講話 ・ 式辞

儀式等で お話しした内容を掲載いたします。

戦後75年と「人間の安全保障」について

生徒の皆さんへ⑫

令和2年8月15日

 

戦後75年と「人間の安全保障」について

 

 1学期の終業式から2週間近く経過し、生徒の皆さんの中には部活動の大会や進路活動に汗をかいている人が多いと思います。暑さに負けず充実した毎日を過ごしているのではないでしょうか?

 8月4日(火)に行われた成績会議では成績優良者が100人を超え、一学期としては過去最高の人数でした。また、欠点保持者は27人と前年と比べて大幅に減りました。これまで誰も経験していないコロナ禍の中、緊張感をもって学校生活を送っていた皆さんの頑張りが、数字となって現れました。あらためて、生徒の皆さんに感謝の気持ちをお伝えします。

 今年は終戦75年の節目にあたります。75年前の昭和20年(1945年) 8月15日の正午、昭和天皇はラジオを通じて第2次世界大戦が終わったことを国民に伝えました。このことから、毎年8月15日の正午になると黙とうをし、第2次世界大戦で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、戦争を二度と起こさないことを誓います。夏の全国高等学校野球選手権大会では、毎年、甲子園球場で選手・観客らが1分間の黙とうを捧げて平和を誓います。

 戦禍を生き延びた人々は高齢化し、当時のことを知る人は減ってきています。健康への不安、薄れる記憶。私は終戦後20年近くたってから生まれた世代なので、戦争を体験していません。しかし、私が子供の頃、父からよく戦争の話を聞きました。空襲で空から焼夷弾という爆弾が雨のように落ちてきて必死で逃げたこと、学徒勤労動員により軍事工場で作業していた時にB29による爆撃を受け、大きな傷を負い生死をさまよったことなどを聞かされました。戦争はいけないことだ、平和が大事だと多くの人は言います。しかし、戦争中、または停戦中でありながらいつまた戦争が再開してもおかしくない国や地域が世界中にたくさんあります。戦争は決して過去のことではないのです。私たちは、絶後の体験をした人たちの思いを、しっかりと受け継いでいるのでしょうか?

 平和への思いを若い世代へ託そうと発信を続けている人もたくさんいます。まだ間に合います。人類が同じ苦しみを二度と繰り返さないためにも、戦争を知る人たちからのバトンを受け取り、我々自身が戦争と平和について正面から向き合い、考えていかなければならないのです。

 みなさんは「人間の安全保障(英語: Human Security)」という言葉を耳にしたことがありますか?

 人間の安全保障とは、人間一人ひとりに着目し、生存・生活・尊厳に対する広範かつ深刻な脅威から人々を守り、それぞれの持つ豊かな可能性を実現するために、保護と能力強化を通じて持続可能な個人の自立と社会づくりを促す考え方です。1994年に国連開発計画(UNDP)「人間開発報告書」で提示されてから26年目を迎え、今、あらためて注目されています。この考え方は、「誰も取り残さない」「最後の人を最初に」とするSDGsの考え方と共通する要素を多く含んでいます。この概念は、ノーベル経済学賞受賞者のアマルティア・セン博士の「開発理論」に由来すると言われています。

 21世紀を生きる皆さんとともに、川越総合高校のこの先の100年を見据え、課題研究などの探求学習の機会にじっくり考えていきたいテーマです。