野球部日誌

いよいよ

こんにちは。

 

5月6月は中身の濃い2カ月でした。

 

まず、母の日。

川総恒例の選手が母親に花をプレゼント。

 

中田部長は、農業教員で花の授業を担当しています。

前任校でも毎年行っていたそうです。

選手が、花を持って帰る姿は心が温まります。

 

ちなみに、この日はお母さんのお弁当もOFF。

調理師(本当です)中田部長お手製のカレーでした。



 6月8・9日には、毎年恒例の長野遠征に行ってきました。

初日は、毎年お世話になっている野沢南高校と対戦し、

2日目は、佐久長聖高校Bと都市大塩尻高校Bと対戦しました。

 

毎年長野遠征は、選手たちが逞しくなって帰ってくる貴重な経験です。

 

6月19日には、選手権の抽選会がありました。

 

7月12日(金)12時30分 
初雁球場第2試合

越生高校との対戦が決まりました。

 

この代は、秋春と初戦で敗れています。

なんとか、チーム一丸で一勝をもぎ取りたいと思います。

 

6月23日(日)には激励会が行われました。

毎年ですが、多くの人に支えられ、応援してくれていることを

感じます。スタッフ、OB、保護者、3年生、1・2年生の話

が素晴らしくて、私が話すことがありませんでした。

 

毎年、激励会で凄いと思うのは、マネージャーです。

今年も本当にありがとう。





 

川総スマイルと毎日握っていたおにぎり。

そして一人ひとりの顔にそっくりのお守り。

 

この2カ月、3年生がとてつもなく成長しました。

残りわずか。3年生も川総野球部もまだまだ成長します!!

 

夏、楽しみです。

続けることの難しさ

こんにちは。

久しぶりの更新です。

 

続けることの難しさを日々感じています。

 

さて、今年度は、1年生選手が6名、マネージャー2名の

計8名が入部してくれました。

1カ月たち、少しずつ逞しくなっています。

 

春季大会ですが、古巣所沢商業に0-10(6回コールド)

で初戦敗退しました。相手が格上になると、焦りが生まれ、

重圧がかかりミスが出てしまいます。野球は、失敗が多い

スポーツなので仕方がないことかと思います。

 

大事なのは、その後どうするか?どんな気持ちでいるのか?

だと思います。

 

強い相手にどう立ち向かうか?これが堪らないです!!

 

夏はやります!!ジャイキリ!!!

 

来週から中間テストです。選手は勉強。勉強。

野球部三送会

こんにちは。

春が一歩ずつ近づいています。


2月17日(日)は、

野球部の三送会を行いました。

 

午前中は三年生、OB、保護者で

ソフトボール大会を行いました。

 

ソフトボール後に、親子キャッチボールをやります。

見ているだけで、感動してしまいます。

 

お昼は、保護者の方が用意してくれた食事を

いただきながら、会が進みます。

1・2年生による余興は、発見や笑いありで、

成長を感じる時間です。

 

メインは、3年生から保護者への手紙です。

今年の3年生は、泣きまくりです。

そして、私も・・・

 

親子ってすごいなぁ。いいなぁ。って

思える瞬間です。

 

今年の3年生は、引退後も、文化祭や体育祭、

学校生活でも本当に活躍してくれました。

 

また、保護者からは平成30年度卒業記念品
として冷蔵庫をいただきました。
大切に使わせていただきます!!

3年生、ありがとう。


そして、ここから。

おまけ
2年マネジャーが授業で作成した作品です。

すっかり野球バカです♪(モデルは3年生バッテリー)

 

 

高校野球

こんにちは。

 

最近、高校野球に限らず、スポーツ指導者の在り方やスポーツに対する向き合い方を考えることが増えました。

 

時代の流れや環境も変わり、指導者として、教員としても伝えたいことがあります。野球人として教えたいこともあります。しかし、その中で時流にのる、一歩先をゆくことが必要な気がします。

 

私自身も、歳を重ね、たくさんの人に出会い、文化に触れ、新しいことに挑戦したりと経験も増えてきました。

 

その中で、高校野球=坊主はどうなのかなぁと考えるようになりました。本校野球部は、坊主が決まりではないのですが、ここ数年全員坊主でした。

 

「坊主はやめよう」と思い、

中田部長に相談したところ、

「せっかくだから、選手や保護者がどう思っているか聞きましょう」

と言われ、選手・マネジャー・保護者に

「野球部の坊主について」でレポートを書いてもらいました。

 

涙がでました。胸が熱くなりました。

「高校野球坊主」で生徒たちが、真剣に考えて、自分の想いや意見を書けるとは思いませんでした。保護者からも貴重な意見をいただけました。

 

(生徒のレポート一部抜粋)

・坊主が嫌で野球をやめてしまう子を一人でも減らしたい。

・バリカンしている姿とバリカンの音が好き

・坊主だと知らない人や周りの人が声を掛けてくれる。

・坊主が楽

・野球人口が増えるのであれば、高校野球=坊主でなくて良いと思う。

・町を歩いていても坊主を見ると親近感がわく。

 

生徒の小中学の仲間でも、高校野球は坊主だから嫌だということがあったそうです。ただ、今高校野球に携わっている多くの者は、坊主のほうがいいということもわかりました。

 

正直、私は生徒たちが髪を伸ばしたいのかと思っていました。今回、1つのテーマを生徒、保護者、指導者で考え、意見を出し合い、共有できたことは良かったと思います。

 

ミーティングでは、今回のことについて感謝を伝えました。そして、高校生では難しいかもしれませんが、当たり前のことを疑うことも必要ということを伝えました。

 

今回、曖昧だったことが再確認できました。

本校野球部は、校則の範囲内での髪型

で活動を続けていきます。

 

やっぱり高校野球っていいなぁ~。

ありがとう

21日は、練習の締日でした。
今年も、中田部長の手料理をごちそうになりました。

昨年は、鶏肉と玉子のコーラ煮。

今年は、牛スジ煮込みのすき焼き風。

バツグンでした。よーくしみ込んでいました。

しかし、この男は何でもします。
料理はするし(実際調理師の免許も持っています。)
花はやるし、仕事も野球も家族も遊びも全力です。
強面なのに(ごめんなさい。)優しいし、気が利く。
このギャップ感たまらないです。
このギャップ感は教えられるものではないんですよねぇ。

そして、12月22日は私の誕生日ということで
今年も選手がお祝いしてくれました。




毎年、毎年本当にありがたいです。

私の大好きなアーティスト「ケツメイシ」の唄で
「子供たちの未来へ」というのがあります。


子供たちの未来へ・・・

20kmマラソン

こんにちは。

今学期、2018も終わりです。

 

川総野球部は、冬休みは全てアルバイト

になります。地元のもちや、喜多院の団子屋、

喜多院の駐車場と年末年始は大忙しです。


約2週間、指導者としては野球をやらないことに

当初は不安がありましたが、色々なことを経験

することで、選手たちが逞しくなって戻ってきます。

また、アルバイト代でグラブやバットを購入している

みたいです。

 

ということで、今年もやりました!!!

2018を締めくくるラン。

2017は顧問も一緒に100m×100本。

2018は元富士見有料道路20kmを走りました。

もちろん、顧問3名も走りました。

 

この20kmランは、私が高校生の時にやっていました。

しかも、元旦。

さすがに、今の時代元旦にやるわけにはいかないので、

この時期にやりたいと考えていて、実施することができました。

 

ただ、これを実施するにもやらなければいけないことが

たくさんありました。

・管理職に実施計画を伝える

・顧問3名の参加

・生徒の体温、血圧、体調確認

・2人1組で走ること

・小銭、携帯電話の所持

・エリアを決めてマネジャー、ケガ人が自転車で巡回

・コースのAED設置場所

・考査明けから当日に向けてのトレーニング内容

・ラン後の生徒の状態確認とストレッチ

・おにぎりと味噌汁(顧問もいただきました)



昨今、部活動中や運動中の事故が増えています。

かなり気を遣います。生徒たちにも、今回実施

するにあたって、これだけのことを考えて行って

いることを伝えました。そして、社会に出ると
自己責任や責任問題ということが重要になって

くることも伝えました。


今の子は大変だなぁと思うときがあります。

昔は、「走っとけ!!」でした。隙を見て、

水飲んだり、本数をごまかしたりしていました。

(だからいい選手になれませんでした。)

今は、たくさんの大人の目があって、情報も

溢れ、失敗やズル(知恵?)が許されない時代です。

 

生徒にも言いました。

こんな時代だからこそ、たくさん失敗しよう。

 

そこから学び、どうするか?

3年生

3年生の選手8名マネジャー1名

の進路も無事決定しました。

 

大学進学3名 専門学校4名 就職2名

 

本校は、将来の夢に向かって様々な進路選択ができます。

 

3年生は、野球もがんばりましたが、進路活動も

妥協することなく挑戦してくれました。

 

就職者は2名とも一部上場企業へ。

専門学校は2名が将来実家の農家を継ぐために、

2名が自分のやりたいこと。

大学は、1名は野球を続け、1名は小学校教員を目指し、

1名は中学校教員&野球の指導者を目指し、それぞれ

夢や目標がしっかりしています。楽しみです。

 

そんな、川総の一員になりたい中学生。

 

12月16日(日) 
第7回学校説明会(個別説明)

 1月19日(土) 
第8回学校説明会(個別説明)

 

があります。お待ちしております。

こころ

こんにちは。

なかなか更新できず、すみませんでした。

 

監督に心の余裕がなかったのかなぁ。と

反省しています。

 

何かを続けるというのは本当に難しいです。

 

このチームは0からのスタートで、イメージ

通りにいかないことが多かったです。

ただ、選手たちは毎日を必死に、ていねいに

取り組んでいました。

 

「がまん。がまん。」

 

と自分の中に唱えて、彼らの変化を待ち続けました。

 

10月位から、変化が見え始めました。

気づきが増え、プレイにも余裕が出てきました。

川総の子どもたちの凄いところだなぁと感心します。

 

子どもたちの可能性は本当に無限です。

それを止めるのも、生かすのも大人だということを感じます。

 

今、野球ができるのも子どもたちがいるからです。

新チーム

新チームもスタートしております。

 

2年生5人1年生9人マネジャー2人の

16名です。

 

3年生が主力だったため、0からのスタートです。

選手にも言っていますが、本当に力はない。

 

私にとっても、指導者として成長する、試される

大事な1年になります。楽しみです。

 

今年も選手、監督でスローガンを決めました。

選手は、「川総スマイル」

私は、積土成山 ~目指せ!街の電器屋さんです。

今年のスローガンで悩んでいたところ、

本校の先生が

「毎年観ているけど、うちの選手は勝っても負けても

相手より泥だらけだね。“土”のイメージがあるから

こんな言葉はどう?」と教えてくれました。

 

わずかな土も、積み重ねれば、いずれ山となる。

 

街の電器屋さんは、次回私の想いを書きます。

 

新チームもご声援よろしくお願いします。

 

8月19日は、
学校説明会と部活動体験

なっています。ぜひ、川総を感じてください

選手権

こんにちは。夏休みになりました。

 

100回大会も無事終了しました。

本校は、7月14日に2回戦埼玉平成高校

と対戦をしました。

試合開始が16時30分になり終了は19時

とこの大会で唯一のナイターとなりました。

 

惜しくも6対8で敗れましたが、選手たちは

西部地区強豪私学に最後まで粘れたと思います。

ヒットは6本だったものの少ないチャンスを

活かし、失策も0。試合は負けましたが、

川総らしい戦いができました。

 

監督のゲームをよむ力、一言が足りませんでした。

 

川総にきて、3回目の夏でした。

川総の選手の凄いところは、「夏に力を出せる」と

いうことです。どの代も、夏になると失策しません。

昨年は3試合で1、今年は2試合で0でした。

今年は、3年生の8名がスタメン出場し、初戦で

3年生全員ヒット。

 

やはり、夏は「チームの力」、「がんばった者は

力を出せる」を証明してくれています。

 

3年生ありがとう。ごめんなさい。

応援してくれた多くの方々に感謝します。