野球部日誌

そしてまた

こんにちは。

夏季埼玉県高等学校野球大会も8月23日(日)に

無事に終了することができました。

 

本校は、市立川越と対戦しましたが、残念ながら敗れてしまいました。

しかし、3年生を中心にとってもいい顔で野球をしていました。

 

ここからは、自分たちの進路実現へ向けてスタートです。

 

毎年ですが、カワソウの3年生は本当に成長し立派になります。

今年は、そんなカワソウの取り組みが紹介されました。

ベースボールマガジン社発行の「ベースボールクリニック9月号」に

掲載されています。もし良かったら、ご覧ください。

凄い強い学校に見えます(笑)

 

 

そしたまた、新チームがスタートしました。

彼らが決めたスローガンは「百花斉放」

意味は、いろいろな花が一斉に咲き開くだそうです。

ぜひ、彼らが咲き誇れるように、土や水のような存在に

なれればと思います。

私のスローガンは、次回。

 

念願の

こんにちは。

夏季埼玉県高等学校野球大会の相手が決定しました。

 

8月10日(月)市立川越高校と所沢航空公園球場で対戦します。

 

市立川越は、言わずと知れた、県内でも強豪校。

公立高校の雄として埼玉県の高校野球をリードしてきた学校です。

 

今回の代替大会は、まず地区ごとの対戦となります。

部長や主将には、「せっかくだから、川越工業(私の母校)か

市立とやりたい。」と伝えていました。

 

さすが部長です!!

 

市立の新井清司先生には、本当にお世話になっています。

川越総合に着任してから、毎年新チームの練習試合の初戦を

やらせてもらっています。いつもカワソウのことをカワウソ

と言いますが、(それでカワウソキャラクターを作成しました)

気にしてくれています。

 

市立の選手は、どの代も3年生になると人間的にとても成長します。

それが、夏の大会の好成績につながっていると思います。

カワソウでも、常々市立みたいになろうよって言ってきました。

 

今年も、野球で比べたら勝負になりませんが、

カワソウの3年生は、人間的にとても成長しました。

他の学校にはないたくさんの経験をしました。

 

念願の市立です。

 

カワソウらしく、戦います!!

さすが。

こんにちは。

 

今年も新しい仲間が加わりました。

選手4名、マネージャー1名が入部してくれました。

 

新チームは、選手10名です。私がカワソウにきて、一番

少ない人数です。でも、なぜかワクワクしています。

どうやって工夫しようか、どうやって戦おうか考えています。

いつものカワソウらしさは変わらず、他校には面倒臭い存在になりたいと思います。

 

やはり、3年生はこの活動停止期間で格段に成長していました。

6月23日は、3年生とノックの日でした。

前日にキャプテンが「明日、雨の予報ですが練習どうしますか?」という問いに、

「土砂降りでも、グラウンドがぐちゃぐちゃでもノックをやるよ。」と伝えました。

当日、雨は降っていませんでしたが、朝からグラウンドには水たまりがありました。

選手がどうするかを見ていると、昼休みに3年生が水抜きをしていました。

2年生も手伝っていました。最高のノックをするために、よい準備をする。

「準備の大切さ」は、ずっと伝えていました。3か月以上空いていても、それが自然にできる。

さすが、3年生です。

ちなみに、久しぶりにやったノックはグラウンド以上にぐちゃぐちゃでした(笑)

 

しかし、3週間余りが経ち、3年生は限られた時間の中で、調子を上げてきました。

修正力が高いです。本当に楽しそうにプレイをしています。

メニューもほとんど3年生の提案です。しかも、自分のことだけでなく、

1・2年生に教えてくれています。2年生キャプテンは、3年生キャプテンにベッタリです。

ある日、2年生キャプテンのバックに、「リーダーになるためには」という本が入っていました。

本屋に行ったら、気になったので買ったそうです。1年生には、アップの動画を送って覚えて

もらうように工夫しているそうです。

 

そうやって、カワソウの魂が繋がっていくのだなぁと感じています。

 

代替大会まで、後1か月。どこまで成長していくのか楽しみです。

 

本来ならば7月10日が選手権の開幕でした。せっかくなので写真を撮りました。

さぁ。

こんにちは。

 

埼玉県も代替大会の開催が決まり、少しずつ詳細もわかってきました。

大会を開催していただけることに心から感謝いたします。

 

この野球部日誌も多くの人が観てくれているようです。

高校の時の同級生から「3年生に何か支援できないか?」や

川総OBの方から「できることがあったら言ってください!!」など

たくさんの励ましをいただきました。

 

ありがとうございます。

 

先日、保護者からビデオメッセージをいただきました。

絶対に泣くので観ることができません。保護者も一緒に戦ってくれているカワソウ。

本当にありがたいです。

 

本校でも、22日から部活動が開催されます。週3日程度1回60分程度でのスタートです。

 

でも、嬉しいです。

グラウンドにやっと選手マネージャーが戻ってきます!!

グラウンドも喜ぶと思います。

 

まず、したいこと。二つありました。

 

グラウンドで校歌を歌う!!

学校への感謝と野球ができる喜びと今年度川総にいらした

先生方へ聞かせたいという思いでした。

早々に、中田部長(教務主任)に

「流石に大きな声で歌うのは・・・(ガイドラインでも禁止されています)」

と言われましたので、断念。

 

二つ目。奉仕活動。

カワソウ野球部は月曜の朝は、校内外の清掃活動をしています。

臨時休業中は、多くの先生が校内外の草むしりや、環境整備をしてくれました。

学校への感謝をこめて、野球ができる喜びをこめて、

真っ白なユニホームを着て、奉仕活動からスタートします。

それが、カワソウ。

 

あせらず、じっくり、ていねいに。積み重ねていきます。

覚悟と絆

こんにちは。

5月20日に第102回全国高等学校野球選手権大会ならびに

埼玉県大会の中止が決定しました。

 

無念です。

 

代替大会も検討中のようですが、状況はどうなるかわかりません。

生徒たちはショックと不安でいっぱいです。

その中で、今後をどうするかという苦しい選択を考えてもらいました。

 

結論から言うと、選手9名マネージャー1名の合計10名はどういう形になるか

わからないけど、全員で区切りをつけることになりました。

 

先も見えず、進路を考えると、迷う生徒もいたようですが、

キャプテンを中心に、すぐオンラインミーティングを行ったようです。

この学年の凄いところです。

 

絆の強さを感じます。

そして、3年生の覚悟を感じました。

 

また、カワソウ野球部が高校球児の代表として、

大会運営の立場に立って、代替大会を行うにはというレポートを課しました。

2.3年生とも自分のことで辛いのに、色々なチームのことを考え、

運営側の立場で問題点を洗い出し、考えられたレポートでした。

 

なぜ、このようなレポートを課したか、理由は大きく2つあります。

一つ目は、「やりたい」や「無理」だけで物事を考えてほしくなかったからです。

「やるためにはどうするか」「やる工夫」「やる準備」を考えてほしかったからです。

今後をどうするかという選択をしてもらったのも、ここを考えてほしかったからです。

二つ目は、将来コロナのせいや、○○のせいにしてほしくなかったからです。

今は難しいかもしれないけど、将来この経験があったからって思える人生にしてほしいです。

 

今回、この数日間でカワソウ野球部はたくさんのことを考え、悩み、深めました。

彼らは、間違いなく、どこへいっても、どんな苦境があろうとも必ず乗り越えられます。

 

3年生との残りの時間「覚悟と絆」をテーマに、

いつものカワソウらしく前へ進みます。

 

3年生、ありがとう。