野球部日誌

夏に向けて

こんにちは。

12日に行われた春季高校野球

埼玉大会西部地区予選1回戦

所沢北高校戦は8-10で

敗れました。

この戦いに向けて、以下のことを

取り組んでいました。

①初回の入り

②先制点

③初球から積極的な打撃

④一つひとつのアウトを丁寧に、必死に。

2回にまさかの5点を先取したものの、

すぐに追いつかれ、勝ち越し、逆転、

追いつき、離されと壮絶な試合となりました。

本当に悔しかったです。

試合後泣いている選手もいました。

グラウンドに戻って全員が練習をしていました。

この悔しさを忘れず、一つひとつにこだわりを

もって夏に向かいたいと思います。

多くのご声援ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします





春季大会

新年度に伴い指導体制も

変わりました。


杉戸農業から中田力哉先生が異動

となり、野球部部長となります。

藤田睦雄先生が顧問となります。

新しい力も加わり、いよいよ

スタートします。


春季高校野球埼玉県大会

西部地区予選も12日から

始まります。

本校の初戦は、

12日初雁球場第3試合(14時)

所沢北高校との対戦となります。


平日となりますが、多くの方の

応援をお待ちしています。

よろしくお願いします。

感謝

こんにちは。

いよいよ新年度のスタートです。

2年前にご定年を迎え、その後2年間

再任用として、川総のために、そして

野球部のために計13年間ご尽力いた

だいた澤田泰造先生が異動となりました。


3月26日には、OB、OB保護者、

現役保護者、総勢70名程度が集まり、

思い出話に花を咲かせていました。


澤田先生の川総を愛する思いを受け継ぎ、

OBたちがいつでも帰って来られるように

していきたいと思います。応援される

チームでありたいと思います。

   澤田先生と教え子たち

     参加者全員

卒業

こんにちは。
3月11日(土)に卒業式が

行われました。


選手7名マネジャー1名が

川越総合高校から巣立っていきました。

 

彼らが2年生の秋に体制が変わり、

大変なことも多かったと思いますが

本当によくやってくれました。

 

それだけに最後の夏は勝たせて

あげたかったです。

 

9回2死走者無までリードしていて

あと一つのアウトが取れませんでした。

あと一つの難しさ、大切さは彼らの

人生の糧にしてほしいです。

 

この悔しさは、後輩が必ず返します。

 

卒業おめでとう。




 

恩師

こんにちは。私事ではありますが

2月25日に高校時代の野球部監督

が還暦になりましたのでお祝いをしました。

 

恩師は、母校で18年間指揮を執りました。

当日は85名の教え子が集まり恩師を囲みました。

 

元々口数が少なく、何を考えているかわからず

ただただ怖い存在でした。

 

その恩師が壇上で昔話や、想いを話しているとき

は感慨深いものがありました。

 

今、同じ立場になって恩師の言っていた意味や

考えが少しわかるようになってきました。

 

また、「恩師」を介してたくさんのつながりを

感じられる1日でもありました。

 

次の日朝、恩師からメッセージが届きました。

 

「初心に返ってやれることをやります。」

 

恩師の教え子でよかったと思います。