロスをなくす社会をめざして」
 Ⅲ類 ヒューマンサービスに関する意見
     「ドングリが教えてくれたこと!~私の目指すアグリデザイン~」

優秀賞
 Ⅱ類 開発・保全・創造に関する意見
     「蚕 ~繭の中の未来~」

 
 

農業鑑定競技会県大会 最優秀賞(第1位)獲得!!学校農業クラブ連盟 

6月4日(火)杉戸農業高校で「学校農業クラブ連盟 農業鑑定競技会県大会」が実施されました。

農業鑑定競技会とは、日頃の学習で得た農業に関する知識を、出題数40問5つの分野に分かれて競い合います。

県内、農業関連高校の代表生徒、約250名が競技に参加。本校からは34名が出場し、優秀な成果を収めました。 


最優秀賞                      優秀賞

  分野 園芸  1名      分野 園芸 1名  

                分野 食品 1名

 

1年次選択科目相談会

川越総合高校では、2年次より「自分だけの時間割」を作り、一人ひとりの目指す進路や興味・関心に合わせて学習します。

入学したての1年次生ですが、すでに来年度に向けての選択科目ガイダンスを重ねています。
中間テスト最終日の5/24(金)は、選択科目相談会を実施しました。各自が選択科目に関する疑問点を、各教科の先生に聞きに行きます。
「自分だけの時間割」で学ぶことを魅力に感じて、川総に入学した生徒が数多くいます。先生に質問する態度は真剣で、順番を待つ長い列ができていました。

        

弓道部壮行会

5月20日(月) 生徒総会およびFFJ総会後に、弓道部壮行会が行われました。平成31年度関東高等学校弓道大会県予選会において、男子弓道部が6年振り、12回目の優勝を果たし、6月7日~6月9日に茨城県武道館(茨城県水戸市)で行われる第63回関東高等学校弓道大会に出場します。日頃の練習の成果を発揮できることを祈っています。

FFJ総会が行われました

月20日(月) FFJ総会が行われました。FFJとは、日本学校農業クラブ連盟【Future Farmers of Japan】の頭文字をとった名称であり、1948年(昭和23年)に農業高校生の自主的・自発的な組織として日本全国で誕生しました。本校では、意見発表会や農業鑑定競技会などへ参加しています。総会では、今年度の活動計画と予算案および各種競技会への参加を呼び掛ける機会となりました。

 


生徒総会が行われました

月20日(月) 生徒総会が行われました。今年度の活動計画と予算案が可決され、部活や文化祭などに使われる予算額が確定しました。無駄使いをしないように大事に使いましょう。

 

遠足に行ってきました

月10日(金)に2年次生と3年次生が遠足に行きました。

年次生は長瀞に赴き、ライン下りとバーベキューを楽しんできました。クラス替えが行われ、新しいクラスの仲間との親睦を深めていました。

 


3年次生はディズニーランドに行きました。夏季休業ごろから就職活動や進学に向けた活動が本格的になってきます。その前に有意義な時間を過ごせたのではないでしょうか。これからの時間は、進路活動に全力投球してくれることでしょう。

 

離任式

久々にお会いする先生方に、生徒も我々職員もワクワクしていました。転・退職していかれた先生方から川越総合での思い出や、在校生へのエールが語られ、とても和やかな雰囲気でした。


 

生徒代表のあいさつや花束贈呈でこれまでお世話になってきた感謝を表しました。

  
 

いよいよ校歌斉唱で離任式もおしまいとなります。みんな大きな声で転・退職の先生を送り出せるように、心をこめて最後の校歌を歌いました。

 


転・退職なさった先生方、川越総合高校の生徒のためにご指導ありがとうございました。




総合実習オリエンテーション

川越総合高校では、「総合実習」を1年次生全員が履修しています。「総合実習」は農業に関する様々な分野の基礎を学ぶ科目です。

最初の授業では3クラスずつ名細農場に行き、オリエンテーションを行いました。
新しい実習着を着て、バスに乗り込む1年次生の姿が新鮮です。名細農場では、枝豆の種まきや水やりの実習をしました。
これから農業の楽しさをたくさん学んでくれることを期待しています。
 
    
  

対面式

在校生と新入生の初めて対面する瞬間です。在校生の温かい受け入れの心と新入生のフレッシュな心意気が溶け合った良い瞬間でした。

  

部活動紹介

入部を勧誘する部活動紹介が行われました。各部思考を凝らした出し物や現状を訴えて勧誘する部があったりと、新入生を飽きさせない内容でした。
 
  

  
  

入学式

入学式を行いました。

本校の向かいにある中院の桜の咲き誇るトンネルと、正門わきの満開の桜で新入生を迎えることができました。

   

厳かな雰囲気の中、担任からの呼名が響き渡り、緊張気味の新入生がしっかりとした返事を返していました。そして
239
名の入学が許可されました。

  
 

新入生代表「誓いのことば」を塚田さんが行ってくれました。本校に入学する新入生の気持ちを代弁する、しっかりとした誓いの言葉でした。
3
年間、この気持ちを忘れずに勉強や部活に頑張っていきましょう。

  

入学式で、吹奏楽部部員が校歌の紹介を行いました。大きな声でしっかりと歌う姿を新入生に披露し、さすが先輩と思ってもらえたことでしょう。新入生には歴史と伝統のある本校校歌を早く覚えてほしいものです。

  

入学式の後に1年次を担当する担任及び副担任等の紹介が行われました。学年主任より学年運営の意気込みが新入生及び保護者に伝えられました。
 
 

 

始業式

始業式を行いました。

平成31年度 新学期がいよいよスタートしました。春の陽気に負けないくらいの笑顔の生徒たちが、進路実現や部活動に熱意をもって活動していく姿が目に浮かびます。

今年度から校歌斉唱を生徒の伴奏で行うこととなりました。緊張したことと思いますが立派に行ってくれました。ありがとう!!

   

また、生徒指導部から自動二輪免許取得についてと遅刻指導についての説明が行われました。

   

着任式

平成31年度 本校に新しく来られた先生方を紹介しました。川越総合高校の一員としてよろしくお願いします。

  

3学期終業式

3学期の終業式を行いました。

校長講話に引き続き、進路指導部より今年度の進学・就職の状況についての話がありました。この春の卒業生は進路未定者が一桁で、進路決定率が高かったことが報告されました。

その後、評定4.3以上の成績優良者、漢検2級合格者、県書初め展入選者の表彰が行われました。
4月からの新年度も、より一層高校生活を充実させてくれることを期待しています。

  

球技大会

3月14日、15日の2日間で球技大会を行いました。

男子はサッカー、女子はバスケットボール・ドッジボールに分かれ、クラス対抗で戦いました。グランドも体育館も真剣に戦う姿と笑顔と応援の歓声であふれました。

優勝は、サッカー:2-4、バスケットボール:2-3、ドッジボール:2-6 でした。

最後にはサッカー・バスケットボールの生徒代表チームと教員チームとのエキジビションマッチも行われ、おおいに盛り上がりました。 

  

     
  

卒業式

うららかな日差しの中で、第21回卒業証書授与式が厳粛に行われ、230名の卒業生の門出を祝福しました。

三年間慣れ親しんだ校歌も、今日が最後。普段よりも一層思いがこもっているように聞こえました。卒業生代表の答辞では、川総ならではの授業や行事を通じて身につけた力を今後生かしていく決意が語られました。また式の最後には、「旅立ちの日に」の歌声が体育館中に鳴り響きました。

卒業生の皆さんの今後の活躍に期待しています。
 

         
                                        

第2回学校評価懇話会

第2回学校評議員会兼学校評価懇話会を行いました。

学校評議員の方、PTA会長にご出席いただき、本年度の取り組み、保護者・生徒・教員アンケート結果、学校自己評価システムシートについて意見交換を行いました。

出席した生徒会本部役員・FFJ本部役員の生徒からは、「外部に向けての農業に関する取り組みをやりたい」「先生との進路面談や3年生の体験談を通じて、進路に対する意識が高まった」など活発な意見が出されました。

   

三送会

家庭研修中の3年次生が1週間ぶりに登校し、三送会を行いました。

1年次生はクラスごとにステージでダンスをしたり、体育館を装飾したりしました。
2年次生は3年次生の教室を装飾し、登校した3年次生を喜ばせました。
その他にも部活動や有志のステージ、運動部ビデオメッセージ、3学年の先生方の出し物と盛りだくさんで、卒業が近づいた3年次生を祝福しました。