女子バレーボ−ル部日誌

晴れ 中学校との合同練習と学校説明会

7月29日(土) 本校の学校説明会の日です。
 午前中は説明会とは別に、三ヶ島中学校・高麗川中学校・宮前中学校のバレー部が来校し、合同練習を行いました。本校の部員がひとりずつに分かれ、5人くらいの中学生とグループを作って、日頃から行っている練習メニューに取り組みました。学校説明会に参加した中学生も暑い体育館に来て、部活動見学をしてくれました。多くの中学生が高校進学後もバレーボールをしてくれるといいなと思いました。
 午後は、説明会の会場で部活動についての紹介をさせてもらいました。

 体育館全面にコートを2面作って行いました。

 翌日の30日(日)は、久喜高校へ伺い飯能南高校、久喜のクラブチームの中学3年生、久喜高校さらに本校の4チームで練習試合を行いました。昼食をはさんで9セット対戦しました。ゲームの内容としては、もっと練習したいプレーがたくさんありましたが、一日にフルセット3試合分のゲームを最後までしっかりプレーできたことがよかったと思います。少し前だったら、午後の後半には疲れた顔になっていたのが、この日は最後まで頑張れました。夏休みに部活動を頑張ってきた成果が感じられる練習試合でした。

 効率よくアップをしてゲームに備える。 この日は体調不良のメンバーがいたので6人で戦いました。

晴れのち曇り 夏休み 校外合宿

1学期末の考査が終わってから、一気に練習のペースがあがりました。

 7月8日(土)には三ヶ島中学校を招いて合同練習、9日(日)には滑川総合高校との練習試合。
15日(土)には川越西高校へ伺い練習試合、さらに16日(日)は松山女子高校へ伺い合同練習と練習試合を行いました。
どこのチームも新チームとしてのスタートを切り、一生懸命練習している様子がうかがえました。
 本校のチームは2年生2名、1年生6名と少人数なので、合同練習や練習試合の機会を大切に取り組みました。

 そして夏休み 7月21日(金)から24日(月)まで、飯能南高校にて合同合宿を行いました。
初日と二日目は基本的なプレーを時間をかけて練習しました。
三日目は、両校の3年生や卒業生が連絡を取り合って集まってくれ、4つのチームを作って練習試合を行いました。

本校と飯能南高校の両チームが一緒に練習
両校の先輩チームが相手をしてくれました。
 
 1・2年生は、先輩と会えることをとても楽しみにしていました。また3年生は、6月の県大会以降も時々練習を見に来て、現在のチームの様子を気にかけてくれていました。またこうして校外合宿の会場にみんな揃ってもらえてとても有り難いと思いました。

 川越総合と飯能南 現役と先輩 4チームで行いました。 集合写真 1・2年生19名と多くの先輩方。
  
 この日は、午前・午後の練習時間にゲームをし、飯能南高校バレー部の保護者の方々が用意して下さった夕食をみんなでいただきました。1・2年生の部員より集まってくれた先輩の方が人数が多かったです。合宿棟の食事をする和室は、とても和やかは雰囲気でひとつのチームみたいな感じでした。保護者の皆様ありがとうございました。

 最終日は、午前練習をしっかり行い、片付けをして解散となりました。この4日間で両チームのメンバーは親しくなるとともに、気持ちの上でもプレーの面でも成長したと思います。まだ夏休みは始まったばかりですが、とてもよいスタートが切れたので、これから一層頑張っていきたいです。

晴れ インターハイ県予選 ベスト32

6月20日(火) 学総兼全国高校総体バレーボール大会 埼玉県予選

 本校は本庄総合公園体育館(シルクドーム)を会場に行われた県予選に出場、1回戦に勝利してベスト32となりました。

1回戦 山村学園高校

 1回戦は、本校と同じ川越市にある高校が対戦相手でした。
Lコートの第4試合ということで、ウォーミングアップやスカウティングをして準備をしていました。

 第1セット 25-7
 第2セット 25-19 セットカウント 2-0で勝利しました。
  
 1回戦 山村学園高校

 第1セットの立ち上がりは、日頃練習している連続ラリーをそのまま実行している感じでした。
自分たちのミスがほとんどない状態でゲームが進み、とても良いスタートでした。
 3年生中心のチームに2年生、さらに1年生がレギュラーとして入り、チームとしてしっかりまとまっていました。
 
 表のレフトがスパイク 裏のレフトがスパイク 頑張れ1年生
 
 第2セットは、徐々にリードを許し10-13のスコアーで給水のテクニカルタイムアウトを迎えました。
このタイムアウトでは、自分たちで声を掛け合い、そこから一気にペースが上がりゲームを決めました。
 タイムアウト中 また給水のテクニカルタイムアウト中

2回戦 小川高校

 同じコートの第3試合で小川高校が2回戦進出を決めたのを見て、ぜひ本校も初戦を突破したいと思いました。

 小川高校とは練習試合をしたことがありますが、支部が違うので支部の予選では対戦しません。いよいよ公式大会での初対戦となりました。
ユニフォームを替え、合同練習・公式練習とも気持ちの入った練習をし、いよいよ試合開始です。
 2回戦 小川高校 試合終盤にエースが打つ。

 第1セット 10-25
 第2セット  8-25 セットカウント 0-2で敗れました。

 第1セットから、本校チームの動きは良かったです。それでも相手のサーブに崩され思うような試合運びができませんでした。
長いラリーになっても、相手のミスが少なく隙がありません。少し前だったらうちのチームは根負けしていたと思いますが、強い気持ちでしっかりプレーできました。
 スコアだけ見るとワンサイドゲームですが、内容としては実力を発揮し力一杯戦うことができました。
最後は、レフトのエースが打ったスパイクを見事にブロックされ、床に飛んだボールが大きくバウンドしてゲームセットとなりました。
 試合を終えて
 ミーティング後にみんなで記念撮影をしました。
シルクドームのこの階段で、この黄色い旗を広げて写真を撮るのは二年振りでした。
当時1年生だった部員が3年生となり、同じポーズをしている姿を見て、この県予選に出場でき、しっかりプレーできたことを嬉しく思いました。

 保護者の皆様には、平日にもかかわらず大会会場への移動などご協力いただきありがとうございました。
また応援をありがとうございました。部員達は、日頃の練習の成果を発揮しとても良い試合になりました。
これからも川総女子バレー部として頑張っていきたいと思います。

晴れのち曇り 合同練習と練習試合

6月10日(土)
 本校に日高市立高萩中学校のバレー部のみなさんが来校し、合同練習と練習試合を行いました。本校チームには高萩中の卒業生がおり、後輩に頑張っている姿を見せる良い機会となりました。

6月11日(日)
 小川高校に伺い4校合同の練習試合を行いました。
しばらく前から小川高校とは練習試合を予定していましたが、先日の抽選会で20日のインターハイ県予選ではトーナメント表の同じ山に入ることになりました。そこで両チームは、1・2年生のチームでの対戦としました。
 また他の2校とは4セットずつ対戦しました。
メンバーと戦い方がだんだん固まってきた感じがします。

 先日のインターハイ西部予選のフォーメーションを、少し改善してこの練習試合に臨みました。
立ち上がりの1セット目は、お見合いしてボールを落とすシーンが見られましたが、その後はメンバーのコミュニケーションもとれるようになり、良くできたと思います。また相手チームの先生から、ワンポイントで技術面のアドバイスをいただいたり、実際にボールを出しながら指導をしていただきました。ありがとうございました。

晴れ 全国高校総体西部予選 県大会出場へ

6月1日(木) 学校総合体育大会兼全国高校総合体育大会西部支部予選 県大会への出場 を決めました。

 前回の関東高校バレー県予選の結果をもとに、西部支部からは県シード校7校・地区推薦校6校がこの予選を経ずに全国高校総体の県予選へ出場します。

 今日の予選では、29校が8校の出場枠をかけて対戦します。本校は第3シードとなりました。第1シードから第3シードまでのチームは、1回戦で勝ち上がってきたチームと対戦し、そこに勝てば県大会出場が決まります。

 本校は、坂戸ろう学校と対戦しました。

 第1セット 25-12
 第2セット 25-
 5  セットカウント 2-0で勝利しました。
 
合同練習から気持ちが入っていました。

 第1セットは、ややぎこちないプレーもありましたが徐々に調子が上がっていました。
この大会では、2・3年生に加え1年生もスターティングメンバーとしてコートに入りました。
4月から2ヶ月間、練習や練習試合をしてきた中で組んできたメンバーです。
 また練習試合どおりメンバーチェンジも行い、チームのみんなでしっかり役割を意識して臨むことができました。
  
いよいよ第1セット 笑顔でメンバーを送り出す。
 ポジションのチェックを受けて開始。

 第2セット スタートからミスが少なくプレーできているものの、リズムは今ひとつという感じでした。
  
第1セットも第2セットも、日頃から練習してきたプレーをしたい。
 この大会では熱中症予防として、各セット13ポイントとなったところで、30秒間水分補給の時間を取ります。
水分補給の時間は、タイムアウトではないので選手にアドバイスすることはできません。
スタッフはしっかり席について黙ってみんなを見守りました。
 
給水タイム中、スタッフは着席。みんな良い姿勢ですね。
  
 メンバーチェンジしてピンチサーバー登場。
 みんなの応援をもらってナイスサーブを打つ。

 2セット目の中盤、ピンチサーバーとしてメンバーチェンジ、このポジションで得点を重ねました。
メンバーチェンジで入ったプレーヤーがしっかりサーブを打つ・・・。ベンチの選手もみんな大きな声で応援しサーブを後押ししていました。

 この試合に勝利し県大会へ出場できることになりました。県大会までの期間は短いですが、さらにレベルアップして臨みたいです。
特に1年生・2年生は、3年生と一緒に練習できる時間を大切にして欲しいと思います。

 平日でお忙しいなか応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。
県大会に向けてさらに頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


 6月2日から4日まで

 関東高校バレー大会(埼玉大会)が行われました。
本校のバレー部は補助スタッフとして大会に関わることができました。開会式では、出場チームのプラカードを掲げる役を担当させていただきました。大きな大会に出場するチームを間近に見て、いろいろ感じたことがあったと思います。
   
        緊張しながらも良い経験ができました。

晴れのち曇り 大会直前の練習試合

5月27日(土) 飯能南高校にて練習試合を行いました。

 6月1日に全国高校総体西部支部予選を控え、この練習試合は大会直前の大事な機会となります。
3年生から1年生までの全員で、一番良いスターティングメンバーを組むとしたら・・・いろいろ考えながら行いました。
またメンバーチェンジも大会を意識したタイミングで行いました。

 練習試合をすると、日頃の練習とは違った部員の一面が見られます。それぞれのプレーヤーの持ち味を生かしながら、どういう戦い方をするのが良いかを練習試合の中で見極めたいところです。 
  
 セット前にプレーの確認 メンバーを変えながらポジションを試す。
  
 両チーム一緒にワンポイントレッスン。 夏用のチームウェア・・・みんな笑顔です。

5月28日(日)
 埼玉栄高校にて、蕨高校と三校合同の練習試合を行いました。

 昨日のスターティングメンバーで最初の1セットを戦いました。今まで練習している時間が一番長いので、このメンバーが安定感があるようです。
 埼玉栄高校と蕨高校とは、昨年・一昨年の県大会で対戦したり練習試合をしたことがあるチームです。しっかりプレーする相手に対し、自分たちのチームを試す良い機会となりました。セットを重ねるごとにメンバーやポジション、メンバーチェンジのタイミングなどを確認したので、直前に迫った公式大会での戦い方が見えてきました。

 午後からは、各学校がスターティングのチームに加え、もう1チームを作りコート2面でゲームをしました。
練習試合に来た全員がコートに立ち、プレーできて良かったと思います。

晴れ 練習試合 そして卒業アルバムの撮影

5月4日(木)
 小川高校を会場に、他県の高校を含む3校で練習試合を行いました。
ほとんどセットをとれませんでしたが、内容は徐々に良くなっているのを感じました。
3・2年生中心のチームに1年生も加わりました。1年生にはこういう機会を大切にして欲しいと思います。

5月9日(火)
 卒業アルバム用の写真撮影が行われ、バレー部もユニフォームを着て撮影してもらいました。
3年生だけのショット、さらに顧問が加わったショット、そして1・2年生も加わった全員でのショットと何枚も撮影しました。
「先輩、笑って下さい。」卒業アルバム用の撮影をしました。

 3年生を笑顔にしようと、みんなが笑わせるようなことを言ったり、変な顔をしたり・・・。とても賑やかで和やかな時間でした。
来週から中間考査となるため明日から練習は休みとなります。しっかり考査に臨み考査期間が終わったら良いスタートが切れるようにしたいと思います。

晴れのち曇り 練習試合をしました。

4月29日(土)・30日(日) 両日とも練習試合をしました。

 初日は県内の市民体育館のコート3面を使った練習試合に加えていただきました。
県内からは本校を含め3校、他は近隣の都県の学校5校です。関東大会レベルの学校が複数あり、私たちのチームがいままで対戦したことがないくらいのチームです。1セットずつ6校と対戦し1セットもとれませんでした。また得点が10点以下のセットが半分ありました。

 はるかに格上の相手との対戦なので、勝ち負けだけを考えていたら意味がありません。日頃練習してきたことを試すよう課題を持ちながら行いました。しっかり揃った高いブロックを逃げたり、簡単にサーブでポイントを取られたり・・・、それでも後半にはブロックを利用したスパイクが打てるなど貴重な経験ができました。
 緊張した場面になると気持ちが負けて実力を発揮できないプレーヤー・・・。こういう機会に気持ちを強く持つ経験をして欲しいと思いました。

  本校チームも加えていただき多くのチームと対戦しました。 みんな集まってプレーの確認をしました。 

 2日目は狭山経済高校に6校が集まり、そのうち2校は他県からの参加でした。対戦した5校のうち、初めての対戦は3校ありました。

 2日目の練習試合 この日も多くのチームと対戦しました。

 5校とそれぞれ2セット対戦します。体育館は2面のコートですから途中に昼食休憩をはさんで夕方まで行いました。
10セット対戦し、そのうち2セット取ることができました。
 前日の課題を確認してスタートしたのが良かったのか、1セット目の立ち上がりは良かったです。昨日の経験が生きていると思えるプレーがありました。

 後半には、ベンチスタートの3年生・2年生、さらには1年生までコートに立ちました。その様子を見ながら、これからのチームとしての戦い方をいろいろ考えることができました。また基本的なプレーができていない点などこれから行うべき練習についても考えることができました。
 2日間の練習試合はチームにとっても各プレーヤーにとっても有意義なものとなりました。

雨 春季大会西部支部予選

4月22日(土) 埼玉県春季高校バレー大会西部支部予選 初戦敗退でした。

 この大会は、関東高校バレー県予選と全国高校総体県予選の出場権がかかる大会です。本校は、新人戦の結果とシード順の抽選により第4シードとして大会に臨みました。
公式練習スタート。
1年生も練習のサポートに入りました。

 1回戦  川越南高校 
  第1セット 29-27
  第2セット  8-25
  第3セット 20-25  セットカウント 1-2で敗れました。

 川越南高校とは春休みに練習試合をしていたこともあり、相手の様子は分かっていました。
練習試合の内容のままでは、対戦しても1セットすらとれないと思いましたが、その後の練習でチームとして力が発揮できるようになっていたので、良い試合になると楽しみにしていました。
 入部した1年生も試合前の練習ではサポートとして動き回っていました。

 新監督の下、元気にアップをし試合に臨みました。
第1セットは、互角の立ち上がりであり中盤までシーソーゲームです。デュースになっても慌てずにプレーし相手のミスにも助けられてセットをとりました。練習試合と公式大会は違う雰囲気でした。

 続く第2セットは、最初から相手のペースで得点差がつき、大きくリードされました。タイムアウトで気持ちを切り替え次のセットにつながるプレーを心掛けたいところですが、そのままセットを落としました。
これだけの得点差でも、部員は動揺はしていなかったと思います。

 第3セット。また開始早々は相手にリードを許しましたが、徐々に追いつき中盤から取っては取られる緊迫した試合になりました。20-20から20-22。ここでタイムアウトを取り、最後の勝負です。
 しかしここからは相手優位のまま失点し、20-25でゲームを終えました。
エースがレフトからスパイク。
 その後、川越南高校は2回戦も突破しベスト8と県大会出場を決め、翌日の大会2日目へ駒を進めました。
大会を見ていて、一気に力をつけてきたチームがあったり、本校を含め実力差があまりないチームがいくつもあり、今後はさらに厳しい大会になるだろうと思いました。
 この予選に敗れたことで関東高校バレー県予選への出場は叶いませんが、学総兼全国高校総体県予選をかけた支部予選が6月1日に行われます。この大会で結果を出せるように一層頑張っていきたいと思います。

 当日応援に来て下さった保護者の皆様、ありがとうございました。

晴れ 新入生歓迎会での部活動紹介

4月12日(水)
 新入生歓迎会の中で部活動紹介を行いました。
バレー部は、日頃の練習内容より部員の仲が良い雰囲気を前面に出す内容だったと思います。
        
 部長がマイクを持ってバレー部の様子を話してから、ボールを使った紹介です。
対人レシーブをちょっとだけ披露し、あとはポールの先にボールをつけてレシーブ練習。
BGMにあわせて「バレー部来ない?」・・・ みんな笑顔で見てました。

 すでに見学当日から練習に参加した新入生も数人おり、これからの練習が楽しみです。