農場 日記

農場について紹介します。

晴れ ヒエ図鑑

 前回ヒエ抜きの話をしましたが、今回は本校の栽培を邪魔するヒエの画像をアップします。
 うれしいことに?本校では水田雑草リストに載っているヒエのほとんどが確認できます苦笑い
 余談ですがヒエには普通に食用できる栽培ヒエと、そうでない雑草ヒエがあります。
 植物分類上、種が違うので、勘違いして食べないように!!
 雑草ヒエは調理しても固くて食べられませんバツ
 
 


       
    イヌビエ  穂が茶褐色なのが特徴です!       ちなみに株元は紫褐色です!          
          畑地でもよく見られます怒る


       
   タイヌビエ 穂が淡緑色名のが特徴です!  ケイヌビエ のぎが長くフサフサしているのが特徴です!

晴れ 夏の管理作業①

 猛暑厳しい中ですが、イネは熱帯性の作物なので元気に育っています興奮・ヤッター!.。
 おかげさまで、水田内で9割出穂を確認しました!!
 今後も、気を抜かず管理していきます。
 今回は夏休みに行った作業の一部を紹介します。
 この画像を見てください。

       
                          作業前

         
                          作業後
 
 作業前の画像には水田内に違う植物が生えていることがわかりますか?
 この植物は水田雑草で有名なヒエです心配・うーん
 ヒエはイネ科の雑草で若いうちは区別がつきにくく、ある程度成長しないと間違えて
イネを抜いてしまうことがあります困る
 本校でも大発生しないように、除草剤をまいていますが、うまく効かないと作業前の
画像のように生えてしまいます疲れる・フラフラ
 本校の田園風景にふさわしくないので、可能な限り取り除きます。
 猛暑の中大変でしたが、ペース配分を考えて取り除きいい汗をかきました期待・ワクワク
 
 水田は作業後のような状態でないとねキラキラ






   

晴れ 確認しました!!

 もち米の出穂を確認しました興奮・ヤッター!
 出穂を確認し、まずは一安心したのと同時に、収穫までの管理作業を
しっかり進めていこうと気合が入ります!!
 収穫が楽しみですキラキラキラキラ
 

       
                   出穂した株ですにっこり      
           しっかり観察しないと見逃すので要注意虫眼鏡


     
                 なんと!!よく見たら眼鏡



     
           開花中の写真を撮ることができました興奮・ヤッター!
      開花はあっという間に終わってしまうのでラッキーでした花丸

晴れ 今年度の成長過程①

 今年度もイネは順調に育っていますにっこり
 夏休み企画として心配・うーん
 今回は今までの成長過程の画像を一挙掲載しますキラキラキラキラ
 中干しの時期も終わり、再び水田に水を入れてこれから出穂期に突入します!!
 今年も豊作になるよう暑さに負けず、しっかり暑さ対策をして管理していきます興奮・ヤッター!
 
  


      
        6月10日                6月17日
       田植え直後!             活着しましたにっこり



       
        6月24日                7月11日
       分げつ期、突入期待・ワクワク      水面が見えなくなるまであと少し興奮・ヤッター!



      
        7月26日                8月1日
     緑の絨毯になりました喜ぶ・デレ        現在、中干し中です晴れ

晴れ 本格導入検討中!!

 今年から育苗に使用する床土を培養土から別のものに変更しました!!
それは籾殻くん炭です。
 籾殻くん炭は、もみ殻を低温でいぶし、炭化させたもので一般的に土壌改良剤と
して多く利用されています。土に混ぜることで通気性や保水性が増すことができ、
根ぐされ防止や、アルカリ性で、酸性の土を中和させることができます。
また、微生
の棲家(すみか)として、とても有効なものです。
 ちなみに、くん炭の原料の籾殻は、もみすり後、沢山できるので、本校では冬に
くん炭を作成しています。

     
                  これが籾殻くん炭です!            床土に利用しましたキラキラ
           ちなみに色は黒ですにっこり

 何故、籾殻くん炭を利用したかというと、保水性、通気性が高いこともありますがひらめき
 
メインは!!
           重量が軽いことです。
 播種後の育苗箱は一箱当たり約5.5㎏の重さになります!!
 これを一つ一つ移動するとなるとかなりの重労働になります衝撃・ガーン
 籾殻くん炭を利用すると半分以下の重さになるので出芽器から育苗温室までの
移動作業がラクラクです興奮・ヤッター!
 「作物」選択生達もスイスイ移動作業を行ってくれました興奮・ヤッター!通常のは…でしたが戸惑う・えっ
 籾殻くん炭の場合、肥料分が培養土に比べて足りないので追肥をまめに行う必要
がありますが、今後の成長に響かなければゆくゆくは全面的に取り入れていきたい
と考えています喜ぶ・デレ

              
                      培養土で播種した苗ですにっこり


              
                      根張りもく立派に育ちましたまる


              
                           籾殻くん炭で播種した苗です!!
                      草丈も培養土に比べて大きな差はありません期待・ワクワク



              
                           黒い部分が、籾殻くん炭です了解
                               根張りも良いです興奮・ヤッター!