日誌

きょうの川総(*^-^*)

球技大会

3月14日、15日の2日間で球技大会を行いました。

男子はサッカー、女子はバスケットボール・ドッジボールに分かれ、クラス対抗で戦いました。グランドも体育館も真剣に戦う姿と笑顔と応援の歓声であふれました。

優勝は、サッカー:2-4、バスケットボール:2-3、ドッジボール:2-6 でした。

最後にはサッカー・バスケットボールの生徒代表チームと教員チームとのエキジビションマッチも行われ、おおいに盛り上がりました。 

  

     
  

卒業式

うららかな日差しの中で、第21回卒業証書授与式が厳粛に行われ、230名の卒業生の門出を祝福しました。

三年間慣れ親しんだ校歌も、今日が最後。普段よりも一層思いがこもっているように聞こえました。卒業生代表の答辞では、川総ならではの授業や行事を通じて身につけた力を今後生かしていく決意が語られました。また式の最後には、「旅立ちの日に」の歌声が体育館中に鳴り響きました。

卒業生の皆さんの今後の活躍に期待しています。
 

         
                                        

第2回学校評価懇話会

第2回学校評議員会兼学校評価懇話会を行いました。

学校評議員の方、PTA会長にご出席いただき、本年度の取り組み、保護者・生徒・教員アンケート結果、学校自己評価システムシートについて意見交換を行いました。

出席した生徒会本部役員・FFJ本部役員の生徒からは、「外部に向けての農業に関する取り組みをやりたい」「先生との進路面談や3年生の体験談を通じて、進路に対する意識が高まった」など活発な意見が出されました。

   

三送会

家庭研修中の3年次生が1週間ぶりに登校し、三送会を行いました。

1年次生はクラスごとにステージでダンスをしたり、体育館を装飾したりしました。
2年次生は3年次生の教室を装飾し、登校した3年次生を喜ばせました。
その他にも部活動や有志のステージ、運動部ビデオメッセージ、3学年の先生方の出し物と盛りだくさんで、卒業が近づいた3年次生を祝福しました。

   
 
   

2年次 進路報告会

3年次生が登校する日も少なくなってきました。
今日は、3年次生が進路に関する体験談をを2年次生に伝える、進路報告会を行いました。

12の分野に分かれ、進路実現のために努力したことや、残り1年間の高校生活のアドバイス等、熱心に話してくれました。
2年次生はどの会場でも真剣に耳を傾けていました。

  

課題研究発表会

「課題研究」は、3年次生が各自で研究課題を設定して課題解決をする科目で、次の17の講座があります。

    ・食品科学・土木・社会・飼育・保育・理科・野菜・
    ガーデニング・生物工学・英語・被服・環境・情報・作物・
    食文化・フラワー

今日は各講座ごとに、全校生徒の前で1年間の課題研究の成果を 発表しました。
ステージで作品を披露したり、パワーポイントを使用して研究内容を発表したりと、工夫されており、1、2年次生も真剣に聴いていました。

   
       

住宅展示場見学

 1218日(火)放課後、3年のリビングデザイン選択者は川越ハウジングギャラリーを見学しました。
   生徒は、グループに分かれてモデルハウスを見学し、断熱材についての説明を受けるなど大変有意義な時間を過ごしました。


                      
  

3学期始業式

年が改まり、3学期の始業式を行いました。
校長、生徒指導部の話の後、生徒会新役員の挨拶がありました。
登壇した16名の生徒会役員は、全力で行事を作り上げる決意を述べ、生徒たちからは大きな拍手が送られました。

    

2学期終業式

2学期の終業式を実施しました。
校長、教務主任の話に引き続き、2学期に各方面で成果を上げた生徒たちの表彰を行いました。
成績優良者、農業鑑定競技会全国大会優秀賞・英検2級・3級フラワー装飾技能士取得者、弓道部・バレーボール部が表彰されました。

引き続き、埼玉県高校弓道選手権大会で優勝し、全国大会に出場する男子弓道部の壮行会を行いました。全国大会は12/24~26に岡山で行われます。健闘を期待しています。

  

ダイコン炊き出し会

 12月19日(水)2・3時限に第3年次学年行事としてダイコン炊き出し会を開催しました。

 本行事は、2年次生生徒会・FFJ本部役員の生徒が企画・立案・運営を行いました。

 代表の生徒(川越市立城南中)は昨年度、総合実習において食味試験と称して学校で採れたダイコン、お米を食べる経験を通して「食」について考えるようになりました。FFJの意見発表会の内容にも実践として行事を企画したいと意見を述べていました。

「9月の休日にダイコンの種を播きに名細農場に行ってから3カ月。うまく育たなければ企画自体ができなくなる状況でしたが、修学旅行前の時点で順調に育っていたので実施する運びとなりました。担当の先生も初めての試みだったので上手にできるか不安でしたが、3年次の先輩や先生方が温かく見守ってくださったので無事終えることができました。ありがとうございました。絶対来年も何か行事を私たちの手で企画・運営をしたいです。」と話していました。