講話 ・ 式辞

儀式等で お話しした内容を掲載いたします。

生徒の皆さんへ(中間考査が始まります)

中間考査が始まります

 

 埼玉県内では17日(日)、新たに19人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。本校では、生徒の皆さん一人一人が感染防止に留意しながら生活してくれていること、教職員が感染防止対策を徹底しながら教育活動に取り組んでくれていることなどにより、学校関係者の感染は最小限の範囲で収まっています。1日当たりの感染者が県内で100人を下回るのは16日連続。県の担当者は、「リバウンドの兆候は見えず減少傾向が続いているものの、繁華街の人流は増えている。ここで気を緩めることなく、感染対策に引き続き取り組んでほしい」と呼びかけています。専門家の多くが必ず第6波がやってくると指摘しています。油断することなく、健康観察の確実な実施手指消毒マスクの正しい着用換気の励行など、これまで継続してきた感染防止対策を徹底することが何よりも重要です。引き続き緊張感をもって学校生活を送るよう、協力をお願いします。

 さて、先週末に開催が予定されていた川越まつり(370年以上の歴史を誇る伝統祭事)は、新型コロナウイルス感染症の影響で今年も中止とりました。現在は各町の高張り提灯(ちょうちん)が氷川神社に集結し、境内を明るく灯しています。川越市民としては、今年も山車を見ることができず寂しい限りです。祭りを愛する市民の精神的な喪失感とともに、ブランクが生じることで祭礼技術の伝承への影響が懸念されています。祭りの記録化や資料展示を通じて、歴史や伝統を感じようとする取り組みなど、新たな試みも始まっています。「市制施行百周年の来年こそ川越まつりが盛大に行えるように」と強く願っています。

 本校では、11月4日(木)に参加者を生徒及び教職員に限定して第25回川総祭(文化祭)を実施します。皆さんのご家族や本校に関心を持つ中学生、日頃から本校を応援してくださる同窓生・地域の皆様に広く学校の様子をお伝えすることができず、大変心苦しく思っています。しかしながら、こうした状況下にあっても在校生で唯一川総祭を経験している3年次生が中心となり、これまでの伝統を「継承」し、コロナ禍の中でも学校行事を「発展」させるべく、皆の力を結集して3週間後の川総祭を成功に導きましょう。

 最後に、2・3年次生は今日から、1年次生は明日から中間考査が始まります。考査以外の時間の使い方、学習の仕方が成否のポイントになります。この期間中にも、就職試験や総合型選抜入試などの進路活動に取り組む3年次生がいます。集中力、持続力が必要になりますが、これらを鍛える訓練の場にもしなければなりません。この4日間は日常とは違う「非日常」の生活を送ることになります。この経験が自身の成長をもたらすことにつながります。

 先週から寒暖差の大きい日が続いています。くれぐれも健康にご留意のうえ、これまでの学びの成果を遺憾なく発揮してください。皆さんの健闘を期待しています。