農場 日記

農場について紹介します。

晴れ 御無沙汰していましたm(__)m

 長い間更新せず、すみませんでした絵文字:絶望
 今年度もイネは順調に育っています絵文字:重要絵文字:重要
 先週、3年次生「作物」選択生の田植えは無事終了しました。
 選択生達は初田植え機操作でかなりドキドキしていましたが、
植え終わった姿を見て感動していました絵文字:笑顔
 西部地区の高校で田植え機操作ができるのは本校だけです絵文字:笑顔
 これを見ている中学生の君絵文字:重要絵文字:重要来年待っていますよ絵文字:良くできました OK

    
          育苗箱から取り出します絵文字:笑顔                田植え機にセットして絵文字:良くできました OK
       丁寧に取り出します!!真剣、真剣絵文字:ちょっと濃い


              
                            水田に植え付けます絵文字:音楽
                    今年は天気に恵まれて絶好の田植え日和でした絵文字:キラキラ






 今年は去年と同じ内容を紹介しても面白くないので、視点を
捻って本校の稲作栽培技術を紹介していきたいと考えています絵文字:笑顔
 説明する内容で若干、作業の時空列がおかしくなるかもしれま
せんが、わかりやすく更新していくのでよろしくお願いします絵文字:良くできました OK
  

晴れ 番外編(豆腐製造実習)

 本校では稲作を学習する前に、作物の基礎を学ぶ「作物基礎」を2年次生
対象に開講しています絵文字:笑顔
 この講座では、作物の基礎を学ぶために、ダイズ、ソバ、ポップコーンを
栽培しています絵文字:ちょっと濃い
 さらに、栽培した作物を利用して加工技術も学びます絵文字:キラキラ
 今回は、実際に育てたダイズを利用して豆腐の製造実習を行いました絵文字:重要絵文字:重要
 ちなみに、ダイズは100%川越総合産です絵文字:良くできました OK

                                          
                             ダイズです!!                                                                                             
                            今年は豊作でした絵文字:笑顔

        
          一晩水に浸したダイズと水を、       呉を90℃まで焦がさないように混ぜながら煮ます絵文字:重要
         ミキサーでギュンギュン混ぜます絵文字:笑顔
           これを呉(ご)といいます絵文字:重要

                     
         熱いので棒を使って搾ります絵文字:重要        凝固剤を入れて型にはめ、重しをのせて固めます絵文字:重要
    搾って出たのが豆乳で、残ったものがおからです絵文字:ちょっと濃い


                   
                  絵文字:雪冷却中絵文字:雪                      完成です絵文字:重要 絵文字:重要
                                    空洞がなくズッシリとした豆腐ができました絵文字:キラキラ 絵文字:キラキラ 


 完成した豆腐は各班同士で試食し合いました絵文字:笑顔
 生徒の感想は、でき立ての豆腐は風味があって甘く、調味料なしでも食べれられると、
今までの豆腐の概念を覆す美味しさだと、とても感動していました絵文字:笑顔

          
このHPを見ている中学生の君絵文字:重要絵文字:重要
興味があったら本校に入学して、ダイズ栽培から豆腐作りをやってみませんか絵文字:笑顔

晴れ 砕土

 遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします絵文字:笑顔
 去年、耕起(秋耕)をおこない、土の表面が乾いたので次の作業を
おこないました。
 耕起のままだと土の塊が大きく水田の中が凸凹状態なので、土を
細かく砕いて整地をおこない、表面を平らにする必要があります。
 この作業を砕土といいます絵文字:重要絵文字:重要
 今回はその様子を掲載します絵文字:ちょっと濃い

     
           後ろから絵文字:重要絵文字:重要               前から絵文字:笑顔右が砕土前、左が砕土後絵文字:重要絵文字:重要  
 砕土を行うと土が反転するので湿った土が出でくるよ絵文字:うーん 苦笑           凸凹が直っています絵文字:マル    
  

    
       この作業機、爪が沢山ついていて、               作物選択生徒も実際に運転します絵文字:キラキラ      
        回転して土を細かくするんだよ絵文字:良くできました OK              しっかり学べば高校生でも操作できるよ絵文字:ひらめき       

晴れ 冬の作業、整地①

 しばらく更新できずにすみませんでした絵文字:絶望
 今年最後の内容は、イネ刈り後の水田作業を報告します絵文字:重要絵文字:重要
イネ刈りの際、コンバインが水田内を踏み固める為、土が固くなってしまい、
土と空気の接触面が少なくなり土壌微生物の活動が抑えられ有機物の分解
が止まってしまいます絵文字:泣く
 これらを逆に促進させるために水田内の土をできるだけ深く掘り起し、土と
空気の接触面を多くさせる作業をおこないます絵文字:ちょっと濃い
 この作業のことを耕起(こうき)といいます。別名、秋耕といいます。
 耕起後は、しばらく土を乾かして、さらに土を細かくします絵文字:笑顔
 この作業については来年のHPで載せる予定です。
 では、皆さん良い年をお迎えください絵文字:晴れ

           
          耕起前絵文字:笑顔                  耕起後!!土が湿っています絵文字:笑顔

                               
                この爪で掘り起こしました絵文字:ちょっと濃い

晴れ 稲刈りを行いました!!

 お米の販売と逆になってしまいましたが絵文字:うーん 苦笑稲刈りを行いました絵文字:重要絵文字:重要
 1年次生はカマを使用して手刈りで行いますが、3年次になると
田植え同様、面積が広いのでコンバインを使用して稲刈りを行い
ます絵文字:メガネ
 今年は収穫時期に豪雨にあい、予定していた収穫時期がずれて
しまいましたが、日程を臨機応変に調整して無事に終了しました絵文字:ちょっと濃い
 
             
              列に沿って一気に刈っていきます絵文字:重要絵文字:重要

             
           これを見ている中学生の君絵文字:笑顔
      この目線に立ってみないか絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ
 
             
                     収穫したお米は、
                 トラックの上のタンクに入れます。
                 詳しい原理は来年度のHPで絵文字:笑顔