女子バレーボ−ル部日誌

晴れのち曇り 練習試合をしました。

8月26日(水)
 浦和南高校と練習試合をしました。
浦和南高校は南部支部の高校なので、練習試合をするのは初めてです。6月のインターハイ県予選で対戦したことがご縁で、今回対戦いただくことになりました。
 どちらも3年生が引退し新しいチームを作っている最中なので、セットカウントなどは気にせず内容に注目して行いました。本校チームは、今までレシーブ力の強化を目標に練習してきた成果が徐々に現れてきました。
 最後のセットは、相手チームが1年生チームで臨むということで、本校チームもメンバーチェンジをして1年生だけのチームとして対戦しました。
 日頃の練習で皆チーム練習はしていますが、1年生チームとしての練習はしたことがありません。そのためゲーム中のポジションに工夫がなかったり、前衛にいてもブロックしなかったり・・・、試合経験が全く足りないと思いました。
 1年生が9名いるので技術講習会1年生の部(1年生大会)には単独チームで出場する予定ですが、練習したいことがまだまだたくさんあります。

  浦和南高校女子バレー部のみなさんありがとうございました。

晴れのち曇り 初めての練習試合

8月23日(日)

 本校を会場に初めての練習試合を行いました。相手は川越西高校です。
3年生が引退してからは、基礎練習が中心であり、合宿の頃からチーム練習も始めました。
この練習試合は、その成果を試す良い機会となりました。

 印象としては、そこそこできていたと思います。スターティングメンバーで2セット行い、その後メンバーチェンジやフォーメーションを変えて全員がコートに立ちました。急なメンバーチェンジでも慌てないように、そして実力を発揮できるように・・・・と、日頃から言われていることを試されたかたちです。

 この日は、学校説明会でもあったので、部活動の見学に来てくれた中学生や保護者の方もいらっしゃいました。
中学校でバレー部に入っていた人から見ると、きっともの足らなく見えたのではないかと思いますがこれが今の実力です。

 部員には、この練習試合をとおして日頃の練習で行っているプレーの意図・目的をしっかり自覚して欲しいと思いました。何のために行っている練習なのかを、一人一人が理解することで練習をゲームに生かすことができるからです。


 川越西高校女子バレー部のみなさんありがとうございました。

晴れ 新チームでの夏合宿

 7月31日から8月3日までの3泊4日 長瀞げんきプラザで校外合宿を行いました。
2年生5名、1年生9名の14名全員が参加しました。
連日の猛暑日のなか、暑い体育館での練習もみんなの声に支えられて、しっかり取り組んでいました。
  
 3年生引退後、基礎練習を中心に行ってきたのでまだチームは固まっていませんが、それぞれのプレーヤーが
レベルアップをして新チームの戦力として成長してほしいです。
  
 集中して練習することで、今までできなかったプレーができるようになったり、そのきっかけをつかめたと思います。
この成果をいかに自分のものにできるかが、今後の課題でしょう。

 最終日、練習が終わったところで、退所式を行い無事終了しました。

星 新川総バレー部スタート

 
3年生と一緒だったとき
 1・2年生の新バレー部
 県予選会が終わり、3年生が引退しました。そして今は、2年生を中心に1年生と14名での練習が始まりました。今年も、2年生が日替わりで一日部長をしながら練習に取り組んでいます。20名から14名に部員が減っても声の大きさはそれほど変わらず元気です。
 今までのチームは3年生が中心だったので、現在は基本的なプレーや身体の使い方の練習を行っており、チーム練習ができるようになるにはまだずいぶん時間がかかりそうです。
3年生が作ってくれた新しい伝統を引き継げるように頑張ってほしいです。

晴れ 学総兼全国高校総体バレー大会県予選 あと一歩

6月16日
 学総兼全国高校総体バレー大会県予選 会場は本庄総合公園体育館です。
1回戦 浦和南高校
 第1セット 25-20
 第2セット 25-13  セットカウント2-0で勝利しました。

 第1セットは、相手のサーブに振り回された感じでゲームが進み、終盤になってからは本校からのジャンプサーブで引き離しセットをとりました。第2セットはしっかりサーブが打てていたので、序盤から本校のペースでゲームが進行しました。相手のサーブで崩されても守る位置の工夫で対応できていました。
 このゲームはサーブをしっかり打ちサーブカットをしっかりあげられれば、もっと良いゲームができたと思います。

2回戦 越谷南高校 
 第1セット 14-25
 第2セット 25-23
 第3セット 17-25 残念ながらセットカウント1-2で敗れました。
この試合に勝てていればベスト16でした。

 このゲームも、サーブとサーブカットがポイントでした。
第1セットは、相手のサーブに翻弄され、うちのチームの持ち味が出せないままとられてしまいました。第2セットからは本校のいつもの攻撃が出るようになりリードしましたが、徐々に追い上げられ・・・接戦の末、セットをとりました。
 ここまでの試合の流れをみてみると互角の戦いだったと思いますが、第3セットになると相手のサーブの威力が戻り、じわりじわりと差が開き、最後は食い下がったものの届きませんでした。
 試合後、応援に来て下さった保護者のみなさんに挨拶しました。このときには悔し涙を流す三年生の姿がありました。

 この大会のために三年生の保護者の方々が手作りで横断幕を作って下さいました。本校チームにふさわしいメッセージの横断幕、ありがとうございました。
試合後、この横断幕を掲げてみんなで記念撮影をしました。

曇り 直前の練習試合 13日と14日

6月15日
 いよいよ明日、学総兼全国高校総体バレーボール大会の県予選会です。本校チームは本庄総合公園体育館で試合に臨みます。この大会に向けて最後の練習試合を行いました。

13日(土)
 聖望学園高校にて、ふじみ野高校とともに3校で行いました。聖望学園高校とはこの数年で3回ほど公式大会で対戦していますが練習試合をするのは初めてでした。昼食をはさんで一日行えたので各校で4セットずつ対戦しました。この3校はともに西部支部の高校で今度の県予選会に出場するチームなので、モチベーションはどこも高かったです。
14日(日)
 松山女子高校・深谷高校、そして本校の3校で練習試合を行いました。この日のチームも今度の県予選会に出場します。
 練習試合で松山女子高校に伺うのは昨年の選手権大会の前以来です。深谷高校は北部支部の高校で初めての対戦となりました。昨日と同様に2セットずつ行って昼食、その後さらに2セットずつ、計8セット対戦しました。

 全日の練習試合を二日連続で行い、それもやや遠い高校を会場としたので、まるで長期休業中・合宿中みたいな感じで練習できました。
 きっとどこの出場校も大会でのプレーをイメージしながら最後の練習をしていることでしょう。本校チームは、いつもの良いプレーが1セット目の立ち上がりからできるように調整して臨みたいと思います。 

晴れのち曇り 6月の朝礼にて

6月1日
 月初めの生徒朝礼で、校長先生のお話の中で女子バレー部の県大会での活躍を紹介していただきました。さらに先月の西部支部春季大会で5位となり賞状をいただいていたので、校長先生から渡していただきました。
 中央の部長が賞状をいただいてみんなで礼、さらに生徒の方を向いて礼をし拍手をもらいました。日頃このような場に上がったことがないものだから、みんな緊張気味です。・・・終わってステージを降りようとしたときはいつもの笑顔に戻ってました。
この写真は終わってステージを降りようとしたところです。

 クラスメイトの多くは、バレー部に所属している友達がどのような練習をしているのか、またどのくらい頑張っているのかは知らないでしょう。こういう機会に紹介してもらえるのは部員にとってもうれしかったと思います。

晴れ 関東高校バレー大会県予選会 ・・・ 頑張りました。

5月9日(土)
 関東高校バレー大会への出場チームを決める県予選会が行われました。本校は、西部支部春季大会で5位となり、初めて県大会への出場を果たしました。そして1回戦に勝利しベスト16となりました。念願の県大会で1勝をあげることができました。

 会場は蓮田市総合市民体育館(パルシー)です。
1回戦 Fコート第2試合、幸手桜高校が相手です。
幸手桜高校とは、たまたま春休み中の審判講習会で対戦したことがあり、お互いにチームの雰囲気などはわかっていました。

 第1セット 15-25
 第2セット 25-18
 第3セット 25-19  フルセットの末 勝利しました。

 第1セットの立ち上がりを見る限りでは、両チームとも力の差はないように見えました。ゲームの進行とともに、相手がサーブをしっかり狙って打ってきたことで、うちのチームはリズムをつかめないうちにセットを落としました。春休みに対戦したときと比べたら、どちらのチームも良くなっていると思いました。
 1セット落とすと心理的にはだいぶ苦しくなるものですが、最近は1セット落としても気持ちを立てなおし挽回することを経験しているので、第2セットのスタート時は落ち着いて臨めました。やや相手のサーブにミスが出たことで、徐々にリズムを取り戻しました。トスが乱れてもエースを中心にていねいに打っていたことが良かったです。またサーブも日頃のサーブが打てるようになりました。
 第3セットでは本校のプレーが適度に乱れていたため、相手にとっては守りにくかったと思います。変則的になったプレーが相手のミスを誘う形となりました。結果的にはよく頑張りゲームを取りましたが、他の県大会レベルのチームのようにさらにレベルアップを図りたいと思いました。

 2回戦 Fコート第5試合 大宮東高校 今大会の第2シード校が対戦相手です。
 第1セット 18-25
 第2セット  8-25   セットカウント 0-2 で敗れました。

 普段から大きな声を出して練習しないと、大きな大会では通用しないといわれてきた部員が、本当の意味を肌で感じた試合でした。相手チームをはじめ隣のコート、さらには体育館全体が大きな歓声や応援に包まれ、自分たちの声が全く聞こえていなかったと思います。そのような雰囲気の中で勝ち進んでいく他のチームがとても大きく見えました。
  エースが高いブロックに挑む スタンドから1年生も応援

 ゲームは第1セットから相手のペースで始まりました。今までに体験したことがないような高いブロックや、速いトス回しでうちのブロックがついていけないなど、生徒は戸惑いもあったと思います。でもこういう大会に出場できたからこそ体験できるレベルでした。
うちのエースが果敢に相手のブロックに挑むプレーでチームの不安を掻き消してくれました。


 結果は、歯が立たないストレートでの負けでした。生徒は悔しそうな表情で泣きそうな生徒もいました。この県大会に出場でき幸運にも一勝あげることができたのだから、もっと笑顔になるのかと思っていましたが、それ以上に感じるところがあったようです。

 初めて出場できた県大会 ・・・ 満足感と悔しさが残ったこの気持ちが明日からの原動力となり、個々のプレーヤーとしてまたチームとしていっそう頑張ってほしいと思いました。来月には高校総体(インターハイ)の県予選会へ出場します。今回以上のプレーができるように頑張りましょう。

 お忙しいところまた遠い会場へ、保護者の皆様をはじめ多くの方々が応援に来て下さいました。本当にありがとうございました。生徒はみな良く頑張りました。とても良い大会だったと思います。明日からまたよろしくお願いいたします。

晴れ 西部地区春季大会・・・頑張りました。

4月25日(土)・26日(日)
 西部支部春季大会が行われました。
本校チームは順位決定戦で5位となり、県大会への出場が決まりました。
特に5位を決めたゲームはこの大会で一番頑張ったと思います。


 この大会は新人大会の結果から4校が県シード校となり、それ以外の出場校36チームから7チームが県大会へ出場できます。この県大会は、関東高校バレー大会の県予選会となります。

 本校チームは、1月の新人戦の結果から第8シードとなりました。第8シードはトーナメント表の山が大きく4つあるうちの第1シードと同じ山になります。順当に勝ち進むと3回戦で第1シードと対戦します。(2回戦を突破するとベスト8です。)
県大会へ7チームが出場できるということは、ベスト4が決まったら、そこに負けた4つのチームの中からさらに3チームが出場できるということです。ベスト8に入っても県大会へ行けないチームが1つだけでます。

25日(土) 会場は和光国際高校です。
1回戦 対:川越南高校
 第1セット 30-32
 第2セット 25-13   セットカウント2-1で勝利しました。
 第3セット 25-16
 立ち上がりを心配していました。日頃のプレーができていないまま第1セットが進み、両チームともそのままデュースを迎えた感じでした。お互いにポイントをあげたりミスをしたりの繰り返しで、結局30-32というカウントでセットを落としました。チームの雰囲気としては、いくらか焦ったり緊張しているように見えました。
 2セット目からは落ち着いたようです。序盤にリードをもらって危ないながらも2セット連取できました。

2回戦 対:武蔵越生高校
 第1セット 25- 8
 第2セット 25-19   セットカウント2-0で勝利しました。
 この対戦も立ち上がりを意識し、落ち着いたプレーで自分たちのゲームを作るようにしました。第1セットは気持ちも入って良かったと思いますが、続く第2セットはズルズルと得点失点を繰り返し、18-18くらいまで進みました。自分たちでゲームをコントロールできていないためです。タイムアウトを取り一呼吸おいてからは、しっかり戦えていたと思います。プレーしながら、ここまで来ないうちに自分たちで修正できるよう、周りに気を配れるようになってほしいです。この時点でベスト8が決まりました。明日はこのベスト8が集まり順位の決定戦です。

26日(日)
 会場は朝霞高校です。
3回戦 対:秋草学園高校
 第1セット 19-25
 第2セット 15-25   セットカウント0-2で敗れました。

 この大会の第1シード校との対戦となりました。普通に考えたら勝負にならない相手だと思いますが、チームに勢いをつけるためにも良い試合をしたいところです。
 立ち上がりにおいては失点するもののよく動くことができ、昨日とはだいぶ違っていました。相手の多彩な攻撃で崩れても、気持ちは切れずに頑張りました。

 この試合に敗れ次の試合のジャッジを担当しました。
本校チームは3回戦に敗れたので5位から8位までを決める順位決定戦に進みます。次の試合は、第4試合で所沢北高校と対戦することになりました。ここで勝てば5位、負ければ次の7位決定戦となります。

順位決定戦 対:所沢北高校
 第1セット 26-24
 第2セット 25-22 セットカウント2-0で勝利しました。

 所沢北高校とは、今までに公式戦で対戦したこともあり、また練習試合をお願いしたこともあり、ほとんどのセットを落としていました。それだけに厳しい内容になると思っていましたし、敗れた場合の7位決定戦のことも考えながら進めるべきかと思っていました。
 第1セット 序盤からリードしたり追いつかれたりしながら進行し、セット終了間際に22-24でタイムアウトを取ってから一気に逆転、セットをとりました。このセット最後の頑張りがこの試合のポイントでした。
 第2セットも序盤、わずかにリードしたもののほとんどシーソーゲームで終盤に。リードされる場面もありましたが、自分たちの良い攻撃パターンでゲームを決めました。・・・県大会出場が決まりました。
 ゲームが終わり整列したところで役員の先生から5位の賞状をいただきました。

 県大会出場を目指して頑張ってきた成果が実りみんな笑顔でした。

 2日間にわたり、お忙しいなか応援に来て下さいました保護者の皆様、ありがとうございました。生徒たちの日頃の頑張りがこのような成果となり、本当に良かったと思います。これからもよろしくお願いいたします。

晴れ 新入部員10人を迎えました。

4月19日(日)
 新入部員として1年生10名が加わり、現在部員は21名となりました。
1年生はみんな中学校でのバレー経験があり、当時の練習着を来て一緒に練習しているとすでに部としての一体感が感じられます。
  
 ウォーミングアップのなかでダッシュやボール投げを組み合わせたリレーゲームを行いました。1年生から3年生までが一緒になるチームを編成することで、一気にみんなの距離が縮まったように見えました。
 今週末には、西部支部の春季大会が行われます。ベストコンディションで大会当日を迎えられるように、部員の一人ひとりが川総バレー部である自覚を持って頑張って欲しいです。
特に1年生は、3年生と一緒に練習できる期間はわずかであることを忘れずに、この時間を大切にして欲しいと思います。