日誌

きょうの川総(*^-^*)

第1回学校説明会

第1回学校説明会を実施しました。
学校概要説明、生徒による学校生活紹介に続いて、川越総合高校の特徴ある授業を体験してもらいました。

    
      「動物とふれあおう!」          「ちんすこうを作ろう!」

   
       「 小麦粉の違いを見てみよう」       「どぼくぼくワールド!」

7月28日(土)の第2回学校説明会でも、授業体験ができます。
ぜひご参加ください。

学校農業クラブ連盟 農業鑑定競技会埼玉大会

 6月13日(水)本校で「学校農業クラブ連盟 農業鑑定競技会埼玉大会」が実施されました。

 農業鑑定競技会とは、日頃の学習で得た農業に関する知識を、出題数40問5つの分野に分かれて競い合います。

 県内、農業関連高校の代表生徒245名が競技に参加。本校からは34名が出場し、優秀な成果を収めました。

 なお、この中から10月に開催される「第69回 日本学校農業クラブ全国大会鹿児島大会」に本校代表として出場します。

最優秀賞

 分野 園芸 

 分野 生活 

優秀賞

 分野 農業 1名

 分野 園芸 3名 

 分野 食品 4名      

 分野 生活 2名 

 

 


 

田植え

1年次生が、総合実習の授業の一環として名細農場で田植えを経験しました。

裸足で田んぼに入り、1列に並んで苗を植え付けていきます。自ら体験することで、食に対する感謝の気持ちが生まれてきます。

秋にはおいしいお米が実ることでしょう。 
      


共同実験実習

1年次生は、毎年総合教育センター江南支所共同実験実習を実施しています。


今年も1クラスずつ1泊2日で、班ごとにトラクターの運転や、牛やポニーの飼育などの農業実習を行っています。

真剣に実習に取り組む中で農業の大切さを学び、また友人との絆も深まり、生徒にとって貴重な体験になったことと思います。
    
    
    
    

 

学校評価懇話会

学校評議員の方、PTA会長に出席いただき、生徒会役員の生徒も交えて、第1回学校評議員会兼学校評価懇話会が開かれました。

学校経営方針・学校自己評価システムシート・今年度の教育目標について意見交換をし、生徒代表からは、生徒有志で取り組んでいる養蚕についての報告がありました。

評議員の方からは、アンケートを授業に生かす必要性、授業力向上に向けての模索、現代における農業教育の大切さなどの意見が出されました。

いただいた意見を参考に、よりよい川越総合高校を作っていきたいと思います。