講話 ・ 式辞

儀式等で お話しした内容を掲載いたします。

キャリアプランを考えよう

生徒の皆さんへ⑥
令和2年5月13日



キャリアプランを考えよう


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 「あなたの 10 年後は 、どうなっていたいですか?」
 こう聞かれて、あなたはすぐに明確な答えを返せますか?
 2年前(2018 年)に約3000人の社会人を対象に行った調査によると、「将来に向けたキャリアプランを明確に描いている」と答えた人の割合は、わずか6%だったそうです。その一方で、自身のキャリアを考える理由については、「これまでの経験が将来に渡って通用するかわからないから」など、先行きの不透明さを不安視する声が、男性の7割にあったそうです。つまり、将来への不安から積極的にキャリアを形成していく必要性を感じながらも、日々の仕事に追われて、キャリアと向き合う機会がなかなか持てていないという現実が見えてきます。
 キャリアプランとは「自分の将来の理想像を明確にし、理想の実現を目指して構築された具体的な行動計画」のことで、現役大リーガーの大谷選手で有名になった目標達成シート「マンダラチャート」もこの一つといえるでしょう。キャリアという言葉は一般的には職歴や経歴を表わしますが、ここでのキャリアは広義的な意味として使用されており、個人がその人生を通じて持つ連続した経験を意味します。

大谷翔平選手が花巻東高校1年生の時に立てた達成目標

 マンダラチャートの基本ルールはとてもシンプルです。9つのマスの真ん中にテーマを入れ込み、周辺のマスに関連する項目を入れていくだけです。例えば、今年度の目標設定にも使うことができます。まず、真ん中に「自分の理想像」を一言で記入し、その理想を達成するために必要な要素を周囲のマスに入れていきます。全ての項目が記入できなければ、無理に埋める必要はありません。あくまで中央に配置した大目標を達成することが目的なので、それを達成するために必要な要素がぴったり9つになるとは限らないからです。マンダラチャートは目的を達成するための手段だということを前提に利用してください。
 書く内容のコツは グ・タ・イ・テ・キ・ニ 。以下のポイントを押さえてマスを埋めていきます。

グ:具体的に書く。抽象的な表現では行動が鈍るので、具体的に箇条書きします。
タ:達成可能なことを書く。高すぎる目標は、途中でくじける原因です。
イ:意欲がもてることを書く。他人から与えられた目標を書いても、自分が意欲を感じなければ、行動を起こす気が起きないものです。
テ:定量化する。単に「頑張る」でなく、日数や回数などなるべく数字に置き換えて。
キ:期日を決める。これを決めないと、いつまでたっても目標は達成できません。
ニ:日課にする。習慣化し、常に意識して行動できるような方法を考えます。

 マンダラチャートは1回書いたら終わりではありません。新しい気づきを得たら、その都度書き直してもよいのです。そして、常に見えるところに置いて、目標にどれだけ近づいているか、定期的に「ふりかえり」を行うのも重要です。
 マンダラチャートは勉強や部活動の目標だけでなく、ダイエットやマラソン大会出場、旅行や読書の記録など、スケジュール管理から、それこそ人生100年将来設計まで、さまざまなことに活用できます。さらに、マンダラチャートには、バランス思考が身につくというメリットもあるので、勉強や部活オンリーに陥ることなく、大事なことを両立させながら、有意義で幸福な人生を歩む道標にもなります。
 大谷選手も高校時代にマンダラチャートで目標を詳細に設定し、それを徹底して実行に移すことによって「メジャーリーガーになる」という目標を達成し、さらなる高みを目指して頑張っています。
マンダラチャートなどは、簡単にマスターできて効果も期待できることから、キャリアプランを考えるきっかけとして、関心を持った人は今日からさっそくチャレンジしてみてください。

緊急事態の期間延長にあたって

生徒の皆さんへ⑤
令和2年5月7日


緊急事態の期間延長にあたって


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 学校が臨時休業となってから2・3年次生は2か月以上、1年次生は入学式翌日から休業に入り1か月経過しました 。皆さんは今、どのような毎日を過ごしていますか?
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにはやむをえないことでしたが、年度末・年度当初の大切な時期に、心の準備もままならないうちに、急に先生や友達に会えなくなってしまいました。 国の非常事態宣言の期間が延長され、もうしばらく「おうち生活」が続くことに、学校教育に携わるものとして胸を痛めています。
 生徒の皆さんが、ウイルスという見えない敵、そして、いつ学校が始まるのかわからない状況に対して、不安を感じているのではないかと危惧しています。このようなときだからこそ心を強く持ち、一人 ひとりが何をするべきか冷静に考え、判断し、行動していくことが大切です。そして、ピンチの中からチャンスを見いだしていく前向きさを失ってはいけません。臨時休業という状況をプラス思考で受け止め、感染拡大の防止のみならず、学習や生活の面でも何とか有意義なものにしていかなければなりません。
 今はウイルス感染の拡大防止が最優先です。未知のウイルスであるが故に、ウェブ上には誤った情報が流れている場合もあります。繰り返しになりますが、何が正しい情報かを見極め、感染拡大防止に向けて何をすべきか、何をすべきではないのかを、冷静に判断してください。
 次に、皆さんの心身の健康についてです。不規則な生活になっていませんか?時々は体も動かしていますか?誰かとお話しできていますか?時々笑っていますか?もちろん人混みに出かけることは控える必要がありますが、ジョギングや縄跳びなど、限られたスペースで可能な運動も色々あります。それぞれに自分と向き合って考えてみてください。
 普段は授業や部活動等で忙しくしているので、時間を持て余してしまうと何をしたらよいかわからなくなりがちです。普段あたり前に思っていた日常的なものが、なくなってみて初めてその重要性に気づくことがあります。学校は、皆さんにとってそのような存在なのではないかと思います。
 2・3年次生には5月1日に宅配便で発送した教科書が、1年次生にはレターパックで発送したシラバスと生徒手帳が、お手元に届いている頃かと思います。もうひと月我慢していただくことになりますが、学習課題に前向きに取り組み、学生としての本分を果たしてください。我々教職員一同は、感染リスクを減らすための様々な対策を講じ、一日も早い学校再開に向けて準備を進めていきます。
 少しでも皆さんの不安が減り 、有意義に過ごせること 。そして、早期にウイルスの感染拡大が止まって学校が再開し、たくさんの笑顔が明星が丘の川総キャンパスに戻ってくることを祈っています。

穀雨(こくう)について

生徒の皆さんへ④
令和2年4月28日


穀雨(こくう)について


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 今年の春は、いつもとは大きく違う季節になりました。日々溢れる情報の取捨選択に疲れて気持ちが沈んでしまいそうになる中で、上を向く機会を唯一与えてくれたのがサクラやハナミズキの花でした。
 さて、唐突な質問ですが、皆さんは「穀雨」をご存じですか?
 川総で学ぶ生徒には、ぜひとも知っておいていただきたいキーワードです。
 4月19日から5月4日の期間は、二十四節気 (にじゅうしせっき)の一つで立春から数えて5番目にあたる穀雨と呼ばれています。 二十四節気は古代中国で作られた暦で、日本では平安時代から使われています。日本の1年を24等分して、約15日ごとに移ろう細やかな季節それぞれに名前を付けたものです。穀雨は、穀物をうるおす春の雨が降る頃。昔から、種まきの好機とされてきました。穀物だけではなく、色々な草花(雑草も)も春の雨を浴びて、ぐんぐん育っていきます。 穀雨は、田畑を潤して穀物の成長を促す雨もあり、昔はこの時期から田植えの準備をする等、農作業を行う目安だったそうです。春の雨の後には 、安定した晴れの日が続きやすいと昔から言われてきました。
 そしてこの時期が終わると、童謡・唱歌でお馴染みの八十八夜( 今年は5月1日です)が訪れます。これは立春から88日目の夜のことで、「八十八」を組み合わせると「米」という字になることや末広がりを表す字が重なることから、この日に摘んだお茶は縁起物であり、栄養価も高く、口にすると1年元気に長生き出来ると言われています。 農業に携わる人にとっては大変重要な日とされてきました。
 恵みをもたらす雨は、穀物に対してだけではなく、この雨が長い冬の間大地に眠っていた沢山の生命を目覚めさせ、様々な生物が活発に動き始めることも意味しています。
 昨今、私たちに降りかかっている先の見えないこの状況にも、やがて安定した穏やかな晴れの日が必ず訪れます。その時に、あの頃降りかかった雨は転機であり必然だったのだと思えるよう、今は大変ですが、生徒の皆さんにはそれぞれの場所で、来るべき日のために戦略と戦術を練り、そしてその為の勉強や知識を補てんする等、本当の意味での春を迎える準備の時間にしていただきたいと思います 。

「ハナミズキのみち」

生徒の皆さんへ ③
令和2年4月22日


「ハナミズキのみち」について


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 川越市内では、例年より一週間ほど早くハナミズキの花が見ごろを迎えました。ハナミズキの原産地はアメリカです。アメリカ北部の地域では、日本の桜前線のようにハナミズキの開花状況を地域の情報として届けているそうです。
 さて、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、余儀なく自宅でお過ごしの皆さんに、今日は、「ハナミズキのみち」についてお話しします。
 岩手県陸前高田市に、海側から山側に延びる避難路の目印としてハナミズキの木が植栽されています。ハナミズキの避難経路を提案したのは、陸前高田市にお住いの淺沼(あさぬま)ミキ子さんという方です。淺沼さんは、人一倍責任感が強く、自分の生まれ育ったまちを愛していた息子さん(当時25 歳)を、東日本大震災の津波で失いました。ある晩、息子さんが夢の中に現れ、「津波から逃れる避難経路に沿ってハナミズキを植えてほしい。このまちが大好きだからずっと守っていきたい。」と告げられたのだそうです。その思いを受け止めた淺沼さんは、震災を風化させまいという願いを込めて1万人以上の署名を集め ました。そして、ハナミズキの花が咲く避難路を提案したのだそうです。
 本校では、平成24年(2011年)の10月以降、ボランティア活動を継続して行い、のべ579名の 生徒・教職員が宮城県気仙沼市を中心とした被災地に足を運び、「微力だけど無力ではない」を合言葉に、震災復興のお手伝いをさせていただいており ます。
 私たちのこれからの学びで大切なことは、人を思い、人と積極的に関わり、人と行動をともにすることです。時には日本語だけでなく、外国語を交え、海外の歴史や文化、思いや考えをしっかりと理解し、逆に、日本人としての思いや考え、文化や歴史をしっかりと伝える力が求められる時代が、東京 2020オリンピックを契機にまもなく到来します。
 休業が明けたら、新たな学校生活がスタートします。どうぞ学校や家庭の中で、友達同士の関係の中で、ハナミズキの花言葉「私の想いを受けてください」にあるように、様々な体験や学びの中で、「思いや気持ちをしっかりと受け止めること、そして、しっかりと伝えること」を大切にして欲しいと思います。
 保護者の皆様におかれましても、引き続き感染拡大防止の取組を徹底していただき、できるだけ早く学校が再開できますよう、ご理解とご協力をお願い致します。


参考ホームページ
陸前高田「ハナミズキのみち」の会 http://hanamizukinomichi.com/

学校代表挨拶

学校代表挨拶


 本日晴れて川越総合高校に入学された新入生保護者の皆様 、ご入学おめでとうございます。すべての教職員とともに、お子様の入学を心から歓迎します。
 入学式は、新入生を歓迎する式典であるとともに、「この高校で学ぶ」意識を確認していただく機会でもあります。新型コロナウイルス拡散防止対策の一環として、式を縮小して実施せざるを得なくなったことをお許しください。
 学校長として、本来お伝えしたかったメッセージを書面にしたためましたので、自宅に戻ってから お子様と一読していただければ幸いです。
 保護者の皆様におかれましても、これからの3年間の高校生活について、ぜひお子様と語りあっていただきたいと思います。そして、本校の教育方針や指導について、ご理解とご協力を賜り、新入生のみなさんの高校生活が、より楽しく、充実したものとなりますよう、私たち教職員とともに支えていただくことをお願い申し上げ、学校代表挨拶とさせていただきます。


令和 2 年 4 月 8 日
埼玉県立川越総合高等学校 校長 服部 修